テレビを買った TOSHIBA REGZA 26B3(K)
メインPCの横に、23インチの液晶モニタを置き、それにDVDプレイヤーを繋げて、何かの作業中に横目でDVDを観ちゃったりなどしていたのだけれども、もっと大きい画面で観たいような気がしてきたので、ちょっとだけデカイ26インチのテレビを買ってみた。

東芝のREGZA 26B3(K)
26b3

Amazonで30,500だった。

本体重量が6kgということで、他の国内メーカー製のテレビではかなり軽い方だった、というのが主な選定理由である。当初は、シャープあたりがスペック的にも価格的も良かったし、大半のモデルにd-sub端子が付いているのが、いかにもシャープっぽくていいなと思っていたのだけれど、26インチの割りには、本体重量が8~10kgぐらいあって、それはちょっと重いなぁということで却下してしまった。重さを気にしなければAQUOS LC-26E8-B一択であったが。。。

とにかく持ち物の重さを極力減らしていきたいと普段から熱望しているというか、本が重くて、家が潰れそうなので、他のものは軽くしていきたい。ちなみに、大地震前に使っていた、24インチのワイド液晶モニタが7.4kgだったので、それより2インチ大きくなったにもかかわらず、重量が軽くなった点は満足である。

梱包された状態もコンパクトでよろしいですな。
26b3

個人的によく観る昔のアニメとか、オペラのDVDなんかは、4:3の映像が多く、液晶モニタのアス比変更ではフルスクリーンか、アスペクト比固定しか選べなくて、4:3のソースの映像を観るのにちょっと具合がよくなかったが、テレビだと画面サイズのモードがいろいろあって、4:3を丁度いい具合にワイドに引き延ばしてくれるので、その辺がとってもありがたい。

| 家電・パソコン | 12:31 AM | comments (0) | trackback (0) |
亜麻の花がすごいことになってる
先日、亜麻の花が咲いたという話を書いたけれども、それから10日ほど経って、現在ものすごい花が咲き乱れている。
亜麻の花

夕方になると、その日咲いた分は散って落ちてしまうのである。
亜麻の花
しかし、まだまだたくさんつぼみが付いており、朝になるとまたドバっと咲いているのである。
この調子だとけっこう長い期間、花が続きそうであり、鑑賞用としてもなかなかのものかもしれない。

日本茜
昨年植えた茜も、2年目になったら、こんな具合でモジャモジャと生い茂っている。
来年あたり掘ったら、染料として良い材料が得られそうな予感。

| 家庭園芸 | 02:31 PM | comments (3) | trackback (0) |
七ツ森遊歩道
山が非常に綺麗に見えたので、七ツ森遊歩道を歩いてくる。

七ツ森遊歩道

七ツ森遊歩道

七ツ森遊歩道

七ツ森遊歩道

七ツ森遊歩道

ナラの枝先に付く、ナラメリンゴフシを発見できないかと思って歩いてるのだけれど、ナラの木は非常に背が高いので、なかなか発見しづらい。地面に生るような色材関連の植物は、普通に歩いていても、わりと発見しやすいが、高いところというのは、ほぼ見逃してしまう。車が通るぐらいの林道で、枝が垂れ下がってきている場所がポイントではないかと思う。ナラはようやく新しい葉がつき始めたところなので、予想としては来月あたりが発見の山場ではないと予想している。フシはまだ緑か赤いうちが最もタンニンを含むようで、そのときにとった方がいいのかと思う。

| 登山・アウトドア | 11:57 AM | comments (0) | trackback (0) |
亜麻とウォードの花が咲いた
昨年、植えた多年生の亜麻に花が付いておりました。
亜麻の花

亜麻の花

産業用の亜麻は一年生の亜麻を使うようであるけども、観賞用として売られているのはだいたい多年生の亜麻で、一回植えると毎年花を見られるようである。宿根亜麻との表記も見かけるが、うちの庭で見ていた限りでは、厚い雪の中でも枯れもせずに残っていた。去年植えたときよりはずっと生き生きしている。

亜麻と言えば、キャンバスの材料であり、油絵具のリンシードオイルの原料でもあるので、これを見てモチベーションを高めるというのもよろしいかと。

ウォードも黄色い花がついている。
ウォードの花

ぱっと見た感じでは、その辺に生えている菜の花形の雑草に見えなくもないが、葉や茎も含めた姿形などの特徴は、ウォードに関する記述と一致しているので、たぶんこれがウォードなのであろう。

ウォードの茎、葉

ヨーロッパ在来の藍染料であるところのウォード、古代ブリテン人が戦闘時に皮膚を染めたとユリウス・カエサルのガリア戦記にも書かれており、後にインド藍に圧されて衰退したけれども、ウィリアム・モリスもウォードの藍を再現したという話があったりするウォードであるけども、自宅の庭でウォードの花が咲いたというのは、個人的に記念すべきことであります。

なお、ちょっと葉を取って擦ってみたけれども、青い染料が取れそうな感じではなかった。取れたとしてもタデアイよりは薄いことが予想されるが、はたしてタデアイのように生葉染めなどができるのかどうか等々いろいろ試してみたいところである。と言っても、少ないサンプルしかないのだが、一応、この春にも種捲きしたので、そられがどう育つかにもよるけど、ひとまずは秋植えすると、こんな感じに春にはぐいぐい伸びて花がついているくらいにはなるということは分かった。

| 家庭園芸 | 03:28 PM | comments (0) | trackback (0) |
鎌倉山(七ツ森)に登る
連休後半は大雨だったけれども、晴れたときを見計らって一応登ってみました。

七ツ森 鎌倉山

七ツ森 鎌倉山

七ツ森 鎌倉山

七ツ森 鎌倉山

七ツ森 鎌倉山

七ツ森 鎌倉山

| 登山・アウトドア | 02:14 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: