フジミ模型「清水寺舞台」 1/400 制作記 その2(完成)
前回の続き、清水寺後編です。

まずはベースとなる地形のパーツですが、マスキングテープを駆使して、缶スプレーでこのように塗り分けてみました。
清水寺舞台
土や砂、岩と思われる部分はライトランド、石畳の舗装部分はロイヤルライトグレイをスプレーしました。その際、タミヤの模型用のマスキングテープを買ってみたのですが、これが様々な形状にフィットして貼れるという優れたマステでありまして、これさえあれば、もうマスキングゾルすら要らないのでは無いかと思ってしまうほどです。普段、美術の授業で使用している教材用カタログのマスキングテープとは随分性能が違うものですな。

概ね塗り分けたところで、ウェザリングカラーを使って、汚しを入れていきます。
清水寺舞台
クレオスのウェザリングカラーすっかり気に入ってしまいました。油絵具に近い塗料みたいですね。色調の違うもの3種ほど使って塗ったり拭き取ったりして調整してゆき、それから崖部分はさらにMr.ウェザリングペーストのマッドイエローもドライブラシ的に使用してみました。

木材構造部分のパーツは甲板色をスプレーして、それからやはりウェザリングカラーでウェザリングして、最後に定着の意味も含めて、つや消しトップコートををかけました。
清水寺舞台
舞台の足場はウェザリングをあまり拭き取らずにやや黒めにしておきました。

さて、地形に対して諸々のパーツを接着していくわけですが...
清水寺舞台
これは、けっこうカッコいいかもしれない。

というわけで、全てのパーツを組んで完成となりました。
清水寺舞台

少しずつプラモデルの技法に慣れるよう工夫はしてきましたが、まださほど技術はついてはおりませんが、そろそろあれですな、美術史的に非常に興味深い仏教建築である「金閣寺」に挑みたいところです。事前調査の為に様々の論文を読んでおりますが、あと何か3冊くらい目を通したいところです。さらにフジミ模型のwebサイトを見ていたら、銀閣寺も再版される模様です。

| 史跡・古墳・名所等 | 10:22 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型「清水寺舞台」 1/400 制作記 その1(檜皮葺屋根の塗装)
なんと、あと1ヶ月で1年が終わってしまうのですか。何の目標も達せられずというところですが、日本の建築について勉強中なので、せっせと資料を参照しつつ、模型を組み立ててゆきましょう。缶スプレーの消費量が多いので、エアコンプレッサーを買った方が経済的なような気もしてきましたが、模型作りは一過性の趣味のような気もするので、買って放置してしまうのが心配なので、踏ん切りがつかないところです。職業柄、旅行は控えているので、今は模型で構造を把握しつつ、春になったら実物を見に遠出してみたい、というふうに考えているわけですが、今回はフジミ模型「清水寺舞台」 1/400を作ってみます。
フジミ模型「清水寺舞台」
清水は単なる観光地のように思ってしまいがちですが、非常に古い歴史を持つ寺院で興味深い経歴がありますが、それはともかくとして、模型を作る場合に気になるのは本来どのような色であったのかという点です。今では厳めしい雰囲気の建物でも、かつては極彩色であったというのはよくあることでして、私としては本堂が歴史上どんな色をしていたのかというのを確認したくて、資料を探そうとはしたのですが、そのことに言及されている本は見つけられなかったので、とりあえずは美術全集などに掲載されている洛中洛外図を参照することにしました。清水寺はたいてい登場しますが、昔から概ね素木のような色をしている絵が多い模様です。山形にあるということで、何度か実物を拝見したこともある上杉本も、寺院内にある仏塔等が朱色であるのに対して、舞台や本堂は素木のように描かれています。ただし、舞台を支える柱は何故か黒く描かれていたのですが、清掃されずに汚れが蓄積されたのか、あるいは漆でも塗ってあったのか、気になるところです。なお、現在の清水寺は1633年の再建であるからして、狩野永徳作である上杉本洛中洛外図は再建以前の様子なのであろうと思うのですが、建物の姿は現在のものとそっくりです。というわけで、もっと調べてもいいのですが、今は広く浅く調べて、どんどん組み立てていこうと思うので、下調べは今は打ち切って、とりあずは無理に派手に塗る必要はないという結論に至りました。

では、まずは塗装です。屋根からいきましょう。清水の屋根は檜皮葺であります。檜の樹皮を重ねて葺くという、たいへん手の込んだ屋根ですが、この檜皮葺に注目して塗装したいところです。いつの日か、石山寺多宝塔にリベンジしたいのですが、あれも檜皮葺であり、ここで檜皮葺のノウハウを構築したい。日本伝統建築と言えば、瓦葺き、檜皮葺、こけら葺きの三種が代表といえますが、実例を普段からよく観察しておくのが大事でありますな。本当は県内にある檜皮葺の屋根を見に行きたかったのですが、なんか疲れてしまってgoogleで画像検索して済ませてしまっているけれども、今度見に行ってみようと思います。
フジミ模型「清水寺舞台」
で、これが屋根のパーツですが、水平の線がモールドされておりますが、これが檜の皮を重ねた跡ということなのでありましょう。吹き替えたばかり檜皮葺屋根では、職人が綺麗に積み重ねた段差が見えるわけですが、さすがに1/400のスケールではこのパーツのようにはならず、見えなくくらいの段差になってしまうとは思いますが、模型に対してそんなことをいうのも無粋ではありますが、でも何か工夫せねばなりません。また、檜皮葺の屋根は時間の経過で様相がかなり変化し、30年くらいで葺替えせねばならぬようですが(清水本堂は50年に1度)、ちょっと年数が経ったくらいの状態が模型としては魅力的でもあります。
というわけで、経年のちょっともこもこした感じを出すために、タミヤの情景テクスチャーペイント路面ライトグレイを塗布してみました。
フジミ模型「清水寺舞台」
これはいつも基壇の石造り部分のテクスチャとして使っているものですが、色さえ気にしなければ檜皮葺的な表現にもいけるかと思いまして。4~5回くらい塗りました。それで概ね水平の線もほどよく隠れつつ(ちょっとは残ってもよい)、檜皮葺の柔らかさが出てくるのではないでしょうか。

そして、ダークグレイやブラウンの缶スプレーを交互に吹きつつ、ちょうどいい色合いにしてゆきます。
フジミ模型「清水寺舞台」
具体的に色名をいうと、タミヤの「ダルレッド」を塗って、そして「ガンシップグレイ」を吹いて、それでやや暗くなりすぎたので、「ライトサンド」を軽く吹いてみたり、また繰り返したり。エアブラシがないので、塗料を混ぜてから塗布することができないのですが、こうして交互にスプレーするとむしろ檜皮葺感で出てきているように思います。綺麗に均一に塗ってしまうと、かえって経年劣化の檜皮葺の色の不均一が感じがなくなってしまうので。少々赤みが強くなってしまいましたが、全体を素木風に塗るので、多少屋根の色味は濃いめでよろしいでしょう。

というわけで、屋根のことばかりで終わってしまいました。

| 絵画材料 | 10:56 PM | comments (0) | trackback (0) |
童友社「小田原城 1/350」制作
童友社のお城シリーズを買ってみました。小田原城、松本城、安土城、岐阜城の4つです。
童友社「小田原城 1/350」
機会があれば、他のお城モデルも買ってみたいとは思いますが、ざっくりと大きさの比較もできるように、スケールは1/350前後で統一して買い求めていこうかと思います。というわけで、試しに一個作ってみる的な感じで、小田原城からはじめてみようと思います。

箱を開けてみると、現代のプラモデルとはまた違った雰囲気のオーラが感じられます。古い金型を駆使しつつも継続して販売してくれてることはありがたいことなので、パーツの精度などに文句を言ってはなりませんが、しかし樹木のパーツは、ちょっとさすがに使用を躊躇せずにおれません。
童友社「小田原城 1/350」
youtubeでベテランモデラーの姫路城制作動画を参照したら、うまく加工して利用しておりましたので、手間を惜しまなければ化けるとは思うのですが、強度的に丈夫なものは作れそうにないですし、今回は木は付けないという方針でいきたいと思います。

というわけで、木を取り付ける筈だった箇所の穴を、エポキシパテで塞ぎ、ヤスリをかけました。
童友社「小田原城 1/350」
妙な形状ですが、現在の小田原城天守の西側は土が盛ってあり土手みたいになっていますが、それを再現したパーツでありましょう。

ちょうど、タミヤの情景テクスチャーペイント[草 グリーン]が届いたところなので、全体に草が生えてる感じにしてみようと思います。
童友社「小田原城 1/350」
塗ってみたら、色がけっこう派手と言いますか、人工染料的な色合いで驚きました。

これはダメだなと思ったのですが、乾燥したら艶が引いて、いかにも牧草みたいな草らしい感じになっております。
童友社「小田原城 1/350」
さすがに1/350スケールには不自然な大きさの草ですね。1/35なら自然なサイズの繊維かと思います。それと、うまく草を立てる方法もあるようです。さらに、まるで牧草地のように全面に塗るというよりは、土とか石などのテクスチャーと混在させることによって、より自然な感じになるかと思います。

石垣ですが、クレオスのMr.ウェザリングカラーという商品が届いたので、それを試してみることに。
童友社「小田原城 1/350」パーツのモールドが浅くて、うまく拭き取るという感じにはいかなかったのですが、とりあえずはこんなものですかね。何しろプラモ初心者ですから、あまり深く考え過ぎずにとりあえず試してみるというくらいに考えてやっております。

というわけで、こんなふうになりました。
童友社「小田原城 1/350」
建物部分はパーツの噛み合わせも良好で、城モデル初心者にはちょうどいいキットだったのかもしれません。強いて言えば、たくさん開いている窓から、向こう側の窓からの光が見えて、いかにも中が空洞なのがわかってしまうのが難点ですが、たぶん城モデル全般の問題なのでしょう。窓は塗装前にプラ板でも貼って塞いで置いた方が良さそうです。瓦屋根をウェザリングとかドライブブラシとかやりたかったのですが、この窓ではリアルさは追求できぬと思って、モチベーションも下がったので、本模型はここで終わりにしたいかと思います。城模型の練習、プラモデル用の特殊な塗料を試してみるという目的は達したので、よろしいとしましょう。特にウェザリングのテクニックは、既に制作した仏教建築模型に施したいところなので、上手くなりたいところです。

さて、現在の小田原城は鉄筋コンクリート造りであり、プラモデルの方もそちらを再現しておりますので、天守に上って展望するためのフェンスも付いております。今の価値観であれば、天守再建も、模型の方も、往時の姿を再現したくなるところなのですが。しかし、そもそも我々が戦国の城としてイメージする平城の天守というのは、安土城以降と考えると、戦国末期から江戸時代に入ってからのものであるわけで、意外と新しいものです。この小田原城も秀吉が攻めた小田原城とは全く違う姿であったことかと思います。その辺を読んだりしながら作ると面白いでしょうなぁ。

| 史跡・古墳・名所等 | 07:21 PM | comments (0) | trackback (0) |
特別展「伝わるかたち/伝えるわざ 伝達と変容の日本建築」
先週、東北歴史博物館にて、特別展「伝わるかたち/伝えるわざ 伝達と変容の日本建築」を観てきましたが、組物の模型が多数展示されており、まさに今わたしが勉強したいと思っていた事が延々と展示されており、地元(東北)で開催される特別展の中では、最近ちょっとないくらいの情報量でした(あくまで私にとってですが)。伝統建築の構造的な部分や技術的な面に興味がなければピンとこないところでありましょうから、入場者もまばらでありましたが、法隆寺、薬師寺、平等院鳳凰堂など、つい最近プラモデルを組み立てた建築物や、これから組み立てようと思って既に買ってある建造物の展示が多く、まるで私の為に開催されているかと錯覚してしまうほど、個人的に非常にタイムリーな内容の展覧会でだったのであります。特別展は既に終了しましたが、図録の論文集を読むだけでも実は八割方十分な展示でもありますので、興味があれば入手されるとよろしかろうと思います。

仏教建築の組物からスタートするわけですが、単にその説明だけに留まらずに、城郭や住宅、茶室、神明造りなど、幅広くその影響を追ってゆくので、今まで気付かなかった関連性も知ることができるのが、本展の意図するところなのでありましょう。私としては、いずれの展示も非常に重要な情報と提供されていると言えるのですが、中でも特に気になった展示物としては金閣寺の模型がありましたが、金箔などの色彩はなかったのですが、その為にかえって各層の意図した様式が明確に意識できました。フジミ模型の金閣寺も購入済みですが、買ったときは大して考えてはいなかったのですが、代表的な二つの様式が明確に分けて併存しているという、たいへん興味深いものであることを知って、これはその辺を意識して、塗装等を工夫せねばならぬし、再建前の色彩とかいろいろ論文を読まねばならぬところです。他には伊勢神宮をはじめ神明造の展示もありましたが、フジミ模型の出雲大社も買っておかねばと思ったわけですが、ちょっと高いし、積みプラの箱が積み上がっているので、しばらくあとにしますか。

| その他 | 11:55 PM | comments (0) | trackback (0) |
植物近況(琉球藍他)
なんと、琉球藍の苗を頂きました。
琉球藍
うまく根付いてくれれば、タデアイ、ウォード、インドアイに加えて、さらに藍植物が追加されることに。藍の染料を得られる植物は数が多いのですが、代表的なものは揃いつつあります。できれば、立派な姿になったところで、写真を撮って染料資料のストックにしたいです。

ヨーロッパモミの種を植えました。
ヨーロッパモミ
春に失敗したので、秋植えを試みたわけですが、気がつくともはや冬ですな。
ちなみに、じっくり水に浸けてみたり、ナイフでちょっと切り込みを入れてみたりと、いろいろなバリエーションを試して蒔いているので、いずれかが発芽してくれればと願っております。

オークの木から落ちたと思われるドングリから生えてきた木です。
オークナラ
比較の為に、コナラとミズナラも植えているのですが、どうも交配している模様で、何がどうなったのかはわかりませんが、真っ赤に紅葉しております。オークは黄色になります。葉の形特徴である手のひらの形も、やや控えめなのですが。いずれにしても通常でも各個体はなかり個性がでるとの話でもあります。まぁ、でもこの木はなかなか美しいような気がします。

アカンサスですが、モリスはこのような感じで冬でも迫力があります。
アカンサスモリス
来年はぐんぐん伸びて花がついてくれるのではないかと期待しております。

アカンサススピノサスは、葉が細くギザギザなのが特徴ですが、日照環境が悪いのか、やや萎び気味であります。
アカンサススピノサス
一瞬、ダイコンかと思いました。

| 家庭園芸 | 11:40 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: