core i3 2100とASUS P8H67-M LEでメインマシン更新
約2年間、AthlonIIx2 240とASUSのマザーボーで組んだPCをメインマシンとして活用してきたけれども、これまで組んだどのマシンよりも安定していてたいへん居心地が良かった。我が生涯で一番安定したマシンであったと言えるかもしれない。しかも、未だに通常のオペレーションではとりたてて不満がない。だからむしろ変えない方がよかったのかもしれないけれど、ニコニコ動画に実演動画などをアップロードしていきたいなと思ったりして、そうなるとエンコード時間を短縮したくなるし、世間では普及価格帯のCPUも非常に高性能で低消費電力になってきいるので、それらを使わないのはもったいないような気がするわけである。

というわけで、core i3 2100とマザーボードASUS P8H67-M LE rev 3.0、メモリ4GBを購入。
core i3 2100とASUS P8H67-M LE

今回の費用は以下の通りである。
--------------------------------
core i3 2100   ¥9,259
ASUS P8H67-M LE ¥7,329
メモリ2GB×2本  ¥3,600
--------------------------------
計       ¥20,188

動画編集と言っても、動画を切り貼りして、テロップ付けるくらいであり、3D映像を作るというわけではないので、i3でたぶん充分である。TDPも低めだし。マザーボードはP8H67でも、機能を削って値段を抑えたLEというものだけれども、スペック表をみた感じでは上位の機能は要らないような気がしたので。

OSは引き続きWindowsXPである。ハードの性能を引き出すには64bit版のWindows7にするべきであるけど、業務上使用している古いアプリも新しくしないといけなくなったら経済的に困るので、当分のあいだXPでいこうかなと。Win8が出る直前にでも、Windows7 64bit Professionalを1本買っておこうかとは思うが、サポート期間終了予定の2014年までWindowsXPを使い続けるつもりだったりする。Win7 Professionalのサポート期間は2020年までなんだそうですな。まぁ、そんな先の事はさっぱりわからんが。ちなみに、宮城県の電子入札はWindows7とIE8に未対応だそうである。

とりあえず、ケースの外で仮組して、起動するかどうか試してみた。
core i3 2100とASUS P8H67-M LE

で、いざ、OSのセットアップをしようとしたところで気が付いたのだが、マザーボードにIDEの端子がないのである。S-ATA端子はどっさり付いているのだが。。。IDEのDVDドライブ使ってたので、変換コネクタ等がないと接続できない、どうしよう。しかしここまで来て途中で止めるわけでにもいかないので、USB接続のDVDドライブでインストールすることにした。
core i3 2100とASUS P8H67-M LE

無事Windows XPも起動し、マザーボードに付属のCDでドライバ類をインストールしてたんだけど、Intel Graphics Acceleratorを入れると、何故か解像度が640×480 16色のVGA画面になってしまい、それ以外の解像度にならないと現象が発生。非常に参った。さんざんいろいろ試してウンザリしてきたところで、ふと、同時にインストールされたHDMIオーディオを無効にしてみたらあっさり直った。しかもその後同デバイスを有効にしても、特に問題はなかった。さっぱりわからんけど、うまくいったからいいか。

Superπの104万桁計算は、AthlonIIx2 240では29秒だったが、i3 2100は12秒で終わった。マルチコアとは関係のない作業でも、半分以下の時間で終了することになる。コア数は変化ないが、i3は4スレッドということで、マルチコア対応の作業に関してはさらに能力を発揮してくれるであろうかと。まだ試してないけど、30分かかるエンコードが10分程度で終わるのではないかと予想している。

| 家電・パソコン | 09:48 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: