最近買った物
最近買った物というより、更新した物と言った方がいいと思いますが、いろいろ古くなってきたものを続々と買換えました。

電気シェーバー
フィリップスのS5212/12を購入。ライバル製品と比較すると、フィリップスは深剃りでは劣るが肌には優しいそうである。3ヶ月ほど使ってみた感想など述べてみると、はじめは確かに深剃りがあまり得意ではない感じであり、それと剃るのにかかる時間が5割増しくらいに増えてるような気がして戸惑ったが、慣れてくると意外と深剃りもできるような感じである。まぁ、何はともあれ、深剃りよりは、肌を労るような方向でいきたいと思っているので、しばらくはこのフィリップスのシェーバーでさらっと剃って過ごしていきたいと思います。

スマートフォン
5年半前に購入したHTC J ISW13HTからシャープ AQUOS R SHV39 auに機種変。もっと頻繁に機種変した方がいいとは思うのですが、データの移行等いろいろ考えると面倒で。メールとか電話帳とかLINEとかいろいろありますから。AUには専用のデータ移行アプリがあるのですが、使ってみたら全然使えなかった。リストアで失敗するというレビューは多々見ましたが、バックアップすら上手くいかなかった。メールと電話帳にもちゃんと個々のバックアップ機能がついていたので、それで移行したのだが、電話帳は何故だか60件くらいしかバックアップされず、手動で登録しなおしたりして、ちょっと納得できなかったりもしたけれども、今後はそれを乗り越えつつ定期的な頻度で機種変してゆきたいと思っています。で、新機種ですが、当初はSHV40という格安機種にしようと思っていたのですが、通常使用でもレスポンスが遅いこともあるというレビューを多々見たので、結局AQUOS Rという、フラッグシップモデル的な高い方の機種にしたのだけれども、よくわからないのだけれども見積りしてみると、月々に払い料金はそんなに変わるという程でもないので、それなら快適な機種を使えて方がいいのか。その後2ヶ月ほど使ってみたのですが、何もかもが便利になりました。レスポンスめちゃめちゃ速いので快適であり、画面も大きくて見やすい。カメラが良い。一眼レフを手放せるほどではないけれども、とりあえず、コンデジはもう要らんというレベルです。特に屋外の写真撮影はもうこれでいいのではないかという感じです。室内で小物を撮るなどはどうしても粗が出てきますが。古墳歴訪などの旅はフットワークを重視して一眼レフを持たずに、というのもいいかもしれません。動画は4Kいけるそうで、気が付いたら4Kカメラも入手していました。液晶画面の解像度など、部分的に我がデスクトップマシンを凌駕している点が多々あるところが時の流れを感じところです。

スーツ2着購入。いつもは新年度前に毎年2着買っていたのですが、昨年は、それまで溜まっていたスーツを着潰そうと思って、買わずに乗り切りました。そして今年度は講師の仕事がどうも減るんじゃないかなと思っていたのですが、今年度も使って頂けるところがありましたので、スーツぐらいは新しいものでないといかんかなと思いまして、TAKAQに行って散々試着して2着購入しました。オーダーのスーツを買うような身分ではないのですが、いくつも試着してればそれなりに合ったものが見つかるもので。しかし個人的にはレギュラーフィットタイプが好きなのですが、いろいろ試着しているうちにうっかりスリムフィットを買ってしまった。店員が親切についててくれるとちょっと緊張してしまうところが無きにしも非ずである。しかも、一方は紺色に格子状の模様が入った変な柄のものを買ってしまったが、しかしたまに違ったものを買ってみるということはいいことかもしれない、とポジティヴに考えてみる。なお、2着ともウォッシャブルスーツなので、自宅の洗濯機で洗えるというのは重要なポイントである。


靴を選ぶというのはけっこう時間がかかるもので、服もそうなんですが、スティーブ・ジョブズ等は同じ服を大量に買って、そのようなことに時間を使わないようにしたとか、そんな話を読んだような記憶がありますが、服はまぁ仕方ないとしても靴は選ぶのを止めてしまおうと、数年前あたりから考えています。というわけで、現在はSTAR CREST メンズウォーキングシューズ(4E)という安いシューズを買って過ごしています。買ったばかりだと、そんなに安物というほどひどい見た目ではないし、歩きやすいです。歩くのが好きで靴は意外とすぐに駄目にしてしまうし、雨の日にぬかるみがあっても気にしないで踏み出したいとか、そんな気がしているので、履き心地がよければそれでいいという方針で。実店舗で買おうとすると必ずと言っていいほど自分のサイズのは品切れ中なので、最近はAmazonでポチッとする感じですが、廃盤にならないことを祈る。

扇風機
山善 30cmリビング扇風機 (リモコン)(風量3段階) タイマー付 ブラック YLR-C30(B)
部屋に白い家電が増えるのが嫌で、できるだけブラウン系かブラック系のものを買うようにしているのですが、そうすると選択肢がけっこう限られるのですが、こちらは値段も安くて物もそんなに悪くないと言えるでしょう。リモコン無し版はさらに千円安い。けど、リモコンはけっこう便利です。ただ、風力はもうちょっと弱いモードがあったらいいのにな、とは思います。

| その他 | 10:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
鳥越一穂氏より作品届く
画家鳥越一穂氏より作品が届きました。
鳥越一穂
さっそく拙宅の漆喰壁に飾りましたが、とても立派な作品です。昼見ても、夜見ても、照明を落として見ても、いい雰囲気です。

鳥越一穂
果実の色がとても美しい。そして葉っぱの描き方、というか処理の仕方がなんとも気持ちのいい感じがします。
至近距離で見ると後方のガラス容器や背景はかなり少ない手数で描かれているのがわかりますが、世間で話題になっている写実派と言われる画家の作品によく見るような写真のような細かさを指向するタイプとは異なると言えるでしょう。

鳥越一穂氏について詳細は下記を参照ください。
http://torigoeart.wixsite.com/medici

| その他 | 11:10 PM | comments (0) | trackback (0) |
『求道の画家 岸田劉生と椿貞雄』展(宮城県美術館)
『求道の画家 岸田劉生と椿貞雄』展(宮城県美術館)行ってきました。

岸田劉生
油彩画だけでもかなりの点数で、麗子像も著名なものが並んでおり、オーラ放ちまくりでありました。

岸田劉生
劉生作「古屋君の肖像」は人間の皮膚の生々しさどころか皮脂の滑りと臭いまでも感じさせる存在感。これは国立近代美術館で毎度見ておりますが、宮城県民はこの機会にご覧になっておくべきでありましょう。

劉生の自画像は多いけれども、「椿君に贈る自画像」は、黒い帽子の自画像と並んで良い出来だなと思います。
劉生
自画像を贈るという行為自体が生々しいと言えなくもないところですが。

岸田劉生は個人的に日本の洋画家の中では最も尊敬している人物なのですが、特に静物画には特別な関心があります。
岸田劉生
劉生の語る存在神秘が形而上学的なものかどうか、それはともかくとして、「物が在る」という存在の驚異を感じさせる静物画というのはそうあるものではありません。存在の驚異と静けさが同居している美しい絵ですが、存在について考えると非常に恐ろしいとも言える絵です。

今日日のグラフィカルな絵画と違って本物を目にしなければ伝わらない絵画であり、これこそ美術館に足を運ぶべき展覧会と言えるでしょう。椿貞雄についても言及したい作品が多々あったのですが、画像がなかなか見つからず。しかし、椿の生き方というか、劉生への傾倒もよくわかる感じで、とても良い構成の企画であると思いました。これは会期中に改めてまた行きたいところです。

※ちなみに非常勤講師をやってる高校の美術部員と行ったのですが、高校生は興味持たないかもしれないと心配してたのですが、すっごい見てたのでほっとしました。

| その他 | 09:10 PM | comments (0) | trackback (0) |
蜂蜜酒(ミード)買ってみました。
蜂蜜酒(ミード)買ってみました。
ミード
蜂蜜には酵母菌が含まれているので、蒲萄酒と同じく簡単にアルコール発酵する為、人類にとって最古級のお酒だったかと思いますが、個人的には古代~中世初期のゲルマン人が飲んでそうだなというイメージがあります。しかしまだ飲んだことがなったので、気になっていたわけですが。近所のお店では扱ってなかったので、ちょっと高かったけどamazonで購入。見た目は白ワインです。味も一瞬白ワインかと思いました。ちょっと蜂蜜の風味を付けた白ワインかと。しかし「100%蜂蜜」と表記されているので、ミードであるかと思います。そしてしばし飲んでみましたが、酸味はワインよりずっと少なく、蜂蜜が原料でもアルコール発酵に糖分を使っているのか甘さはそれほどでもないです。ワインよりアルコール度数が低いのですが、けっこう酔いそうな感じです。ただ、これはすごくしっかり作られたミードのようなので、ワインと同じく古代に飲まれたいたものではもっと中途半端なものなのだろうなと予想しております。

| その他 | 11:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
休日を利用して部屋を大掃除。
この週末、せっせと部屋を掃除していました。

まずはカーテンを洗濯。
カーテン
南側掃き出し窓に付けている遮光一級カーテンです(ちなみに北窓は磨りガラスでカーテンなし)。

カーテン
西窓の一見豪勢風な(でも実際は安い)カーテンも洗濯する。

その他、いろんなものを洗って、一日中洗濯機を稼働させていました。

それから絵具と画用液とキャンバスと書物の整理整頓が大変なのですが、とりあえず本棚の方は、やはり不足気味なので、1年前に壁の空きスペースを見つけて作っていた本棚を、二段構成に増築してみました。
本棚
写真上が昨年作った状態、そして下が増築後。

| その他 | 10:27 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: