制作中
制作中
全体にベースとなる色と各モチーフの大凡の形態を描いたところです。ここから細かい部分を描き起していきます。
画面がやや乾き気味だったのでルツーセを塗布しているところです。
しかし、鳥越さんのように下書きから個々のモチーフを一気に描写する方が効率がいいし、描画層の状態も良好になるだろうとはいつも思います。
参考↓
https://youtu.be/Ytoh81pvhr4


| 絵画制作 | 01:20 AM | comments (0) | trackback (0) |
ドクダミの根を取り除く作業
絵画材料に関連する植物などを植えている花壇、昨年はドクダミの大量発生に悩まされました。そして、土を掘り返してみたら、ドクダミの根がまるで血管のように土の中を縦横無尽にはり巡っており、これは大変だと思って、丹念に取り除きました。ドクダミ用の除草剤もあるようですが、今年は絵のモチーフになりそうな果実でも植えようかと思っていたので、とりあえずは手作業で取り除くことにしました。

で、丸一日かけて、シャベルで掘っては、根を取り除くというのをくり返しました。
ドクダミ
全部取り除くというのはまぁ、無理でしょうから、ちょっとは残っててやがてそこから繁殖するわけですが、それでもやらないよりは断然マシかと思います。

pH調整とカルシウム分追加の為にホタテ貝殻粉末を入れて掻き混ぜる。
ホタテ貝殻石灰
これは一昨年まで我が社で販売していた商品でした。儲からなかったので、昨年から止めてますが・・・。

ドクダミも酷いですが、コウゾも凄いです。和紙の原料ということで、植えてみましたが、根っこが地中をはっていって、1~2mくらい離れたところから、突然木が生えてきます。ちょっと目を離している間に木がにょきにょき生えてくるんですから、恐ろしいものを植えてしまったのかもしれません。同じく、麻類の原料の一つである、カラムシの生命力もなかなかすごいです。カラムシを植えている辺りはドクダミも少なめです。

| 家庭園芸 | 12:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
テオフィルスの技法書にコーパルのランニング処理が書いてあるらしい件
マックス・デルナー邦訳版のコーパル樹脂の箇所に目を通していたら、(コーパルの樹脂を熱で油の溶かす方法は)プリニウスを始め古くからちょくちょく述べられていたけれども、はじめて正確に融解過程が述べられているのは、テオフィルスの諸芸提要においてであるみたいなことが述べられていました。コーパルの熱溶解方法が述べられていたとは、これは私としては迂闊だったというか、テオフィルスは何度もしつこく読んだつもりいたのですが・・。そのようなわけで、該当箇所と思われる部分を日本語訳版(中央公論美術出版)から抜粋してみます。

-- 引用開始 --

ニスと呼ばれる膠について
亜麻仁油を小さな新しい壺に入れ、フォルニスfornisと呼ばれる樹脂(1)を極めて細かく磨って加えよ。それは最も澄明な乳香の外観をもつが、砕かれると、より明るい光沢を放つ。それを汝が炭火の上にかけたならば、沸騰しないように入念に、三分の一が蒸発するまで煮よ。そして焔に注意せよ。何となれば、それは極度に危険であり、引火した場合には消すのが難しいからである。この膠で上塗りされたすべての絵は、光沢を放ち、美しく又全く長持ちがする。

-同じく別の製法で-(2)

火に耐えて割れないような石を四つ組合わせて、その上に新しい壺をかけよ。そしてその中に、ロマン語でグラッサglassaと呼ばれる、上述の樹脂フォルニスを入れよ。そしてその壺の口の上に、底に穴をもった、より小さな小壺をかぶせよ。そしてこれらの壺の間に蒸気が全く洩れぬよう、そのまわりに粘土を塗れ。その上で、この樹脂がとけるまで、入念に火にかけよ。更に汝は、細くて柄にとりつけた鉄棒を持ち、それで上記の樹脂が、すっかり液化したことを感じとり得るまで掻き混ぜよ。汝は、炭火にかけられた壺の傍に、中に熱い亜麻仁油の入った第三の壺を置くように。そして鉄棒を抜き出すと、糸の如きものを引く程に、樹脂が完全に液化したならば、それに熱い油を注ぎ、そして鉄棒で掻き混ぜよ。そして沸騰しないように、そのまま一緒には煮るな。そして時々鉄棒を抜き出して、少量を、その濃さを試すために、木又は石の上に塗れ。そして重さにおいて、油が二、樹脂が一の割合となるように留意せよ。もし汝が汝の好みに合うように、入念にそれを煮たならば、火から下ろし、蓋をとり、冷却するままに放置せよ。

註(1)《フォルニスと呼ばれる樹脂gummi quod uocatur fornis》を、Ilg訳およびde I'Escalopier版訳では《フォルニスと呼ばれる(アラビア)護謨》、またC.R.Dodwell訳では《sandaracと呼ばれる護謨》とするが、我々はテオフィルスがこのgummiの溶剤に亜麻仁油を用いていることから、これは護謨ではなく樹脂であるとするJ.G.Hawthorne-C.S.Smithの説を採ることにした。通常護謨は水溶性である。また同じくJ.G.Hawthorne-C.S.Smithは、本章に記された二つの製法において、恐らくフォルニスが性質を異にすることを推測している。
註(2)手写本のうち、Hのみがここで第XXII章を起している。

-- 引用終了 --

これってコーパルのことだったのか・・・。正直なところ、後半の方は3回くり返して読んでもちょっと何言ってるのか俄には理解しがたいところがありますが、コーパルを使って記述の通りに試してみたいところではあります。実際、チーズ膠など、他のメディウムに関してはかなり再現性が高く、けっこう確実なことが書かれている書ですので、参考にしたいところです。極めて細かく磨ってから、というのはヒントになりそうですね。なお、翻訳が独特ですが、「膠」はメディウム、ぐらいの意味だと思います。註も重要です。ゴムのことを「護謨」と漢字で記されているのは、さすがに少々読むのが辛くなってくるところです。

| 絵画材料 | 01:16 AM | comments (0) | trackback (0) |
昔描いたシャルダンの模写
いったいどれくらい前のことか思い出すのも面倒なのですが、昔、シャルダンを模写したものです。
シャルダン

これは我流で模写したので、実際シャルダンがどう描いたのかはまったくわかりません。私には。
シャルダン模写

ルーブルに初めて行ったときは、モナリザよりもシャルダンに衝撃を受けたのを覚えています。

俵屋工房高橋氏が制作中の技法DVD↓、シリーズでシャルダンも取りあげる予定という話を伺ったのですが、そちらは楽しみであります。
https://readyfor.jp/projects/11077takmetdvd-video

| 絵画制作 | 11:07 PM | comments (0) | trackback (0) |
制作中
イースト菌版フレークホワイト

鳥越さんに頂いた、イースト菌版フレークホワイト、たいへん注目すべき品ですが、なかなか試せずにいます。
自分の絵に白いところがあんまり無い・・・。それどころか皆無のこともある・・・。
しかし、そうも言ってられないので、果物の明るい部分に使ってみたりしてみる。
制作中

イースト菌版スタック鉛白については以下の動画を参照ください。
https://youtu.be/VizAAwdHSbY

| 絵画制作 | 10:58 PM | comments (4) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: