オリーブを収穫
数年前から育てているオリーブですが今年は随分実がなりました。
オリーブ
↑は9月に撮った写真です。

で、ふと気が付いたら、実が萎び始めていたので、急いで収穫しました。
オリーブ
なんというか、いろいろ心配事も多くてオリーブ収穫しようなんて思ったりしなうちに干からび始めてしまうとは。まぁ、たぶん水をやってなかったからかと思いますが。

というわけで、もぎ取って篭に入れましたが、今年はこのくらい採れました。
オリーブ
実がなるように違う品種を2本植えていたので、二つに分けているのですが、今となっては違いはよくわかりません。

もともとオリーブを植えた切っ掛けは、搾油してみたいという動機があったからですが、今はべつにそんなことどうでもいいなぁという気がしているのですが、当時はかなり気になっていたわけです。オリーブ油は乾性油ではありませんから、油彩画には使いませんが、植物から油を採るという工程自体に興味があって。普通種子から絞るわけですが、オリーブは果実から搾油するのです。きっと種子からの搾油よりも、ずっと楽に油脂が手に入るに違いと。楽にそして大量に手に入ったのではないかと。そして、古代ギリシャ・ローマ文明の発達の原動力はオリーブから油脂を手に入れることができたからではないか、というオリーブ説を実証する為でもありました。というのは嘘ですが。でもよく栄養源としてそのような話がされることがありますが、油脂の用途は幅広く、工業などの生産性にも影響するんじゃなかろうかとも思うし、ギリシャとか農業に不向きそうなところに文明ができるってのはオリーブかブドウ(ワイン)があってこそかとも思うのですが、それはともかく、今回はまだ大した量でもないし、実を食べる方向で試してみたいと思います。

というわけであく抜きを試みる。
オリーブ
オリーブの実が非常に苦いので、苦いもの好きでもちょっと食えない感じなので、あく抜きせねばなりません。本で読んだところだと、苛性ソーダでのあく抜きを紹介していましたが、これはけっこう手に入り難いし、食べ物に使いたくないので、重曹を使うことにします。という件はネット上にもいっぱい書かれているので、詳しくはそちらをご参照ください。果たして、食べられるものになるだろうか。ちなみに重曹だとあく抜きに1ヶ月かかるそうです。

| 家庭園芸 | 11:14 PM | comments (0) | trackback (0) |
アワ(粟)に穂がついていた
プランターにアワ(粟)の苗を植えていたのですが、穂が付いておりました。
アワ(粟)

アワ(粟)

これって脱穀するの面倒だったりするのかな、と思ったんですが、
アワ(粟)
指で軽く揉んだら、プツプツと中身が出てきました。これは、こんなんあったら、普通に食べますわな。

ちなみに、雑穀は米に比べて食味が劣ると言われていたりしますが、かつてアワだけ炊いて食べたときは、たいへん美味でした。
その件は以下をご参照ください。
■キビ、アワ、ヒエを炊いて食してみた
http://www.cad-red.com/blog/jpn/index.php?e=1246


| 家庭園芸 | 12:28 AM | comments (0) | trackback (0) |
ポプラが伸びたので剪定しました
昨年も書いたような気がしますが、ポプラの木の茂り方がものすごいです。
ポプラ
春に枝をばっさり切っておいたのに、気が付くとボウボウになっていました。

邪魔なので、剪定します。
ポプラ
というか、もう切れるだけ切ってしまうことにして、結果、このようなマッチ棒みたいな姿に。

オークの方は、今のところ伸びるに任せています。自宅の庭の中央に植えていることもあって、近所迷惑にもなっていませんし。
オーク
非常に美しい。

キビのようなものが生えていました。
キビ
以前、ペットリーフ用の苗を植えていたものですが、枯れたと思っていたんですが、伸びてました。
雑穀のひとつ、きび団子のキビ、だと思います。たぶん。

| 家庭園芸 | 01:05 AM | comments (0) | trackback (0) |
オリーブの実がいっぱいなっている件
鉢植えしていたオリーブですが、山のように実がついております。
オリーブ

昨年は、数個の実が採れただけでしたが、今年はついに量産体制に入ってきそうなくらいにびっしりとついています。鉢植えなので、実自体にはそんな期待していなかったのですが・・。でも、一応、実が付きやすいように、違う品種を2本並べておいてはいたわけですが。東北では冬が越せるがギリギリラインなので、鉢植えにして、霜が降りる期間は軒下に移動させております。

植物油というものは、ふつうは種子を絞って搾油するのですが、オリーブに関しては果実を搾って得られるというので、その点がちょっと興味あります。乾性油ではないので、油彩画には使えませんが。

その他の果実についてですが、ブドウは例年どおりです。
ぶどう

| 家庭園芸 | 11:50 PM | comments (0) | trackback (0) |
ホップを食べてみる
ホップ
庭にホップを植えていましたが、たくさん実がなっているので、天ぷらにしてました。
ホップ
ビールの風味付けに使われるホップですが、確かにビールみたいな味がします。

ウィキペディアによると「毬花はビールの原料の一つで、苦味、香り、泡に重要であり、また雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがある」ということなので、ホップがあってこそのビールですね。ただし、シューメル人から始まるビールの歴史では、ホップを使い始めたのはそれほど古いことでないそうで。この前購入した『聖ヒルデガルドの医学と自然学』には「・・・ホップの苦みは飲料を損なう物質を抑制するので、添加すると飲料を長持ちさせる・・」と書かれてありましたが、軽く検索した感じだと、ビールへのホップ添加について述べた最初の人物の可能性もあり、だとすると個人的に私の中で聖ヒルデガルド(1098 - 1179)の評価が非常に高まる可能性もあります。ASAHIのwebサイトでは、「ホップを初めてビールに添加したのは、12世紀にライン河畔にあったルプレヒトベルグ女子修道院のヒルデガルディス院長と言われています」と書かれてありますが、これは聖ヒルデガルトのことなんでしょうか。聖ヒルデガルト、一冊読んでもういいやと思っていましたが、もうちょっといろいろ読んでみなければと思い直しました。中世にありがちなただの神秘家だと思っていましたが、ビールにホップを使い始めたとなったら、人類への貢献度においては、名だたる中世神学者を追い抜いて、中世最高の博士と評してもよろしいかと思います。

| 家庭園芸 | 11:18 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: