腕時計を3つ購入
最近ちょっと腕時計に興味があるのです。
正直なところ高い時計を買うような余裕はないし、余裕があったとしても、たぶん時計にお金はかけないと思うのですが、安いけれどもユニークな感じの腕時計がいっぱい売っているので、これを楽しまないのは損なような気もしないでもない。

その前に、これまで使っていた時計ですが、Amazonで¥939で買ったCASIO MQ-24-7B2LLJF Men's Analog Watchというものです。
腕時計
いわゆるチープカシオとして知られる品のひとつですが、これは何の文句もないくらい素晴らしいです。小さくて、軽くて、それでいながら文字盤は見やすい。そしてなんとなく文字等のデザインもけっこう悪くない。時間はちっとも狂わない。一回着けてみるとわかりますが、腕に馴染んで違和感ない感じであり、どんな作業をしていても邪魔になりません。マジでお薦めです。しかし、これは父にあげてしまったので、この度、新しい時計を購入しようと思ったわけなんですが・・・

まず買ってみたのは、CITIZEN Q&Q 革ベルト 逆輸入 海外モデル ブラウン Q978J301Y メンズ
腕時計
Q&Qというシチズンのサブブランドで、amazonで2160円でした。デザインは、ダニエルウェリントンというスイスのブランド風ですが、たいへん綺麗に出来ていておしゃれです。一見、とても立派そうに見えます。時計の機能としては、これは到着したときから全く何処にも問題なく時間がずれることもなく安定して動いています。さすがシチズンです。この安定感はチープカシオと同じレベルで高いといえるでしょう。また、女子受けもけっこういいです。これはもう一生使いたいというくらい気に入っています。

それから、BIDENというブランドの時計
腕時計
型番等よくわからない時計。Amazonで3,199円でした。金属的質感がバリバリのやつも欲しい気がしたので、なんとなく買ってみました。ずっしりと重い。
届いたものをよく観察してみましたが、文字盤が二列になっているのですが、ズレててかっこわるい。ストップウォッチの針のスタート地点が思いっきりズレているなど、探すといろんなところがズレているのですが、でも他人の腕時計をそこまでのぞき込むひとは居ないだろうから、パッと見て立派に見えればいいんじゃないでしょうか。1日に10秒くらい遅れているようなのですが、実用上そんな問題はないです。問題はバンドの金具であって、ときどき急に外れたりしてびっくりします。本体の他に金属バンドの調整用のツールが付属しているのですが、これがけっこう使いやすかったです。

そしてもう一点。
それから、curren watch 8257というやつ。
腕時計
Amazonにて¥2150。デザインが素晴らしい、一目で気に入って購入してみたが、しょっちゅう動作停止していて今のところ使い物にならない。返品しようかどうか、でも返品するほどの値段でもないような、と迷っているところです。

というわけで、いろいろ買ってみましたが、Amazonとか見ていると他にもけっこう奇抜なデザインの腕時計があって、思わず買ってみたくなってしまうのですが、こうして買ってみると、やはり実用面でも、デザイン面でも、この価格帯ではカシオとシチズンが飛び抜けている。デザインは画像でみた感じではわからないけど、実物を見るとやはり作りが良い。というわけで、どうしても買いたくなったら、カシオ、シチズンあたりに限定して買うことにしようと思うのだけれども、とりあえずは我慢しておいた方がいいとは言えますが。

| 家電・パソコン | 12:05 AM | comments (0) | trackback (0) |
アントニオ・ネリ著『ラルテ・ヴェトラリア 17世紀初頭のガラス製造術』
アントニオ・ネリ著『ラルテ・ヴェトラリア 17世紀初頭のガラス製造術』を読みました。

17世紀イタリアで出版されたガラス製法の技術書ですが、最後の方で絵画用顔料にも触れられており、ウルトラマリン精製と赤のレーキ顔料の作り方が書かれています。レーキ顔料については、現在いろいろ調べているところなので、たいへんタイムリーな内容であるのだけれども、読み解くのは大変である。一応、ガラス製法についても一通り読んでみようとはしたが、何を言っているのかほとんどわからない。顔料についてはなんとなくわかる部分もあるし、さっぱり分からないところもあり。通読はしたけれども、理解するには時間がかかりそうである。



| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 02:01 AM | comments (0) | trackback (0) |
オオヤマト古墳群踏破その3 景行天皇陵他
纏向古墳群を後にして、山辺の道を北に向かって歩き、柳本古墳群を目指す。
途中たくさんの古墳を見たのだけれどもキリがないので割愛。歩けば古墳に当たるという感じだったけれども、未調査で不明な古墳も多いため、言及しづらい。

目立った史跡は垂仁天皇の皇居纒向珠城宮跡碑。
オオヤマト古墳群
初期の大和王権の執政場所はオオヤマト古墳群、というか山辺の道沿いを移動したのではないか。

そこから近いところにある珠城山古墳群(たまきやまこふんぐん)を一応見てみる。
オオヤマト古墳群
3つの前方後円墳から成る古墳群で横穴式石室に入れること知られる。
オオヤマト古墳群
古墳群頂上は顔料にできそうなくらいの赤い土で出来ていました。

珠城山古墳群の上からみた景行天皇陵。あちらに向かって歩きます。
オオヤマト古墳群
それにしてもいい景色です。

景行天皇陵、山辺道上陵(やまのべのみちのえのみささぎ)。
オオヤマト古墳群
オオヤマト古墳群の中では最大。大きいですな。しかし、河内の古墳を見たあとだと、意外だったのは東側の山から傾斜しているような緩やかな斜面に作られているというところでしょうか。これは崇神稜でもそうですが、この方が視覚的効果があったかもしれません。

一応、現状で残っている周濠は、わりと狭くてあまり美しくはなかった。
景行天皇陵

排所です。
景行天皇陵

| 史跡・古墳・名所等 | 09:32 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: