ベートーヴェンの交響曲全集CDBOXを買いまくってみた。
最近、クラシックのCD BOXが非常に安く売られているので、ベートーヴェンの交響曲全集を大人買いしてみました。5つ程注文したのですが、まずは先に届いた2点の感想など、軽く述べてみたいと思います。いずれもピリオド楽器演奏または、現代楽器だけれもども小編成で演奏している全集を求めました。古楽器が特に好きというわけではありませんが、小編成でテンポが速くキレよいけれども大げさでない演奏のCDが欲しいなと思いまして。自宅でじっくりというよりは、車で移動中に聴くことが多くなり、ロードノイズなどの中で車載オーディを聴く場合は、あまり重くない演奏の方が適していると思います。

まず1点目は「ベートーヴェン:交響曲全集 ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック(5CD)」です。同ホグウッドのモーツァルトの全集を気に入っているので、その流れでまずはこれを買ってみました。実際に聴いてみての感想ですが、モーツァルトの全集を聴いたときのイメージとはだいぶ違う大胆で情熱的な演奏でした。一般的に雄大、壮大といわれる奇数番だけではなく、4番などの偶数番でも同様に気合いが入っており、そういうのは予想外だったものの、これはこれでよろしいかと思います。もしかしたらこれも学究的な意味合いでそうなっているのかもしれません。とはいえ、他の方々のレビューでは穏やかな演奏と書かれていることもあるので、感じ方は人それぞれなのでしょう。第九は第3楽章の速さに驚きましたが、ピリオド奏法の世界ではよくあるテンポの模様です。個人的に聞き慣れていた第九は例によってフルトヴェングラーですが、あちらは19分以上かけて演奏しているのに対して、こちらは10:43で駆け抜けるので、違和感が半端ないです。ただし、聞き慣れているものと違うというだけで、もしかしたら慣れればありかもしれないと思わせるところがあります。特に車載オーディオで聴く場合はかえってよいかも。速く演奏されることで、曲全体の曲の構造が掴みやすいという指摘も肯けるものがあります。とはいえ、実演を聴きに行ってこれだとガッカリしそうな気はしますけどね。第3楽章と反対に、第4楽章後半のテンポが非常に遅くなります。これまでの常識、と言うか、フルトヴェングラーとは真逆になっています。いっそのこと、ここも駆け抜けて疾走して欲しかった気もしますが、もしかしたら譜面を学究的に研究した結果なのかもしれません。

次に、「ベートーヴェン:交響曲全集 ガーディナー/オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク(5CD)」
こちらは、まさに私が求めていた演奏に近いものがあり、大変気に入っています。ガーディナーと言えば、かつての私は、盛り上がりに欠けるような気がして、なんてつまらない演奏なんだろうと思ったものですが、今はすっかりお気に入りなので、人の趣向というものはほとんどは慣れみたいなものなのかもしれません。このBOXの中でも特にいいなぁと思うものを上げると、まずは第7番、もう何度も繰り返し聴きました。それから第2番。これまでに聴いたどの第2番よりもよかったです。そして個人的に最も気に入ったのは第8番の第1楽章です。これは素晴らしい。この楽章だけでも全集を買った価値があると思いました。第九は第3楽章のテンポが、先に述べたホグウッドほどのスピードではなく、速いけれども丁度いいかなという位であり、第4楽章以降のテンポの変化も含めて違和感なく聴くことができました。古楽器演奏では第4楽章が盛り上がらないなぁと思うことが多いのですが、古楽器にしては感動的な勢いを感じます。1~9番まで全体的に共通感のある音作りであり、全集を買って通して聴いてみるとやはり説得力があり、「全集」としての完成度が高いと思います。古楽奏法の全集の中では最も万人向けとも思われますので、文句なくお薦めしたいところです。

参考までに↓ガーディナーの第7番


| 音楽 | 11:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
岡田英弘著『読む年表 中国の歴史』読了
岡田英弘著『読む年表 中国の歴史』ワック (2015/3/10)

とても面白かったです。思わず夢中で読み耽ってしまいました。著者の元々の専門はモンゴルということだけあって、世界史的な視野で書かれてあって、これまで読んできたような中国史の本とは、ずいぶん違うと思いました。魏志倭人伝に書かれている邪馬台国までの距離の問題ですが、クシャーナ王朝とのバランスを取る必要があり、且つ呉を牽制するという説はなるほどと思いました。日本史だけを習っていると考えもしないものですが、東アジアあるいは中央アジアの動きの中で考えてみると、なるほどと思います。勢いで、同著者の『歴史とはなにか』も読んでしまいました。こちらも一気読みしましたが、少々極端かな、という気がしないでもなかったです。すごいと思って読んでてちょっと熱が冷めたかな、という気分ですが、しかし、全体としてはたいへん勉強になりました。

ところで、中国の美術について調べたりする際に、今までは王朝というものを時代区分ぐらいにしか意識していなかったのですが、この本を読んで思い知ったのは、王朝交代の際にときには民族全滅に近い人口減少やすさまじい移動があったかもしれないということで、この辺は改めてよく勉強してからでないと、美術史の本もうかつに読めないな、と思いました。世界史について勉強すると、日本以外の国はたいていそうなんですが、中国の場合は、この本にも書かれている通り、正統王朝が一貫して引き継いできたように見せかけるようなところがあるので、それに惑わされないように、と身構えなければいけないかと思います。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 08:23 PM | comments (0) | trackback (0) |
オリーブの鉢を替える
オリーブがだいぶ大きくなってきたので、鉢を替えることにしました。
オリーブ

実は、だいぶ前から替えよう替えようと思いながらも延び延びになっていました。季節的に鉢替えには適していない時期だとは思いますが仕方ありません。できるだけ土はほぐさないようにして、大きめの鉢に移しました。
オリーブ
中性から弱アルカリ性の土壌が適すというので、石灰粉を少々かけておきました。

オリーブ
枯れないことを祈りましょう。

| 家庭園芸 | 11:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
膠文化研究会 第8回公開研究会に参加してきました。
先日(12/5)、膠文化研究会 第8回公開研究会に参加してきました。

第8回公開研究会|膠文化研究会
http://nikawalabs.main.jp/index/?page_id=651

なかなか勉強になりました。
気が付くと、東京に出てきたのはかれこれ1年ぶりになります。
田舎に住んでいると話題の大半がかなり狭い範囲の人の噂話であり、人との会話がいまいち楽しめないのですが、都会に出てくるとそういうのをちょっと忘れることができて気分が回復します。
久々に東京国立博物館にも行って、図録を4冊買って帰りました。

| その他 | 11:32 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: