【染料】スオウとコチニールで赤いシェラックニスを作る【木工】
前回、スオウとコチニールをアルコールで抽出したところまでを書いたけれども・・・、

■スオウ及びコチニールをアルコール抽出してみる
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=1107

2日ほど過ぎて、スオウの瓶の方も液が随分赤く、というかドス黒くなってきたので、両者ともフィルターを通して残留物を取り除いた。
シェラック、スオウ、コチニールのアルコールニス

スオウとコチニールは色素としての役割しかないであろうから、ニスの本体として、シェラックフレークを溶かすことに。
シェラック、スオウ、コチニールのアルコールニス
重量比で、シェラック20g+コーパル10gに対し、スオウで色づけしたエタノール40g、コチニールで色づけしたエタノール50gを投入。

よく振って、シェラックとコーパルを溶かす。
シェラック、スオウ、コチニールのアルコールニス
シェラックの方は数時間ほどで、コーパルも1日経過すると、だいたい溶解している。今回は試験的に消毒用エタノールを使用しているけど、無水アルコールなら、もっと綺麗に溶けてくれるであろう。コーパルはゴミが付いているので、本当はフィルターを通したいところだけれども、今回は省略。振ったときの泡がとっても赤い。

では、さっそく何か木工品に塗布してみるとして、理想としては木目の綺麗なちょっと高級な板に塗るべきなのだけれども、実習利用時の予算的都合を考慮して、安くて、サイズの小さなものを選択。
↓これ「木彫印かん小箱ミニ(しな材)」
http://item.rakuten.co.jp/bicosya/30024/
シェラック、スオウ、コチニールのアルコールニス
彫刻刀等で木彫してから彩色したりニスを塗ったりして仕上げる教材で、定価¥380(実売はもっと安い)。

たんぽで塗るか、刷毛で塗るか、微妙なところである。とりあえず、刷毛で塗ってみよう。
シェラック、スオウ、コチニールのアルコールニス
刷毛塗りの場合、ニスが飛び散ると被害が甚大なのでご注意ください。大きなダンボール箱の中などで塗るといいかと。

一回目の塗りでこんな色に。
シェラック、スオウ、コチニールのアルコールニス
このニスは紙に塗ると、コチニール的なピンク色になるのだけれど、木に塗るとオレンジ色になるんですな。木材の色が影響しているということか。スオウが入っていなければ、もっと赤かったかもしれない。または、シェラックの色も影響しているかもしれない。なお、横山進一著『ストラディヴァリウス』には「・・・赤い色にちなんだ銘を持つストラディバリウスが数本ある。だが、つくられてから二五〇年、三〇〇年経った現在それらを見ても、赤に見えることはない」という件があり、麒麟血の経年変化ではないかと予想されている。スオウは著しく耐光性が悪いので、スオウで塗ったら尚更早くニスの色の変化が体感できるかもしれない。

本来は、しっかり時間をおいてから次の層を塗った方がよかれと思うけれども、実習で採用する場合は、時間的な都合で難しいであろうから、適当な頃合いを計りつつ、2時間弱の内に3層塗ってみた。アルコールの揮発にはそれほど時間はかからないので、塗ろうと思えば、もっと塗れなくもない。とくに最初の内は木材に吸い込まれる分もあってか、わりと早いペースで次を塗布できるかも。
というわけで、3層塗って以下のような状態に。
シェラック、スオウ、コチニールのアルコールニス
ちょっと光沢がでてきている。時間に余裕がない場合は、これで終わりでもいいかもしれない。

その後、乾燥期間など全く考慮せずに、アルコール分が揮発したかと思われるタイミングに合わせてどんどんニスを重ね、十数回塗ってみた。
シェラック、スオウ、コチニールのアルコールニス
色に深みが出てきたような気がしないでもない。木目が綺麗な素材だったら、けっこう見栄えがしたかも。

| 絵画材料 | 10:54 PM | comments (0) | trackback (0) |
スオウ及びコチニールをアルコール抽出してみる
前回はヴァイオリン制作に関する本をたくさん読んだという話をエントリーしたけれども、その知識を生かして、木工仕上げ用の赤いニスを作りたいと思う。知識と言っても、かなり漠然とした知識であって、しかも実行にあたっては、改めて下調べなどほとんどせずにやってみようという感じであり、陶工パリシー的に、最初はあまり調べずに行き当たりばったりで、いろいろ試して経験を得てゆくという方法でいきたいと思うので、以下、いろいろ不確かなことが書かれている可能性がある点をご了承願います。

で、天然染料による衣類などの、いわゆる草木染めという行為は、何年か前に熱中して、ブログにも度々記載したけれども、その際は、アカネ、コチニール、スオウなどの原料をお湯で煮だして、染液を作っていた。今回は木工用ということで、アルコール抽出をやってみようかと。なお、ヴァイオリン用ニスの染料と言えば、真っ先に挙げられるのはドラゴンズブラッド(麒麟血)であるけれども、これに関しては、中途半端ながらも以前シェラックニスに混ぜて塗布した話を書き込んでいるので、今回は不採用。

書籍やWebの情報を参照する限りでは、アカネはアルコールでは抽出し難くいが、スオウとコチニールはいけるという話である。スオウは大好きな染料であり、これで染めた布は、何とも言えない暖かい輝きがあって、個人的にはどの染料で染めた赤よりも好きである。ただし、耐光性が非常に悪く、短い期間で色が褪せて茶色っぽくなってしまうのが難点である。木工ニスの場合は、当初の赤が黒っぽく変色した的な色合いも悪くないだろうと思われる。数十年かかる色あせを数週間ぐらいで体現できるかもしれない的な期待もある。コチニールは現代でも説明不要の天然染料かと思う。最終的にはシェラックまたはコーパルをアルコールで溶かしてニスの母体にしたいと思うのだけれど、まずは、それぞれの原料をエタノールに入れるだけというシンプルな方法で、抽出の様子も観察したいから、スオウ、コチニールを別々の容器にてエタノールに入れてその様子を眺めてみることにした。

というわけで、こちらがスオウ。
スオウのアルコール抽出

これをアルコール(消毒用エタノール)に入れて、振るなどしてみる。
スオウのアルコール抽出
どれくらいの割合で抽出するのか、全く予備知識無しの状態で始めたが、ちょっと多目に、重量比にて、エタノール200g(大凡250ml)にスオウを50gほど投入した。

こんな感じである。
スオウのアルコール抽出

1日経ったら、むしろ黒と言えるくらいに色が出ていた。
スオウのアルコール抽出
はっきり言って、スオウを入れすぎたかもしれないが、ニスとして薄く塗布すれば丁度よい濃さになるかもしれない。

次にコチニールである。
コチニールのアルコール抽出

乳鉢で磨り潰して、
コチニールのアルコール抽出

エタノール200gに20gほど投入してみた。
コチニールのアルコール抽出
なお、コチニールの凄いところは、少量の原料で、たくさんのものを染めることができる点であると、『完璧な赤』にも書かれていたし、普段布を染める際も、大きな容器の水に少量のコチニールを使って染液を作っているのだが、やはり200g(大凡250ml)に対して20gは多すぎたかも。

いずれにしても、塗ってみるまで結果はわからないので、シェラック母体で何か木工品にでも塗布してみたい。

| 絵画材料 | 04:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
ヴァイオリン制作に関する本を読む
絵画で使用する天然樹脂を、楽器制作用のお店で購入したりする人も居るのではないかと思われますが、私も何かしら買ってみたことがあったりしていながらも、しかし、ヴァイオリン製作のニスの用法自体については、それほど意識して知ろうとしていなかったので、ほとんど無知識状態であって、それもどうかと思うので、改めて億劫がらずに手に入る書物などに一通り目を通しておこうかなとふと思い立って、何冊か読んでみました。なお、絵画に活用できるかという視点、特にニスの材料に関する興味が先走りつつ読んでしまっているので、本に対するコメントはかなり斜めからの感想と言えるでしょう。失礼があるかと思うのでその点は予めお詫び申し上げます。

まずは、ヘロン・アレン著、尾久れも奈訳『バイオリン製作 今と昔』
http://shop.fstrings.com/etc.asp?id=951VM011
原書 Violin making as it was,and is は三部構成で、翻訳は第2部の部分だそうであるけども、ニスの部分は含まれているとのこと。

洋書ではJuliet Barker(著) Violin Making: A Practical Guideという本が、写真が多くてよさげだったので購入してみたけれど、ニスに関しては、塗り方を中心に解説されており、素材や処方に関して深くは書いてなかった。期待した物とは違ったけれども、実技書としては、ニスについて琥珀がどうこう言い出すような書物よりずっといいし、むしろ信用できると言えるのではないかと思う。実際、ストラディヴァリ等は当時の標準的なニスを買ってきて塗っていたという話の方がされることが多くなってきたように思うし。洋書はあまりにもたくさんありすぎて、資金的に全チェックは難しい。

川上昭一郎(著)『新技法シリーズ ヴァイオリンをつくる』美術出版社(1989/02)は、上記と同じく素材や処方よりは塗り方について説明が中心であるけれども、塗り方についてたいへん参考になるのでニスの部分は絵画関係者にも価値あるかもしれません。また、膠の部分も参考になるかと。

ところで、そもそもヴァイオリンという楽器自体に詳しくないので、まず手掛かりとして「ストラディヴァリ」という文字が含まれる本は手当たり次第に注文してみました。

横山進一(著)『ストラディヴァリウス』アスキー新書は、新書だけあってさらりと読めて、ストラディヴァリについて知ることができます。ストラディバリに関しては、これを最初に読んだのですが、これが最初でよかったです。トビー・フェイバー(著)『ストラディヴァリウス 5挺のヴァイオリンと1挺のチェロと天才の物語』白揚社 (2008/10)は、言い回しに少々仰々しいところがあって、ちょっと読み疲れそうな面がなきにしもあらずだけれども、様々なストラディヴァリウスについて知ることができてよろしいかも。無量塔蔵六(著)『ヴァイオリン』(1975年、岩波新書)という、やや古めの本も読んでみましたが、これはとてもいい本かと。ヴァイオリンに限らず、弦楽器全般について、あるいはヨーロッパの歴史全般についても勉強になります。

映像では『レッドヴァイオリン』という映画も観てみた。伊制映画の『ストラディヴァリ』という映画もあるらしいが、レンタルに無かったし、国内向けDVDが販売されている様子もなかった。

ヴァイオリン独奏が含まれる曲をこれまで幾度も聴いてきたけれども、演奏家が使っている楽器が何かということをこれまで意識してなかったから、今後はそういうのもちょっと意識して聴けるかもしれない。あと、ウィーンの古楽器コレクションを初め、これまで何度と無く訪れた各国の博物館で、名楽器が展示されてはずなんだけれども、知らないものは通り過ぎてしまうということで、ほとんど素通りしてしまっていたのが、残念であるが、また機会があったときは楽しみである。




| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::美術 | 11:21 AM | comments (0) | trackback (0) |
【美術教材】フレスコ石灰粉(新日本造形)を試用【フレスコ画】
近頃、中高美術用のカタログにもフレスコ画キットが掲載されているのだけれども、以前、美術出版系のフレスコ画キットを使用した際の感想等を下記に書いております。
■たぶん、最も安いと思われるフレスコ画セット
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=819

今回試してみるのは、新日本造形の「フレスコ石灰粉」165g(1人用)定価¥315
フレスコ石灰粉(新日本造形)
学校用教材ですが、下記で小売りされているので、個人でも1個から購入可。
フレスコ石灰粉(165g) - 造ハウ.com
http://www.zowhow.com/shop/g/g2536-598/

先の美術出版社系の製品も165gの漆喰粉のセットであり、ほとんど同じようなものかと思う。ただし、カラーの説明パンフレットは付いていない模様。新日本造形の教材カタログに使用法などが記載されており、それによると、石灰粉165gに対し60gの水で溶いて漆喰とし、塗りつけ後直ぐに描画を開始できるという。45分以内で描上げることを勧めている。カタログ併載の描画用パネルは「スタイロフォーム」という建材用の発泡スチロールの一種で、150×200×20mm(ハガキ倍判)のものが1枚105円。石灰粉1袋(165g)でこのハガキ倍判ほどの大きさに下地がつくれる。

スタイロフォームはホームセンターでは1820mm×910mmが千円未満で買えるので、もし教材として採用し、受講人数が多い場合は、これをカッターで切って使った方が経済的かもしれないけれども、1枚105円だから切る手間や時間がない場合は、良心的な値段だと思うので、石灰粉と一緒に注文した方がいいかも。

私は、たまたま手元に余っていたスタイロフォームを使ってみることに。
フレスコ石灰粉(新日本造形)

なお、前回紹介した美術出版社の教材でもパネルはスタイロだったけど、表面に凹凸があり、それでいて水分を吸収しにくいので、手軽にフレスコ画を体験するには適した支持面のようである。ベニヤなどの板だと、よく塗らすなどしておかないと、漆喰の水を粋すぎて割れることもあるので、失敗の確率がちょっとだけ高くなる。スタイロフォームにフレスコ用石灰粉で漆喰塗りして失敗するということはまずないから、ぶっつけ本番の授業でもたぶん成功する。ベニヤとかじゃなくて、スタイロフォームを選んだ人はなかなか考えたものである。ただし、支持面が水を吸い込まないというのも、ちょっとやりづらいところがないわけでもない。フレスコ画の醍醐味である「黄金の時間帯」というのは、スタイロフォームでははっきりと訪れないかもしれない。もっとも、これはスタイロフォームが原因というわけではなくて、漆喰を一層しか塗らないでやるせいかもしれない。

漆喰を塗るまでに必要なのは下記の道具類かと思う。
フレスコ石灰粉(新日本造形)

石灰粉と水を混ぜる容器は400ml紙コップを使用。
フレスコ石灰粉(新日本造形)
後始末は捨てるだけなので、楽であろう。

割り箸で混ぜる。
フレスコ石灰粉(新日本造形)

左官ゴテで塗る。
フレスコ石灰粉(新日本造形)
左官ゴテは、ダイソーで買った105円の品

ハガキ倍判より僅かに小さいサイズのパネルだけれども、2枚弱塗ることができた。
フレスコ石灰粉(新日本造形)
もちろん、塗る厚さによっても面積が変わってくるだろうけど。

直ぐに描けるということだったので、さっそく水で溶いた顔料を塗ってみる。
フレスコ石灰粉(新日本造形)
45分以内の描画推奨とあったが、水分が引かないので絵具が吸い込まれず、ちょっと塗りにくい。

一定の時間をおきながら、絵具の塗布を試してみた。
フレスコ石灰粉(新日本造形)
支持面がスタイロである点と、一層塗りということが原因であろうか、時間がたっても絵具があまり吸い込まれず、結局そのまま時間が経って気が付くと描画に不適な時間になっているような気もする。

新日本造形のカタログには石灰粉の他に、「フレスコセット」というのがあって、練り物状になっている石灰泥、何色かの顔料が含まれた内容となっている。石灰泥は1.5kgだけれども、これは水分を含んだ重量なので、1用フレスコ石灰粉165g+水60gと比べると6.7人分とも言える。
小売りは下記
http://www.zowhow.com/shop/g/g2536-591/
描画用の顔料は、既に大量に所持していたり、別途調達した方が安いということもあろうかと思う。同じく新日本造形の石灰泥だけ10kg¥8,400という商品がある。市販の漆喰材うま~くヌレール 5kg缶入り(仕上げ用)が¥4,830なので、それと比較しても経済的な価格だと思う。フレスコ画の歴史的な経緯を考えると、石灰泥の方が相応しいとも言えるけれども、あまり予備知識のない受講生にとっては、何かしらないけれども練り物が与えられて漆喰を作ったという感じになりかねないので、消石灰プラスαな粉を自分で水と混ぜて漆喰を作るという体験をした方がいいかもしれない。また、漆喰の粉は大量に入ったものの方が経済的でいいかもしれないが、実際に多人数相手に授業を行なうときは、小分けされた袋の便利さは捨てがたい。しかも、大量の漆喰を混ぜるのは下準備が大変で、教室を汚すこともある。

個人でやってみる場合、美術出版社のフレスコセットの方が、説明書がしっかりしているので、お勧めと言える。教材としては、説明は講師が行なう肝の部分なので、スタイロも何もなしの、粉だけ小分けされて袋に入っているものは、場合によっては扱いやすいかもしれない。粉は両者とも似たようなものだけれども、心なしか、美術出版の方がスサのような繊維質が含まれていたような気がする。書き味も美術出版社の方が良かったような気もするけれども、使ったのがだいぶ前のことなので記憶も薄れている。荒下地やらシノピアやらがどうこうとか、いろいろこだわりたいところがあるかもしれないけれども、細かいこだわりはかえって理解を妨げることにもなるので、紙コップで自分で漆喰練って、塗って、顔料で描いてみた、という具合ぐらいが楽しくできていいのかもしれない。

| 絵画材料 | 02:33 PM | comments (0) | trackback (0) |
ウォードの葉を乾燥させる
ウォード、↓このように勢いよく生い茂っております。
ウォードの葉を乾燥させる

前回、ウォードの生葉を使って、シルクを青に染めることができて、とりあえずはほっとしたものの、やはり発酵など利用して濃い青を染めてみないことには、藍染料としての有効性は測れないと思わないでもないので、もうちょっと何か試して見たいところである。それで、ウォードの使い方など、文献などを調べて試してみたいと思ったけれども、他にもいろいろ植物を植えてて、次々どんどん育ってくるなどして、とにかく慌ただしいので、今年のウォードに関しては、ひとまず葉を乾燥させて保存するという方法を試みることに。なお、タデアイもいろいろ触っているのだけれども、発酵させようと思うと、予想以上に悪臭が酷く、普通の住宅地に住んでいるので、現状ではこの辺が潮時だろうかと思ったりしている。

天気の良い日に、日光に晒して乾燥させる。
ウォードの葉を乾燥させる

3日ほど外に出していたら、こんなふうになりました。
ウォードの葉を乾燥させる
乾燥すると、量がすごく減りますな。

袋に入れて、保管する。
ウォードの葉を乾燥させる

ちょっと量が少ないかもしれない。まだ他にも生えているので、残りも全部乾燥させようかと思う。
昔のブリテン島では、雑草として生い茂っていたそうであるけど、発芽率も良くて、夏はぐんぐん成長するし、種もどっさりなるので、うっかり外来種が繁殖し過ぎないように注意しなければならんかも。

| 絵画材料 | 12:58 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: