岩波書店『新約聖書1 マルコによる福音書・マタイによる福音書」読了
聖書をしっかり読んでみると、西洋絵画の各場面の感動がより深いものになります。あるいは絵画を見ているから聖書も感動的に読めるところもあるかもしれませんが、まぁ、両方が相互作用するのでありましょう。美術鑑賞のうえで、聖書を読んでおくべきかどうか、というのはなかなか悩ましい問題です。興味があるならば、読んでおいた方が断然よろしいでしょう。画集の解説文などを読むだけでは、その美術品から入ってくる情報量は圧倒的に少ないといえます。対象となる美術品が作られた時代でも異なるでしょう。例えば中世の修道院内で作られる写本装飾画ならば、相応の読み解く知識がなければ、ほぼ素通りしてしまうであろうと言えますし、バロック期の大衆に訴える劇的な大作ならば、あまり知らなくても、そこから内容に関心を持つような意図であったと考えれば、それもまたありでしょう。キリスト教徒ですら聖書を全て読んでいるとは限らないのですが、そもそも聖書がラテン語で聖職者だけが読めた時代も長く、その為に図像があったと考えれば、まぁ、知らない状態で、解説を聞きながら見るというのも、それはそれでいいですし。それにしても、解説などを読みつつ精読してみると、マルコ、マタイ、ルカの違いはたいへん興味深いもので、どうしても、それぞれの違いを確認しなくてはいけないような気になってしまって、なかなか先に進まないというところもあります。重複するエピソードの箇所でも微妙な違いで考えたが違うのだというところが多々あって、このようにスタンスの異なる福音書が併存しているというのは、なんとも面白いことであり、それについて考えているだけで、時間が吸い取られてゆく感じあります。さらに新約聖書を読んでいると、旧約聖書からの引用(かなり自由な引用)が非常に多いので、旧約も精通していないとやはりわからぬことも多いと言えます。旧約を通して読んだことがあるという人はどれくらいいるでありましょうか。私が目を通した旧約は、ずいぶん前に読んだ講談社「聖書の世界(旧約/新約)」全6巻なわけですが、記憶が曖昧になってきていると言いますか、そもそもその頃は内容を理解できず、記憶に留めるのも難しかったし、そもそも敷衍訳だったと思うので、改めて読み直したいところであります。聖書意外にもウォラギネの黄金伝説とか、読まねばならぬものをあげると切りがありませんが、とりあえず、聖書は基本であろうか。西洋絵画のギリシア・ローマ神話の部分は、ホメロス(またはウェルギリウス)を読んでいるかで面白さというか、親近感的なものがだいぶ違うような気がしますし、キリスト教絵画についてはやはり聖書は大事といいますか、聖書との相互作用的な感動作であるのではないかと考えているところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:42 PM | comments (0) | trackback (0) |
加藤隆(著)歴史の中の『新約聖書』読了
加藤隆(著)歴史の中の『新約聖書』読了。ずいぶん前に同著者の「『新約聖書』の誕生」を読んでたいへん勉強になった覚えがありますが、たぶん、それよりも易しい言葉書かれてあります。と言っても、ベースとなる基礎知識がないと、意味不明であることには変わりはないと思いますが、幸い今の私には丁度いい感じで有り、たいへん楽しく読み通しました。さらにその勢いで、レザー・アスラン(著)『イエス・キリストは実在したのか?』も読んでみました。この本のタイトル(邦題)はけっこう挑発的ですが、内容は実在のナザレのイエスについて真剣に迫ってゆく内容であり、邦題が売上を考えてのことかと思いますが、原著の意図をゆがめているようなところがあります。しかし本文の訳はとてもいいと思います。かなり強烈なインパクトがあり、それ以前に読んだ聖書関連の本の内容をうっかり忘れてしまいそうになる程です。福音書の中のあまり意味を感じられずに流して読んでしまっていた箇所に、このような意味が隠されていたのか、というような驚きの連続でありました。

他にもどっさり関連文献を購入してしまったのですが、買いすぎたせいか、同時に並行して読んでしまっていて、どれがどの本だかちょっとややこしくて混乱しないでもないところですが、さまざまの初期キリスト教関連の本を読んでから、改めて福音書をマルコから読み始めておるのですが、ここまで面白いものだったのかと感心しております。実はルカ文書を読んでいたところなのですが、もはやマルコからしっかり読まねばならぬような気になって、マルコから挑んでいるわけですが、気がついたらもう4月であり、春休みも終わってしまうのですな。3月からずっと掃除というか、片付けをやっているのですが、ここ数日は45Lのゴミ袋に1日1袋くらいのゴミを出して処分してるペースなのだけれども、不思議なことに部屋がまるで片付いておりません。でも、奥の方からいろいろ引っ張り出して処分しているからであって、間もなく急にすっきりした感じになるのではないだろうかと思っているのですが、途中で挫折すると散らかしただけになってしまうので、なんとかせねばなりません。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:29 AM | comments (0) | trackback (0) |
『新約聖書IV パウロ書簡』(岩波書店)読了
『新約聖書IV パウロ書簡』(岩波書店)を読み終えました。聖書は4つの福音書の内容が広く知れ渡っているメインコンテンツと思っておりましたが、パウロ書簡なくして世界宗教たるキリスト教はないのではないかと思われるほど大事であるようなところをちょっと垣間見た感じであります。さて、本書に収録されているのは聖書中の書簡文書の中でもパウロの真筆とされるもので、他には擬似パウロ書簡、公同書簡がありそれらも追々と目を通したくありますが、その前にルカ文書へと移行したいと思います。ルカ文書は使徒伝と、ルカ福音書であります。いずれも西洋美術鑑賞においては必須ですので、しっかり目を通さねばならぬところであります。西洋美術鑑賞という意味において、書簡文書類を通読することがどのくらい重要なのかはまだ私には未知数なのですが、使徒伝と福音書は間違いなく大事でありましょう。さらに、同じく美術鑑賞において、ヨハネの黙示録も重要なわけですが、今まで真剣な注意を払ってきていなかったので、一度ここでしっかり熟読しておかねばと思いまして、訳書や解説書を集めているのですが、とりあえずは『みんなの聖書・マンガシリーズ6 新約聖書III 黙示録(レヴェレイション) 心開かれし者の記』というのを読んでみました。これはとてもよかったです。漫画も良かったのですが、末尾にまとめもありまして、その辺も非常に親切であります。新約聖書に関して現在はそのような過程でありますが、一方、旧約聖書の方では、モーセ五書とヨブ記くらいしか読んでいないので、こちらもこの機会に知識の抜け部分を補ってゆきたいと思って、ガイドとなるような本はないかと今日も図書館を探してきました。

仏教系では仏教コミックスシリーズを図書館から借りて読んでおりましたが、毎回貸出上限である5冊借りて読むわけですが、今回は『おシャカさまの弟子たち3 おシャカ様の母と妻』『文殊菩薩 知恵のほとけ』『栄西の生涯』『ガンダーラ物語』の五冊を通読。内容はタイトルのごとくでありますが、いずれも大変勉強になりましたが、特に『ガンダーラ物語』が面白かったです。インドを中心に古代世界史をめまぐるしく概観するような内容で、世界史好きにはなかなかのインパクトでした。しかしながら、小乗仏教者が出てくるんですが、自らを「わたしは小乗仏教を信奉する者です」と名乗るとか、さすがにそれはどうかと思いましたが、まぁそのような細かい点を気にして読むような本ではないのでしょう。仏教コミックスシリーズのほとんどは30分くらいで読めてしまうのですが、私はなんと律義に2回読んでおります。108巻もあるわけですが、内容が重複しているところも多々あるのですが、それは復習として役立つと考えてもいいかと思いますし、そもそも経典や説法など仏教ではそのような性質があると言えるような気がしてきています。仏教は経典の数、義疏の数、逸話やその他関連するあらゆる物事の数量が膨大で、それを知識する上で、頭の中でどう整理していったらいいのかわからぬところもありますが、動機としては仏教的ではありませんが、美術鑑賞という目的を明確にして探っていけば必要なことはある程度絞られてくるのではないかという気もしますが、それでも数量が膨大であります。なお、精神的には個人的に小乗仏教として扱われているものの方が共感するのですが。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
『みんなの聖書・マンガシリーズ 5 旧約聖書 III 預言者』読了
アウグスティヌスなどについての本をせっせと読んでおったところなのですが、どうしても聖書をよく読んでいないと理解に支障が出てくるのですが、聖書をしっかり読んでおかなければ、ここから先は進めないように痛烈に感じていて、ここにきて新旧約聖書を読み直しているところです。このまま放置しているとアウグスティヌス云々を別としても、理解できない事柄多々発生してきますので、一通り読んでおかねばならぬなと以前から思ってはいたのですが。

新訳聖書は一般的な日本人でも福音書の概ねの内容は様々の媒体を通して親しんでいることと思いますが、その他文書、書簡、使徒伝、黙示録などを含めると、その全体像の把握があやふやであろうかと。特に書簡というのはわかりづらいかと思われます。実は書簡こそが非常に重要といいますが、もしかしたら書簡がメインコンテンツなのかもしれぬのです。というわけで新訳聖書翻訳委員会(著)『新約聖書〈4〉パウロ書簡』,岩波書店,1996を購入。普通の聖書の他に、学術的な翻訳等、探せば自宅に何冊かありそうですが、訳文の学術性、訳注および解説の豊富そうな本書を買って読みはじめております。実際、読んでみるとなかなかすごいですな。時系列的には福音書の完成よりも前となるでしょうから、まさにキリスト教が形成されていく場面に立ち会っているかのような臨場感があります。なお、これを読むに先立って青野太潮(著)『パウロ 十字架の使徒』(岩波新書)を軽く再読しておきました。3年ほど前に読んだ本でしたが、早くも内容をすっかり忘れておりました。元々頭に入っていなかったのかもしれません。啓蒙書と考えるとやはりこの本はやや難易度が高いと思われます。様々の古代末期の思想についての本を読んでいないとわからぬのではないか。しかし今回再読したらとても面白かったので、3年前よりはちょっと追いつけそうな感じにはなっているのかもしれません。その他に同じく新訳聖書翻訳委員会(著)『新約聖書〈2〉ルカ文書 ルカによる福音書 使徒行伝』も買っております。聖書についていろいろ読んでいたら、ルカ文書に興味がわいてきまして。なお、その他の文書に関しては、これ以上買うと、経済的にちょっと出費が痛いので、自宅にあるものを探して読むに留めたい気もしています。物置用本棚を完成したので、書物をせっせと移動して部屋を整理しているのですが、けっこういろいろ見つかってきます。

旧約の方については、モーセ五書、新約の福音書についての知識はある程度あるものの、聖典とされている様々の文書まではまるで把握していなので、その辺の自分として抜けている点を補ってゆきたいと考えております。旧約の方は概ね歴史書的側面があって、歴史好きには比較的把握しやすいところもありますが、預言者の名前をしっかり覚えるといいますか、印象づけて記憶に留めたいということもあり、『みんなの聖書・マンガシリーズ 5 旧約聖書 III 預言者』という漫画化されたものを読みましたが、けっこう良かったです。ただし、これは漫画が悪いわけではありませんが、各予言者の物語には同じことの繰り返し的なところがどうしてもありまして、差別化して記憶に留めるにはさらに様々な方法で勉強を続けねばなりません。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 09:24 PM | comments (0) | trackback (0) |
松田禎二(著)『アウグスティヌス:その生涯と思想』読了
自分としては古代末期のキリスト教思想家について学習不足であると常々思っていたので、この春休みを活用して読んでいこうと思っているのですが、四大ラテン教父、アンブロジウス、ヒエロニムス、アウグスティヌス、グレゴリウス1世のうち、アウグスティヌスについて論じられた本はけっこう多いのだけれども、他の3教父については本がなかなか見つからないので難航しております。アンブロジウスに関しては、塩野七生(著)『ローマ人の物語 キリストの勝利』で読んだくらいなのですが、実は日本語で書かれた本は検索してもこれくらいしか出てこないのであります。啓蒙書的に考えるとなかなかの良書だと思うのですが。ヒエロニムスについてなら、それよりはたくさんありそうに思ったのですが、意外と見つからない。それに比べるとアウグスティヌスの本は選択肢がけっこうあるくらいには出版されおりまして、やはり『告白』『神の国』という代表作のおかげでありましょう。いくつか選択肢があるので、図書館で下見をして吟味した結果、学習目的で適していると判断した松田禎二(著)『アウグスティヌス:その生涯と思想』行路社,1993、及び、金子晴男(編)『アウグスティヌスを学ぶ人のために』世界思想社,1993年を入手しました。内容の充実度というよりは、今の自分に適切かな、という基準で選んだわけですが、まずは前者の松田禎二(著)『アウグスティヌス:その生涯と思想』を読んでみましたが、この本を選んで正解であったといえるでしょう。大変勉強になりました。学習目的という意味では最適な一冊ではないでしょうか。なお、古代末期において個人的に前から気になっていたのは、プラトンおよび新プラトン主義とキリスト教の結びつきでありまして、どうゆう経過で、そして何故あれほど親和性があったのか、前から気になっていたのですが、アウグスティヌスを知ることでわかってきそうな感じがしております。

そして他の古代末期キリスト教思想家についてですが、やはりここはウォラギネの黄金伝説日本語訳全四巻を通読せねばなるであろうと思うところです。昔、読もうとしたときは、さっぱりわからなかったけれども、今ならその価値が理解できるような。目次を見ただけもテンションあがるような感じになってきているので、読みたいところです。それにしてもここ半年ほど肩痛になやまされておりまして、本を読むのもシンドイところなのです。湿布とバファリンで凌いでおりますが、今までは痛み止め飲み過ぎて、耐性ができて効かなくなると嫌だなと思ってほぼ使ってなかったけれども、今後はどんどん使って方向でいきたいと思います。今後こそ使うときかもしれぬ。ドーピングでなんとかパワーを出してゆかねばなるまい的な。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:05 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: