合成無機顔料、有機顔料の実験をやりたい
と以前から思っていたのですが、手つかずのまま月日を過ごしておりました。
いろいろと試してみたいことがたくさんありますが、時間がありません。

天然の染料については、どの色に関しても、かなりの熱意を込めて1時間以上語れるくらいの自信というか、ネタというか、知識がついたように思っており、古代から行われている種類の合成無機顔料についても、そこそこ楽しい話を聞かせてあげることができるかと思います。鉛白や緑青を作ったりとか、古代ガラスの色とか等々。
しかし、プルシャンブルーあたりから、現代の産業に通じるような本格的な合成顔料が登場してきたと思うんですが、その辺からの知識がすごく弱点だと感じています。特に近代の合成有機染料は単語の説明もできません。何かしたちょっとした実験でもしていたら、話のネタぐらいにはなるんですが。。。まず、歴史順に試してみたいという気持ちもあります。モーブから始まり、合成アリザリンという具合に。しかし、まぁ、無理でしょう。

というわけで、対象を絞り込んでいくとしたら、現在絵具に使用されている合成顔料のうち、フタロシアニン系とアゾ系について試してみるのが筋と言えるのではないでしょうか。

市販の青い絵具の大半は、ウルトラマリンか、フタロシアニンブルー(PG15)が使われていると思います。
フタロシアニンの実験について下記の論文一択のような気がします。
http://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/handle/10129/3396

緑から青を受け持つフタロシアニンに対して、黄から赤の暖色系の色で広く使用されているアゾ系の色の実験ですが、高校の化学実験の定番でもあるらしく、資料がたくさんあって、化学の知識に乏しいこともあり、どうすればよいかかえって悩むところです。

↓このような感じにできるといいんでしょうか?


高校の化学の授業は、非常勤講師の老先生で担当で、実験をあまりやらなかった記憶があります。生物なんかは逆に実験だらけだったような。いずれにしても化学の苦手意識を克服したいところなので、今更ながら入門書を多数注文しました。

| 絵画材料 | 11:17 PM | comments (0) | trackback (0) |
「おゆまる」で粘土の型枠をつくってみた
アクセサリー等の小物をコピーしたいときに、シリコンを使ってコピーしたりすることがありますが、「おゆまる」でも出来るらしいというのをネットで読んだので、やってみたいと思います。「おゆまる」は、お湯に入れると軟らかくなり、冷えると固まる粘土で、200円くらいで売られています。

これが「おゆまる」です。
おゆまる
シリコンでの型作り材料道具を一式買うと、けっこうなお値段になるので、それに比べると、手間もコストも非常に少なくてすみます。

というわけで、まずは、石粉粘土(ラドール)を使って、ミニチュアフードを作ってみました。
おゆまる
しっかり塗装もしてあります。

これをおゆまるを使って型取りしてみます。今回は3本くらい使うことにします。
おゆまる

まずは、お湯に入れて、「おゆまる」を軟らかくします。
おゆまる

こんな感じにぐにゃっとなります。
おゆまる

で、先ほどの自作ミニチュアフードを「おゆまる」で包み込んでみました。
おゆまる

包み込んだところで、冷えるのを待ちます。
おゆまる
パンの下の部分は、型を作るほどのものではないので、片面だけの型枠となっております。

冷えて固まったところで、原型を取り除きます。
おゆまる
立派な型枠ができたような気がします。

ラドールを押し込んで、すぐさま取り出したところ、、、
おゆまる
けっこう上手くいってるように見えます。
おゆまるは、そこそこ固くなりますが、適度な弾力性があり、押し込んだ粘土も取り出しやすいです。

たくさん複製してみました。
おゆまる

バッチリです。うまく行き過ぎて何も言うことありません。

| その他 | 09:32 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: