最近読んだ本『オスマン帝国500年の平和』他
このところ書類作成とか届け出とか、そういうものが非常に多くて、なんというか、とにかく細かい規則のあるものが非常に多くて、なんどもやってれいれば慣れてはくるのだろうけれども、最初にやるときはどうしても時間がかかってしまったり、知識の無さによって判断を誤ってしまうことも多く、とにかく大変である。そして、知識が溜まっても次ぎに役立つのかどうか、次の機会があるのだろうかもわからない。もう一回最初から人生やり直すならともかく、死んだら役に立たない知識というのがなんとも。。。この世界で生きるのは大変である。そして生きてるだけで経費ばかりかかってゆくのだが、しかしながらちょっとの時間でもいいので本を買って読むようにしています。本は最近高くなってきているけれども、でもそこから得られる知識を考えると断然安いものであります。というわけで最近読んだものについてコメントしたいと思います。今回はいい本ばかりなので、買って損はないといえるお薦め品です。

中村俊春(著)『ペーテル・パウル・ルーベンス 絵画と政治の間で』
ルーベンスと言えば西洋絵画史上でも頂点と言ってよいくらいの人物で有り、これに匹敵するのはティツィアーノくらいであろうと思いますが、しかし、単行本となっている本を探そうとすると、日本語の本は選択肢はそんなにないです。画集とかはけっこうありますが、文字中心の単行本というのは少ないと言えるでしょう。ルーベンスが外交官として国際的に活躍したという話は有名ですが、実際にどんな目的で、どのように活動していたかが、とてもよくわかります。またルーベンスの作品は同時代のベラスケスなどと比べると絵の中に非常に多くの象徴的モチーフがちりばめられており、それにはひとつひとつちゃんと意味があるわけですが、その点についてしっかり解説してありまして、とても勉強になりました。しかしながら、ヨーロッパの地理や歴史についてある程度詳しくないとちょっと難しいっすね。

林佳世子(著)『興亡の世界史 オスマン帝国500年の平和』
今までヨーロッパ史について読んでいるときにオスマン帝国は頻繁に登場していたけれども、ついついヨーロッパ視点で見てしまう、というか、ハプスブルク視点で見てしまう、あるいはウィーン視点で、あるいはカール5世目線で見てしまっているという感じであり、それでいて、よく考えてみるとオスマン帝国とはいったい何だったのか、よく知らなかったということもあり読んでみましたが、とても勉強になりました。勉強になったというか、これはオスマン帝国の経緯を知っていないと近現代史でわからないことが多々ありそうな気もしたので、これは是非とも読んでおきたい本であるといえるでしょう。オスマンっていうと、トルコって気がしてならなかったのですが、歴史上概ねバルカン中心みたいな感じなんですね。

森三樹三郎(著)『中国思想史(上)』
中国思想史の入門書。上巻は春秋戦国時代の思想家を中心に扱っておりますが、たいへん読みやすく書かれており、一気読みしてしました。1978年出版の本ですが、この時代の入門書というと、とても入門とは名乗れないような小難しい文章で書かれてしまうのが常だったものですが、なんか現代の本よりずっと読みやすいし、この紙数にまとめたこと自体もすごいと言えるのではないかと。戦国時代の諸子百家と言われるように、この時代に世界史上でも著名な人物が大量に出現するのだけれども、なんでそうなったのかがわかったような気が。というわけで下巻も注文しました。それとふと思い出したのですが、横山光輝の大作『史記』を途中で放置してしまっていたので、読み返さねば、というのも久々に思い出したところです。ところで、中国語は習ったことがないので、あまり詳しいことはわからないのですが、高校で漢文を習ったときの印象だと、なんかこう、この言語で何か難しいこと(哲学など)を語るのは難しいんじゃないだろうかと思っていましたが、はっきりそう書いてあってすっきりしました。

大高保二郎(著)『ベラスケス 宮廷のなかの革命者』
前出のルーベンスの本を読んだら、自然とベラスケスについても読みたくなりますが、比較的新しい本を選んで読んでみましたが、これもとても良かったです。象徴的モチーフ満載のルーベンスと比べたら、現代人にも共感しやすいかと思われる分、前出のルーベンス本より読みやすいところもあるので、どっちが先かと言えば、こちらを先に読む方が優しいとは思います。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:02 AM | comments (0) | trackback (0) |
トヨタラクティス 5年目車検
ディーラーで5年目の車検を済ませました。法定費用と24ヶ月メンテナンスパック込で13万円。メンテパックに含まれるような通常の交換品意外で必要だったのは、今回は主なものはブレーキパッドだけ。これはまぁ交換せねばならんだろうと思っていたので、出費は予想の範囲内で済みました。ボディのコーティングとかも見積りで提案されたりするわけですが、全部カットしてもらいました。タイヤなどはディーラーで買わずにイエローハットなどを利用していますが、車検をどうするかはちょっと迷うところです。カー用品店の車検の方がずっと安く済みそうですが。でも、車検の点検や部品交換費用にそんなに不満はないというか、安全性に関わるところなので、惜しんではいけないような気もするのですが、法定費用のうちの重量税だけはいつも納得いないところです。この前自動車税払ったばかりだというのに。自動車は税金だらけであり、何重課税なんだろうかというところです。それはともかく、ディーラーで車検を受ける限りではメンテパックを使わないとあまりお得でない見積りとなるというか、メンテパック無しと変わらない値段の見積りとなるのですが、6ヶ月毎の点検というメンテパックが果たして要るのかどうか。いや、今現在は車に乗りまくっている毎日なので点検するに越したことはないけれども、ラクティスクラスの車で半年毎にオイル交換ってのもどうかなぁという気もしないでもない。車検の見積りは携帯電話の契約並に難しくてよくわからない。固定電話とか光回線とかプロバイダもよく調べようとするとキリがないので、とりあえず手続きが済んでくれればもういいやってなるところがなんとも。

| 家電・パソコン | 09:50 PM | comments (0) | trackback (0) |
100分de名著の『薔薇の名前』
NHKの100分de名著という番組でウンベルト・エーコの『薔薇の名前』が取り上げられておりますが、そのおかげで鳥越さんと私で収録した動画もちょっとだけアクセスが増えております(アクセス数は増えたものの、たぶん最後まで見てくれてる人はほとんど居ないと思いますが)。

100分de名著の方は、荒筋を丁寧に紹介しておりますが、我々の動画においては材料とか技法について話しているので、よかったら補足的にな感じでご覧頂ければと思います。鳥越さんが作成した、薔薇の名前設定年代前後の美術作品と絵画技法書の年表などなかなか参考になるかと思います。そして、画材と技法だけではなく、ストーリィの理解の根幹に関わりそうなものとして、アリストテレスと十二世紀ルネサンスについてついても詳しく話をしておりましたが、100分de名著の方では最終回あたりでアリストテレスについて触れられる模様です。

さて、同様にBSかどこかで、映画『華麗なる激情』が放送さらたらしく、フレスコ技法について語る動画で件の映画を紹介した回のアクセス数がちょっとだけ増えていました。

残念ながら、フレスコ技法について語り続けた他の動画の再生数は延びていない模様ですが。

| 映画 | 09:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
動画:バロックの音楽と絵画 その2
バロック芸術について考える動画シリーズの新作です。鳥越さんとバロック音楽について話しているというか、私が一方的に語っているのに相づちをうってくれてくれている的な感じになってしまったのは申し訳ないところではありますが。

バロック絵画といえば、なんと言ってもフェルメールをはじめとするオランダ風俗画が人気ですが、バロックという現象を考えると、ルーベンス等の主にカトリック陣営側で活躍した画家の方が歴史上の影響という意味では圧倒的であり、バロックという時代の傾向を考えると、どう考えてもバロック絵画なのは後者なのですが、オランダ風俗画と比べると現代人には理解しがたいところもあるのは致し方ないとこかと思います。音楽も同様で、バロック音楽と言えばなんと言ってもバッハが有名であり、たぶん現代人の知っているバロックの曲の大半を占めているのではないかとも思われますが、バッハはバロックの終り頃が活躍期であり、バロック音楽を体現しているかという点ではどうか、というところもあります。よくバロック音楽の集大成などとも言われますが、それもちょっと違うんじゃないというような気もします。私もバッハはとても好きでよく聴きますが、それはそれと別にして。というわけで、バロックという時代を考えたうえで、バロック音楽を楽しもうと思ったら、もっといろいろあるのではないかということで、動画にしてみました。いろいろ知っていると思っていたことでも、実は自分の理解できそうな範囲でしか見ていないのではないか。現代の目からぱっと見た感じでは、バロックと言えばバッハと言ってもいいくらいな巨大な存在がいるようでいて、しかし、実はもっと規模的にも歴史的にも国際的にもちょっと考えられないくらいの存在がいっぱい居たのだという面白さもあるのではないか。と、考えて鑑賞してゆくと、非常に広大な世界が広がっているという感じになって面白いのではないか。というふうな意味での動画です。なお、その流れでいつの間にかベラスケスの話になっています。

| 音楽 | 11:57 PM | comments (1) | trackback (0) |
動画:バロックの音楽と絵画 その1
事業用に使用していたフレッツ光の解約工事がやっと済み、使用していた番号は個人用の回線の追加番号にしました。久々にボイスワープの設定を行なう。仕事をするときに固定電話の番号がないと格好悪いような気がして、固定電話番号から携帯電話に転送しているのだけれども、追加番号の料金とかボイスワープの料金とか、それから転送の通話料も二重に発生しているという、無駄意外の何でもないけれども、今しばらくは仕方ないということで。レンタルだった光回線のルータを返却し、旧プロバイダを解約。それから、メインのクレジットカードを変更することにしたので、ニコニコ動画とか、レンタルサーバーとかの支払い方法変更をしてまわる。数が多い。dアニメストアニコニコ支店の支払い方法を変えようと思ったら、一回解約しないといけないという。ダサ。月末に解約して月初めに登録してくださいとか。しかしdアニメストアのおかけで最近DVDをレンタルするということがほとんど無くなったので大変経済である。という具合に、各サービスの支払い方法変更方法を調べるだけでも手間であって、非常に疲れました。しかし、まだまだ山のように手続きせねばならないことが山積みであり、そしてそれを頑張っても、1円の儲けにもならないという。しかし、放置しておくと経費がかかるとうので、この機会に丁寧にやっておくことが大事でありますが、そんなことより最近、ルーベンス等について一所懸命読んでいるのですが、何か読む度に自分の未熟さというか、不勉強さを感じるというか、まだまだ読まねばならないなと思うのですが、バロック絵画について語るシリーズを公開しました。今回はバロック音楽についてブツブツ呟いています。

バロック芸術は、建築、絵画、彫刻、音楽その他諸々揃って展開する的なところがあるので、絵画や技法に絞らずに鑑賞した方がいいのではないか、ということで、本動画は音楽編になっています。

| 音楽 | 10:18 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: