ヨーロッパナラのドングリを集めてみました。
ヨーロッパナラのドングリを集めてみました。
ヨーロッパナラ
いつだったか忘れましたが、しばらく前にイングリッシュオーク(ヨーロッパナラ)を植えてましたが、ついに今年ドングリがなりました。けっこうなっているなぁと思って眺めてましたが、基本的に自然に落ちたのを集めたので、結局無事に拾ったのは↓ぐらいの数で終わってしまいました。運がよければ、これを土に埋めて増やしてみたいところです。

オークと言えば、なんと言っても、ウィスキーやワインの樽の材料となる木です。ワインの琥珀色、ワインの渋味などオーク材に含まれるタンニンによるものであり、私にとっては非常に重要な樹木でありますが、それ以前に、やはり西洋絵画の支持体だったということで植えてたんですけどね。

ヨーロッパナラ
葉も紅葉し始めて、この独特の形状、色合いの葉も絵のモチーフに使えそうだと期待していました。
実はもうちょっと大きめの葉ができると思っていたのですが、少々小ぶりのものが密集している感じです。これは夏のうちに葉を間引いておいたすると大きくなるんでしょうか?

とりあえず、洋梨の隣に置いてみました。
ヨーロッパナラ

| 家庭園芸 | 12:52 AM | comments (7) | trackback (0) |
ダンマル、コーパル、バルサムについて語る動画 #4~5
ダンマル、コーパル、バルサムについて語る動画シリーズを展開中ですが、この前は鳥越さんのメディウム調合実演を紹介しました。そして再び私の方にバトンタッチして、樹脂について延々と解説します。興味のない方には大変申し訳ない内容ですが、少なくともこのブログの訪問者の方は、そんなことないと思いますので、堂々とご紹介したいところです。

■ダンマル、コーパル、バルサムについて語る動画 #4

テレピンには溶解しないマニラコーパルが、実はアスピック油に常温で容易く溶けてしまうという話をしております。これが活用できれば、黒いコーパルを使わなくてもよくなるかもしれません。とは言え、そのようにして画用に使っているという話を聞いたことがないので、はたして良いのか悪いのか、今後検証してみたいところです。その他、ダンマル樹脂の発生樹木などについて語っております。どのような樹から採れるのか、そして名称の混乱などもまとめています。

■ダンマル、コーパル、バルサムについて語る動画 #5

前々から思っていた事をいろいろ述べています。コーパルは宝飾品の世界では半化石樹脂といわれているが、現在ニス用に流通しているものは東南アジアからの現生樹脂ではないか、20世紀の技法書で絶賛されているコーパルは、アフリカのコーパル、とくにコンゴコーパルのことであって、東南アジアの現生樹脂の話ではないんじゃなかろうか、などについて語っております。画用コーパルについて考える上では、非常に重要なことなのですが、滅多に話題になることがありません。私としては一連の樹脂動画の最重要回だと思っています。

※私が語ったコンゴコーパルの話は、ほぼ同様の内容がnatural pigmentsのwebサイトにも記述されていました。
http://www.naturalpigments.com/art-supply-education/congo-copal/

| 絵画材料 | 10:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
レザークラフトのコースターを作ってもらいました
何もかも一段落したところで真夜中にベートーヴェンの交響曲全集を聴きながらウィスキーを飲むのが日課です。実際は何も一段落などしてないことが多いのですが、しててもしなくても夜中にちょっとは飲まねばなりません。ちなみに、ちょっと前まではブラームス、ワーグナー、ブルックナーあたりを長年聴いてたのですが、現在はもっぱらベートーヴェンです。クラシックファンは一周すると、モーツァルトやベートーヴェンに戻ってきてしまう傾向があるようですが、私はベートーヴェン派だった模様。

生徒さんがレザークラフトのコースターを作ってくれました。たいへんありがたいことです。
レザークラフトコースター
レザークラフト第1作目の初作品ですが、カービングがなかなか素晴らしい出来映えです。私もレザークラフトはやったことがなかったので、手探りで道具など集めてアドバイス等していましたが、やってみればなんとかなるものです。染色も手探りであり、私ももっとよく勉強したいところですが、作品を実際に私の部屋に置いてみると自然な感じでした。コースターらしくない形状をしておりますが、これは私の要望です。グレープフルーツジュースとウィスキーを混ぜて飲むのが好きなので通常の丸いコースターではサイズが足りないとか、薄暗いところで飲むので、ちょっと広い方がいい等の理由。
レザークラフトコースター
こうやって配置してみると、絵的にけっこういい雰囲気になっています。これはなんかすごく格好いいんじゃないでしょうか。ウィスキーの琥珀色とコースターの色が調和していると思います。ちなみに、絵を描くときの照明は昼白色系統に照明の色を合わせていますが、それ以外の時間は電球色にして過ごしています。照明と合っているとも言えるでしょう。コップは百均の小さなグラス。小さいコップに少しつぐのを繰り返すのが好きです。大きめのグラスにたっぷり注ぐとなぜかテンション下がります。ウィスキーは正確にはバーボンウィスキーで、ちょっと癖のある香りがありますが、そこがよいところです。グレープフルーツジュースはちょっと苦みがありますが、そこが他のジュースと替えられないところです。なお、写真ではグラスにウィスキーが入れられており、そこにグレープフルーツジュースを入れるかのような構図になっていますが、よくわかりませんが、グレープフルーツジュースを先に、ウィスキーを後に入れた方が美味しくなります。気のせいでしょうけど。

百均のグラス売り場で、耐熱ビーカーが並んでいたのですが、私は実験好きなので、これでウィスキーを飲むというのはなかなかよろしそうな予感がして買ってきました。
レザークラフトコースター
百均製品なのに耐熱ビーカーと表記されているので、実験にも使えるのでしょうか。加熱実験中に割れたら大惨事ですが。しかしビーカーは普通に飲みづらいし、みすぼらしい気分になってくるので、あえて選ばなくてもいいように思います。なお、ウィスキー自体は冷やさないので、結露することもないし、必ずしもコースターが要るわけではないのですが、まぁ、雰囲気的に大事です。

ワインは最近は専らチリワインばかりで、写真に載っているのだけひたすら飲んでます。
レザークラフトコースター
スーパーで600円くらいで買えます。甘さ、酸味がほとんどなく、ただ渋いだけのワインですが、なぜだか非常に飲みやすいのです。ボトルのラベルには「カベルネ・ソーヴィニヨン」と書かれていますが、これはワイン用ブドウの品種名のようです。タンニンを多く含むらしく、そのため渋味のワインになっているのでしょう。「甘党」や「辛党:などとよく言いますが私は「渋党」と言えます。渋柿もそのまま食べてみたいところですが、渋柿を食べるとうんこが出口で詰まるという噂なので自重しています。私はワインは冷蔵庫で冷やしておくので、ボトルもコースター上に置くべきか、と考え中。ちなみに、ワインのときのつまみはフランスパン(バタール)です。
ベートーヴェンもめっちゃワイン飲んでたという話ですね。

| その他 | 10:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
メディウムを調合する動画2本
ダンマル、コーパル、バルサムについて語る動画の続きですが、樹脂について語る前に、鳥越さんがメディウムの調合を実演してくれます。
保存容器や、計量容器など、参考になるところが多々あります。

ダンマル/コーパル/バルサム #2 メディウム調合の実例

乾性油とバルサムなどによるシンプルなメディウムを調合しています。

ダンマル/コーパル/バルサム #3 続・メディウム調合の実例

ルフランブルジョア社のフラマンシッカチーフを使ったメディウムを調合しています。
このメディウムは黒さは、ランニングコーパルの色なのですが、コーパルに関してはこの後の動画で延々と語られる予定です。

| 絵画材料 | 09:26 PM | comments (0) | trackback (0) |
細長い支持体を作ろうと思って違うサイズの木枠を組み合わせてみる
キャンバスのM規格よりも細長い支持体に制作したいと考えている今日この頃です。
最終的にはオーダーメイド木製パネルを発注して使いたいと思っているのですが、どういう縦横比で注文するか考える際に、違うサイズの木枠を組み合わせて検討してみてはどうかと思って、サイズ違いの木枠を一通り注文してみました。今回入手したのは、クレサンジャパンの杉木枠M3号からM15号です。
杉木枠

これらを手当たり次第に組み合わせて眺めつつ、サイズを決定してオーダーメイドパネルを発注したいというわけです。いざとなったら、この木枠も実際の制作に使用したいと思っているので、桐製木枠よりも品質の良い杉木枠にしておきました。たぶん、どのメーカーの木枠も桐製よりも杉製の方が品質(と価格)が高いのではないかと思います。大きなサイズになれば、わずかな誤差の影響は少なくなるので、むしろ軽さと安さのメリットで桐木枠を採用したいところですが、小さなサイズの場合は微妙な歪みなどが目立ってしまうし、重量を気にする必要もないので、やはり杉製がよろしいかなと考えています。今回は小さめのサイズを想定しているので、杉木枠を採用しています。

さて、サイズの違う木枠でも、厚さ等が同じものであれば組み合わせることができるのですが、ある程度大きさが離れると、木枠の厚み自体が変わってしまって、ホゾの部分が合わなくなってしまいます。今回購入したものでは、残念ながらM3号で厚さが変わっており、活用することができず。各サイズの木枠の厚さなどの実は詳細な情報は以前貰っていたので、ちゃんと確認していればこういう事態は避けられたのですが、まぁ、合わないときは通常通りに使用すればいいなって感じで気軽に注文ました。

梱包をバラすと、どれがどのサイズなのかわからなくなるので、各パーツに全部号数を書いておくことをお薦めします。
杉木枠

まず、M15号の長辺木枠にM10号の短辺木枠を組み合わせてみました。
杉木枠
M12号をすっとばして、M10と合せているので、これでも充分細長い印象がありますが、まだ少々パンチが足りないような気がします。

さらにM8号の短辺の木枠と組み合わせてみました。
杉木枠
うん、これくらいになると、ちょっとインパクトが出てきていいですね。これ以上やったら、バカっぽくなりそうだし、これで行きましょう。

という具合で延々と試してみました。

| 絵画材料 | 12:48 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: