ルーベンスについて語るシリーズ第1弾を公開しました。

ルーベンスの生涯の生涯を辿りながら、ルーベンスの作品等について語ってゆきたいと思います。やがては技法材料にも触れてゆきたいですが、もっと広く、バロック芸術とは何かという点についても触れていきたいかと。前振りとして聖イグナティウス・ロヨラの奇跡という、あまり言及されることのない作品を冒頭に挙げましたが、ロヨラという人物についても後々に詳しく触れたいです。次回はマントヴァ繋がりで、モンテヴェルディも再登場する予定。そんな具合でバロックの誕生に立ち会うような感じの演出ができればと思います。というわけで、たいへん寄り道の多い動画になるかと思います。それと美術史は専門では無いので、至らぬところも多々あるかもしれませんが、動画のコメント欄にでもご指摘頂ければ幸いです。

今回の動画絡みでは、オラニエ公ウィレムについて何か読んでみたいと思ったわけですが、唯一見つかった『オラニエ公ウィレム オランダ独立の父』、こちらは廃版の模様で、amazonにて高騰中で3万円以上しているのが、なんとなく気になっているところです。手に入らないと無性に読みたくなってきます。バロック繋がりで、『トレント公会議:その歴史への手引き』という本も目を通したいのですが、県内で所蔵している図書館があったものの、残念ながら私の立場では閲覧できそうにないところです。洋書も何かないかと思って見てみました、結局高くて買えない感じです。日本語で出版されているルーベンスに関するもので、ふつうに購入できるものは概ね目を通しましたが、絵画の主題などについては詳しいものの、技法に関してはほぼ洋書頼りになりそうなので、読み返したり入手したりとか順次やっていきたいかと思います。動画撮ってもほとんど再生数伸びませんが、自分の勉強になればいいかなという感じには思っているのわけですが、聞き役の鳥越さんは夜の12時にスカイプ経由で私の語りを聞いてもらったわけで、なかなか大変なことです。なお、私はただ語っているだけでして、動画を編集・公開してくださっているのは画家鳥越一穂氏です。毎度お疲れ様です。

| その他 | 10:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
国立西洋美術館「ルーベンス展-バロックの誕生」を観る
5時に起床、車で八乙女駅まで、地下鉄で仙台まで、新幹線で上野へ。なんと、ほとんど何も持たず、手ぶらで。普段来ているスーツに、ポケットに文庫本だけ入れて出かけたわけですが、スマホの性能が上がって、複数のデバイスを持ち歩かなくてよくなったというのもあります。上野に着いてから国立西洋美術館「ルーベンス展-バロックの誕生」を観る。あまり下調べしていなかったのだけれども、ルーベンスのイタリア時代を中心にした展示でした。実は最近、ルーベンスについて語るという動画を鳥越さんと収録しているのですが、現在はイタリアでルーベンスの行動についてあれこれ話すというのを収録したところなので、個人的にタイムリーでした。まぁ、例によって全くと言ってよいほど再生数が延びませんが。このようなケースで取り上げられる、ルーベンスがラオコーン像をデッサンしたものがあるのですが、その現物を見るとことができて、なんだかんだでそれが最も印象的でした。せっかく東京に来たので、他にも何か観ようと思って、芸大美術館の「木島隆康 退任記念展 ―修復の手―」を観てみました。個人的にはテンペラ模写の展示が勉強になりました。特に金地は大変美しく磨かれており、覗き込んだら自分が映り込んでいました。東京国立博物館へゆき、常設展示を見て過ごすことに。まずは近年新年の時期に展示されている長谷川等伯の松林図屏風を観つつ、本館をいろいろ廻った後に、なんとなく東洋館にしばらく居たのですが、ここはいかにも博物館と言った感じで好きなのですが、思わず書籍を何点か買ってしまい、荷物が増えました。それから国立西洋美術館の常設に行って閉館まで居てたのですが、版画展示室では『ローマの景観―そのイメージとメディアの変遷』という展示をやっており、ピラーネジ作品が多数展示されていました。実際に現物を見ると、教科書で見るのとは違って大変迫力があり、これはヒットするわけだわ、と関心しました。それから新幹線で帰宅。電車内では『ビギナーズ・クラシックス日本の古典 伊勢物語』坂口由美子(編)を読んでたのですが、これすっきりしていてとてもいいですね。思わず同シリーズをいくつか注文してしまいました。

| その他 | 06:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
あけましておめでとうございます
正月休みということで、映画をちょっと観たいなと思っていろいろ借りてみました。まだ、大掃除が終わってないし、昨年の仕事も残ったままで、なかなか再生するまでが億劫ですが、しかし、見始めれば面白いものです。
まずは、『ゴッホの最期の手紙』、これはなかなか面白かったです。映像がゴッホ風の絵画的なフィルター?をかけた感じで話題になった映画で、ストーリー的には面白いというほどではないのですが、映像を見ているといい気分になってきます。それから、映画じゃなくてドラマですが、海外ドラマの『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』のDVD第1巻を。ルネサンス期の教皇アレクサンデル6世とその息子チェーザレ、の物語だと思いますが、とりあえず、1巻を見た限りだと、たいへん素直な感じのストーリィ展開になっているので、ルネサンス史の勉強になるかもしれないと思いつつ、出てくる登場人物をネットでチェックしながら観ているところです。ファーストシーズンのDVD全部借りましたが観られるかどうか。そして、同じようなボルジア家のドラマでヨーロッパ制作のもあったので、そっちも観てたら終わらない感じです。それから、『セザンヌと過ごした時間』これは今見始めたところですが、印象主義時代の登場人物がいっぱい出てくるので、こちらも勉強となるかも的な感じしてきました。耳慣れた人物がほとんどですが、印象派の画家達を描いた映画は山ほどあるのですが、これはちょっと良さそうな感じがします。が、さわり部分を見ているだけですが。

それから本も山ほど買ってしまいましたが、主にルネサンスからバロックにかけての本ですが、ほとんど美術のことについて本ではなくて歴史系みたいなものばかりですが、ルネサンス美術の本というのは、その時代のかなり一面的なことしか論じられてないような気がするというか、一昔前の中世から人類が解放された華々しい時代のような価値観がまだ残っているようなところが無きにしもという気がして不信感があるわけですが、それから、当時の人が書いた本を直接読みたいというのもあって、そんな感じの本を買っていたら、思っていたよりだいぶ散財してしまったところです。従来のルネサンス感みたいなものがなんとなくあまり好きでなかったというところもあって、実はルネサンス美術自体がちょっと好きでなかったところがあったのですが、最近、自分の中で非常に面白くなってきているので、どうしても読まずには居られません。

| その他 | 12:21 AM | comments (0) | trackback (0) |
法人の解散
株式会社の代表取締役を10年程やっていたのですが、昨日臨時株主総会で解散を決議しました。小規模ですが仮にも株式会社なので1年ほどの間、取締役会と総会を繰り返して決議に至ったのですが、なかなか大変でしたが、最後の解散の臨時総会自体は4分で終わりました。まだ決議しただけで、これから登記して、決算して、公示して、清算作業に入るわけでまだ気を抜けませんが、いずれにしてもこれで正式に肩書きが無くなりました。プー太郎というわけではありませんが、半プーぐらいですかね。1人で継続できる業務はとりあえずは「松川デザイン事務所」という名称で個人事業として継続して、講師の仕事は来るものは出来るだけ断らずに続けたいと。

というわけで、ちょっと前から社会保険からは脱退して国民年金、国民健康保険に切替えたのですが、その他にもなんだか膨大な手続き等があって切りがない感じであり、その作業量がなんなんだろうという感じなのですが、この機にいろいろ整理したいことがあります。大手生命保険が高すぎるので県民共済へ移行してゆきたいとか思って県民共済に成人病的な特約申込みました。有効になるのは90日後らしいので、大手生命保険を解約できるのはその後になりますが。銀行との付合いも無くなるので、年会費の1万円のゴールドカードは解約、Amazonのクラシックカードにしたら年会費かからないし、ポイントがどんどん貯まるしで、これはだいぶお得であった。積立の投資信託もうまくタイミングを見計らって終了したいところです。しかし、そのような細かい金額のことは些細なことであって、法人解散によって決算業務や会議などが必要なくなるという時間的な損失の軽減が何よりも重要であります。いや、まだ残務は残っているし、そもそも何かどうも腑に落ちないというか、気になることが多々あるのである。何か見落としがあるような。まぁ、心配したところで何か変わるわけではないのだけれど。

| その他 | 11:04 PM | comments (0) | trackback (0) |
経費削減の道について
目下、いろいろと経費削減の道を探っているというか、放っておくといつの間にか月額料金を払ってるはめになっているということが多々あって、たまにそれを改めなくてはならくなるのだけれども、今回はけっこう徹底して抜本的な対策をやっておきたいと思って励んでいるところです。まずは、これまでちょっとした事業をしてきていて、その回線の為に2階にBフレッツを、主に両親が居る1階にISDN回線を引いていたのだけれども、こちらを統一させることにしてみました。1階を光回線に替えて、事業用の番号をその追加番号にするということで統一をはかるという作業をば。というわけで1階の回線をギガなんとかというたいへん高速な光回線にしたんですが、そしたらなんとまぁ速いことか。Kindleとか購入しても、ダウンロードに時間がかかってて、Amazonのサーバーも大したことないと思ってたんですが、それがもうスルッとダウンロードされて、すぐ閲覧できるようになるので、これはかなり便利になりました。工事費とか月額料金とかもっとしっかり考えれば安くできたのですが、もう考えなければならないことが山ほどあって、とりあえず今はもう工事が済めばいい的な感じです。それから、いろいろ調べていると、事業用その他でクレジットカードとか、ETCカードとか申し込んでいたのが数件あったので、せっせと解約を申し込みました。事業用だと書類に記入しなくてはならないらしく、送られてきた用紙に記入して返信するなど、そこそこの手間がかかります。これまで払った年会費のことを考えると、もっと素早く行動していれば、2万円くらいは浮いてたような気もするけど、そのときはそのときでいろいろ考えとかあったのでしょう。そして、自分の個人用のカードも見直すことに。地銀の年会費が高いカードを使ってたんですが、これが非常に無駄でしたなぁ、かつては銀行から融資してもらっていたので、付き合いで契約したものだけれども、今はもう気を遣う理由もなくなったし。というわけでAmazonクラシックカードに申し込みました。年に1回Amazonで使用すれば年会費無料だそうな。なお、海外キャッシングを使えるように申し込んだので、ちょっと審査に日数がかかったんですが、なんとか届きました。なんとなくだけれども、人生どうしても駄目なくらいに行き詰まったら、せめてロマネスクの聖堂見て回って果てたいと思っているので、それで海外でお金を下ろす方法で一番手軽なのは海外キャッシングなので、そこを設定したカードは持っておきたいかなと。事業名をちょくちょく変えたせいで、メールアドレスの種類が増えたというか、ドメインが増えているのですが、それを整理したいと。まぁ、さくらインターネットのレンタルサーバーですから、大して費用はかかっていないのですが、頭の中が整理されない的なところがあって、しかし、クライアントに迷惑をかけないようにメアドを変更しないといけないので、これはこれで妙にいろいろ面倒です。もっともっとシンプルに、という具合で行動してゆかなければなりません。銀行の預金口座などもいつの間にかやたらと増えていて管理が煩雑になってきたので、これも減らしてスマートにいかなければ。ちなみに、以前、真っ先に解約せねばと思っていたAmazonのKindle Unlimited 読み放題月額980円ですが、これは回線が高速になったら、もうこんな便利なものはないので、これはちょっと解約できない。それから、dアニメストアに入会したのですが、これのおかげでDVDのレンタルというものをほとんどしなくなったので、これはかなりの節約になりました。対して年会費等がかかるわけでもないものに関しても解約してゆこうと思って手続きをせっせと行なっています。金がかからないとしても、管理するのに手間がかかるというか、頭の片隅入れて把握しておくというだけでも、なんらかのコスト的なものがかかっているかと思うわけで。断捨離という言葉があるのですが、あれにのせられて物や本など捨てまくってしまう人がたまに居ますが、あれはやり過ぎるのはよくない、というか、たぶんはまって居る人は精神面で何かを抱えているのではないか、とも思うのですが、しかし月額契約を解約してゆくという断捨離は推奨してゆきたいかと。

| その他 | 10:39 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: