映画『アレクサンドリア』(2009西)
映画『アレクサンドリア』(2009西)観ました。久々にDVD借りました。先日読んだ新プラトン主義についての本でこの映画が紹介されてて知ったのですが。古代末期頃のアレクサンドリアで活動した伝説的な女性哲学者(どちらかというと今の理系科学者?)ヒュパティアが殺害されるまえでを描く。アレクサンドリアのキュリロス等々、歴史上の人物が登場しており、なかなか面白かったです。歴史的な背景をよく再現しており、登場人物のメイク等は、もしかしたら、後の中世あるいは近代以降に描かれた絵画なども参考にしているのではないかと思わしきところもあります。それにしてもヨーロッパの映画なのにキリスト教があそこまで悪く描かれているというのは、昨今のヨーロッパ事情を感じさせるものがあります。主役と敵役でキャラ的に善悪をはっきり分けすぎていて、どちらも単純に見えてしまって深みのないシナリオだな、というのはちょっと感じました。しかしおかげで極めてわかりやすいです。ウィキペディアで調べるときは、ヒュパティアではなくて、アレクサンドリアのキュリロスの方で検索した方がよくわかるかと思います。

話は変わりますが、トヨタ・ラクティスの半年点検を済ませました。特になんら不良もなく、フューエルワンを注入しただけの追加料金でした。できれば13年くらい使いたいかと思っておりましたので、これで6.5年乗ったので、想定の半分が過ぎたことなります。据え付けのナビの地図を更新しようかと思ったら、2万円かかるうえに、この機種は2018年の地図が最後の更新でしたと言われたのですが、据え付けのナビの製品寿命短すぎますな。車本体の寿命の1/3しかないとか。スマホのナビの方が百倍ましであるな。それはともかくとして6.5年乗って一度も故障してないのはありがたい。故障しないというのは費用面でも時間をロスしないという意味で非常にコストパフォーマンスが高いことであります。あと、今年は任意保険料が若干安くなったのである。車の価値自体が減ってきているので。親のアクアは車格が上であるということで、妙に保険料高いのだが、ラクティスとの違いはハイブリットかどうかくらいしかないような気がするのだが。保険料がけっこう高くなるので、燃費で回収できてないぞ、ハイブリッド車。とはいいつつ、町乗りだとモーターがあるとやはりスイスイ動いて気分いいので、その意味ではやはりランクは上なのか。

| 映画 | 12:36 AM | comments (0) | trackback (0) |
アンソニー・ヒューズ著『ミケランジェロ』(岩波 世界の美術)読了
アンソニー・ヒューズ著『ミケランジェロ』(岩波 世界の美術)読了。

ラオコーン像について気になっているうちにこちらも読んでしまいました。ラオコーン像発見の際はユリウス2世やらミケランジェロもかけつけ、プリニウスの博物誌に記述されている、あのラオコーン像であろうという話になったそうですが、ラオコーン像はその後の絵画、彫刻に与えた影響は極めて大きかったと思われます。ミケランジェロにどのような影響を与えたであろうか。タイミング的には有名なピエタ、ダヴィデ像の後であり、そしてシスティーナの天井画の前であるので、思い切り影響がありそうな気もするけれども、その前も後もいろんな作品作っているので、はっきりとはやはりわかりませんが。それと、ラオコーンがヴェルギリウスの「アエネイス」の前に制作されたのか、後に制作されたのか、そもそも現在ヴァチカンにあるものがオリジナルなのか、コピーなのか。これはいろいろ本をみただけでは、全く違う見解が書かれている。でもまぁ、最近はアエネイスより前説が多いのか。ミケランジェロの伝記といえば、ヴァザーリのミケランジェロ伝くらいは私も読んでいるけれども、あれは非常に面白いのだけれども、英雄化し過ぎて、やはり現実の相違は意識しないといけません。が、ミケランジェロ公認コンディヴィのミケランジェロ伝もやはり目を通してみたいような興味はあります。こちらは本人の都合のよいように書かれているとは思いますが。しかし、いろいろ目を通してゆくと、うまくいったとはいえないような残念な経緯のユリウス2世霊廟が話としては一番面白いと思えてきました。フィレンツェやローマにある有名な作品はなんだかんだで目にする機会はあったのですが、ユリウス2世霊廟は観てなかったですな。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:46 PM | comments (0) | trackback (0) |
久々に図書館に行って新プラトン主義哲学者の本を借りてきたのです。
先日、新プラトン主義についての概説書を読んだところで、プロティノス他についてもう少し読んでみたいと思い、久々に県図書館に行ってみました。一部サービス自粛ということで、閲覧テーブル等使用不可となっていて比較的閑散としてましたが、当県は知事以下、無駄に騒がずに普通に政府要請通りに自粛してて、感染者も増加せず立派なものです。で、プロティヌス全集第1巻を借りてみましてが、哲学者の書にしては、解説も翻訳も註までも読みやすく構成されていて、これは欲しいと思ったけれども入手するのは難しそうだし、全巻読むのも無理であろう。第1巻くらい欲しいところであります。中央公論社『世界の名著 続2 プロティノス、ポリピュリオス、プロクロス』を借りてみたけれども、新プラトン主義まとめてあって、しかも相当古い割に読みやすい。ポリピュリオスのイサゴーゲーもあり、これは名前はよく聞くのでどのようなものか、目を通しておきたい。世界の名著シリーズは本文をばっさりカットしたりすることも多いけれども解説が多いので、やはりこれを入手しておいた方がいいかと思ったけれども、だいたい二束三文で売られているけれども、この巻は中古市場もやや高めで、もうちょっと待つか。
それから『プロティノス「美について」』という文庫本を見つけたので借りてみました。これはプロティノスのエピメデス中の「美について」のみ(上記2書にも収録されている)の訳出で、解説をたくさん書かれているようで、これは入門書として良さそうだと思って借りてみました。プラトンから新プラトン主義について親しんでいると、美術史の本がたいへん読みやすくなる効果があります。中世美術についてもルネッサンス期にしても、意味不明だったところがだいぶ解ってくるようになりました。それが何の役に立つのか、あるいは時間の無駄遣いなのか、その辺はなんといえませんが、少なくとも美術史の本を読むのが楽しくなるのは確かですが、ともかく謙虚な姿勢で勉強不足を解消してゆきたいと思います。
ばたばたと選定して借りたせいか、気がついたら上智大学中世思想研究所編『古代の自然観』というもの借りていました。私のレベルで読めるであろうか。それと稲垣良典(著)トマス・アクィナス『神学大全』という比較的薄めの文庫本を見つけたのでこれも借りてきました。神学大全の日本語訳は40冊近くあったと思いますが、こちらが入門となればいい感じですが。冒頭を読んだところ、大変誠実な印象を受けました。

ところで、昨年はスーツ買わずに済ましてしまったけれども、今年は買い換えねばならぬであろう。こればかりは試着してみないといけないので、それがけっこう億劫であります。TAKAQのキャンペーン期間中に行かねばならぬ。気に入ったのが見つかると嬉しいのは確かですが。それから電子デバイス系も多少更新したいような。実はそもそも今プリンタがない状態なので、なんとかしたい。各種ソフトウェアもバージョンアップしたい。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:24 AM | comments (0) | trackback (0) |
『新プラトン主義を学ぶ人のために』世界思想社(2014)読了
最近読んだ本の中でも飛び抜けて勉強になった一冊でした。古代における新プラトン主義もアテネだけではなくて、エジプトのアレキサンドリアと平行で展開してゆくところが古代という感じいいですなぁ。そしてアウグスティヌス、トマス・アクィナスと経て、ルネサンスのメディチ家のプラトンアカデミーまでくる頃にはなんだかすごく感動してしまいました。人を感動させるような意図で編集されたものではないとは思いますが、でも通して読んでみるとなかなか感動的であります。世界思想社の○○を学ぶ人のためにシリーズの中でも出色の出来映えではないでしょうか。いや、専門家ではないので、私には判断できないわけですけど、たぶんとてもいいものだと思います。

そして各章で文献を紹介されるので、なんだかんだで思わずいろいろ注文してまって散財しました。まずはボエティウスの書を何か読んでみたくなり、『世界古典文学全集26 アウグスティヌス/ボエティウス』を注文しました、古い本なので古書ですが。これはアウグスティヌスの『告白』とボエティウスの『哲学の慰め』が収録されているようです。哲学の慰めは文庫版もありますが、それも絶版で高額取引されているので、どちらかというと世界古典文学全集の方が安く手に入りそうです。そしてできれば中央公論の世界の名著15プロティノス・ポルピュリオス・プロクロスは新プラトン主義ひとまとめですが、こちらは少々高値で取引されているので、もうちょっと待ちたい。○○を学ぶ人のためにシリーズも、まだいい感じのあるのではないかと思って、とりあえず興味のあったものから、フランス中世文学を学ぶ人のために、芸術学を学ぶ人のために、日本考古学を学ぶ人のために、シェイクスピアを学ぶ人のために、美学を学ぶ人のために、日本美術を学ぶ人のために、などを注文しました。

CDの方はAmazonのUnlimitedに加入したせいでほとんど買っていないのですが、車で移動中は以前購入したロンドンのコヴェント・ガーデン王立歌劇場ライヴ32毎組のCDというを淡々と聴いておりまして、32枚もあるのでなかなか終わらないので当分これでいけるかなと。今のところはヴェルディの仮面舞踏会がとてもよったのですが、実はこの作品については何も知らず、粗筋も知らないし、イタリア語なので何言ってるのかもわからないのだけれども、なんだかとても良かったので、これはDVD買ってみたいと思いました。いいのがあれば。ヴェルディは苦手だったのですが、これはイケるかもしれない。そして現在は18枚目くらいに行っているのですが、ワーグナーのパルジファル(グッドオール指揮)なのですが、これがまた素晴らしい。ここまでスゴいパルジファルもなかなかないくらいとてもいい。これこそがパルジファルなのだと開眼した気分になりました。最新の録音でもないので、鮮明さにかけるけれども、かえってこのくらいのほうがワーグナー向きかもしれません。つい繰り返して聴いてしまうので、なかなか32枚が終わらないです。3990円で32枚組ということで買ってみただけだったけれども、このBOXはなかなかの拾いものでありました。

ところで生業の諸々の仕事が一段落し、一定の時間が確保できそうなので、本webサイトの改装、その他いろいろとやりたいことがあったので、気合いを入れて実行せねばなりません。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:25 PM | comments (0) | trackback (0) |
ヘシオドス『仕事と日』
2008年のリーマンショックが舞台の映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』というのが好きで、ときどきDVDを見てたりするのですが、世界経済が大不況に陥りそうな昨今、なんとなくこの映画の終盤を思わせるような雰囲気になってきてるような気がしないでもないです。ちなみに映画の原題は”The Big Short”であり、巨大な空売りという意味で、住宅市場が崩壊する方に賭けたトレーダーの話ですが、邦題はなぜかマネー・ショートとなってしまっており、これだと資金ショートみたいに誤解されてしまいそうです。実際は私がまだ法人経営をしていた頃に資金不足に悩まされつつ過ごしていた頃、これは共感できそうな映画だなと思って借りて観たら全然違う内容だったという思い出がありまして。「華麗なる大逆転」という副題もついており、映画の紹介もサクセスストーリーと書かれてましたが、実際に観てみるとまるでそういう映画ではなかった。人々が職と家を失ってゆき、しかも金融界はほぼ罰せられなかったという話であったけれども、失業率と自殺者数はシンクロしていると言われるので、今回の肺炎騒動もきっと経済的な影響による死者の方が多くなるでありましょう。それはともかくとして映画の話ですが、登場人物達が常に罵り合いながら仕事してるというのが、なかなか新鮮に思えたものです。人間の営みというのはこんな感じでもいいのだろうという気もしないでもないです。それと音楽もなかなかハイセンスでサントラも買いました。個人的には筋金入りの糞野郎と日本料理店で話をしているシーンが一番気に入ってるのですが、そこで登場する中国人がなかなかスゴそうな感じがしたものですが、その後原作の邦訳まで読んだところ、ちょっとイメージが違っておりましたが、それはともかくとして、今も古典勉強に勤しんでいるわけですが、近頃読んだのはヘシオドスの『仕事と日』(松平千秋訳)岩波文庫を読みました。これは註が充実していてなかなか勉強になりました。しかし本文だけ読むと何がなんだかさっぱりわからない。詩の翻訳というのは難しいものである。ギリシアの古典と言えば松平訳と呉訳ですが、いろいろ読んでいて実は個人的にあまり相性が良くないというのに気がつきつつあり困っているところです。同じ年代でも久保訳などは読みやすいのですが。しかしやはりこれもまだ自分の勉強が足らないだけかもしれませんので引き続き精進したいと思います。

『新プラトン主義を学ぶ人のために』世界思想社(2014)というのを読んでいるのですが、中世の美術または中世全般を考えるうえでは新プラトン主義は欠かせない要素ではあるといえるわけで、もうちょっと詳しくならねばと前々から思っていましたが、やっと読み進められる環境が整ってきました。古代の新プラトン主義の哲学者達のところは読み終えたところですが、さらっと読み通してみたところとは言え、なかなか勉強になったというか、自分の不勉強さを実感したところです。これから中世以降に突入するので楽しみです。なお、本のなかでアレクサンドリアという映画が紹介されていたのですが、これはアレクサンドア派の先駆的な存在である人物を描いた映画ということで、そんなのがあったのかと思ってさっそく借りてきました。最近、アレキサンドリアという古代都市にも興味があったので、面白い映画であることを期待しているところです。新プラトン主義ではなくて、プラトンそのものについての解説本は未だにあえて目を通しておりません。未読の対話篇がいくつもあるので、余計な解説なしにそれを読んでからにしたい、という気持ちもあるわけですが、しかしやはり、なにがしかの導き手みたいな解説書もi要るよなと思って、いろいろ考えた末、ちくま学術文庫のニーチェ全集1を購入してみました。文庫本なのに二千円もしたのですが。第1巻は若き日のニーチェの古典に関する論文、主にプラトンに関するものが収録されているということで、そちらを手がかりにしてゆきたいと思ったのですが、実際に届いたものを見たら初っぱなから遠慮無く強烈でちょっとどうしようかと思いましたが、ちゃんと読めばきっと何かすごいことがあるのだろうと思います。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:23 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: