チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD)聴了
この冬は積雪が半端なく、特に12月は大変でした。仙台市内で積雪があると渋滞が酷く、出勤と帰宅にそれぞれ2時間半、合計5時間も運転した日もありまして。天候がそれほど荒れてなくても、念のため1時間早く家を出るとか、そんな日が続くとそれなりに疲れるものです。雪道の運転は、なかなか緊張感があるので、緊張感による疲労みたいなものもあるのでしょう。特に酷い積雪があった日には、上り坂でスタックしかけて焦りました。我がラクティスはタイヤ径が大きいので、比較的そういうことがなかったのですが、油断はできないものです。一応、坂道で停止しないように、前方の車列の状況をよく見ながら進行していたのですが、前の車が一番嫌なところで何故かモタモタしていて、一番急なところで停車するはめになりまして。空回りしいる状態でアクセル吹かしても意味はないかと思ったのですが、勢いよく踏んだら登ってくれて助かりました。ちょっと横にハンドル切って、撫でられてない路面を探したのがよかったのかもしれません。仙台大衡線が延々と渋滞して全く進まないので、どうしたのかと思ったら、北山トンネルの手前の坂道でスタックしている軽ワゴンがおりまして、片側一車線になっていたということが、最後の方で解って、仙台市内で雪が降るとこうなるのかと思い知りました。仙台というのは実は坂道がけっこう多くて、積雪は滅多にないけど、いざ雪が降ると、なかなか大変な土地なのだなと思いました。坂がないようなルートを行こうかな、とか考えましたが、坂のないルートなど仙台にはまず無いのですな。

さて、車載オーディオにて大量に買ったCDなど聴いていたりするわけですが、昨年夏に購入したセルジウ・チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD)をようやく聴き終えました。49枚とは言え、片道1時間の通勤だとわりとすぐに聴き終えてしまうのものなのですが、今回は半年くらいかかったようです。やはりブルックナーは素晴らしく何度も繰り返し聴いてしまうので、完遂までに時間がかかりました。もっとも、実はチェリビダッケのブルックナーは既にCDを持っていたりするのも多いのですが、しかし改めてじっくり聴いてみるとやはりいいものです。交響曲第4番は他を寄せ付けない圧巻の演奏だと思いますが、改めて凄いなと関心しました。何しろ第4番なのに79分もかかっており、第8番並の大作となってしまっております。第8番などは第1楽章ですら非常に壮大な演奏であり、第1楽章についておいてこれを超えるものはないでありましょう。チャイコフスキー交響曲第4番もよかったです。この曲、騒々しいような気がしてあまり好んで聴いてなかったのですが、チェリビダッケの演奏ではとても味わい深い厚みのある曲となっております。なお、第5番に関してはチェリビダッケのCDは元々いつも聴いている気に入った録音です。それからショスタコーヴィチの交響曲第9番がなかなかでした。こんな魅力的な曲だったのかと関心しました。ショスタコーヴィチをもっと聴きたい、と思わせるものがありまして、今いろいろ調べているところです。他にはボーナスCDとして他の楽団との演奏で、プロコフィエフの交響曲第1番「古典的」っていうのがあったのですが、プロコフィエフの交響曲って何を聴いてもあまりピンとこなかったのですが、これはなかなかよろしい感触があったので、これを切欠に改めていろいろ聞き直したいところです。というわけでこのBOXも聴き終えたので、次のものとしては、ショスタコーヴィチの交響曲全集を買ってみました。今まで全曲というのは聴いたことがなかったので。全集としては有名なヤンソンスのものを選んでみました。

それにしても、我がラクティスはこの前買ったような気がしてましたが、走行距離8万キロに達しておりました。寿命の折り返し点を過ぎてしまったのだなぁとしみじみ思っております。内装を弄ってみたり、遠くに出かけてみたりということもあまりないので、車を楽しんでいないとは思うのですが、日々の通勤時間が長いので、休日とかはそのようなことを考えたりとかする気分になれないのですが、その辺はまるで人間の一生のような気がして切ないところです。でもまぁ、極めて役立っているというのは確かです。

| 音楽 | 12:14 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1594

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: