4手ピアノによるブルックナー:交響曲全集
通勤が往復2時間なのでその間に聴くCD、できればボックスにたくさん入ってるCDを常に買い求めているのですが、低価格でめぼしいものはだいたい買ってしまってネタ切れ感が漂ってきたというか、一頃のクラシック激安CDラッシュも、どうやら配信等がメジャーになってくると終焉に近いのか、という感もしておるところですが、でもなんだかんだでいろいろ出てきてますよね。今回は4手ピアノによるブルックナー:交響曲全集 CD10枚組というのを買ってみました。奏者二人によるピアノ連弾です。ブルックナーほどの壮大な交響曲をピアノ版で聴くとはどうなのか、もしかしたら今まで気付かなかった箇所の魅力に気がつくかもしれない、というくらいの期待で買ったのですが、再生してみたところ非常に美しい響きであり、あっという間に全曲聴き通してしまいました。急遽ネットで評判を調べてみたのですが、やはり「美しい」という言葉で絶賛されておりました。

交響曲のピアノ編曲はオーケストラの響きを再現しようとするあまり無理してる感じになったり、演奏家も合わせて頑張ってしまって騒々しくなりがちですが、この演奏は編曲も演奏も実に自然体であり、ピアノの音の良さが生きているように思えます。ブルックナーは静かになったり大音量になったりというのが、実演ではともかくCD視聴では無理があり巷で嫌われてしまう理由でもありますが、このCDはそういうところも非常に少なく安心して再生できます。ピアノ化したアダージョ楽章が美しいのは想定内ですが、第1章も素晴らしく、そしてスケルツォ楽章でさえも自然に演奏されています。ブルックナーのスケルツォ、中間のトリオの部分は軽く聞き流してしまいがちですが、本CDはこのトリオがとても美しい。フィナーレ楽章もやはり流れるようなピアノ曲と化しており、どこを聴いても聴き所となっております。もしかしたら、ブルックナーを知らずとも単にピアノ曲だと思って買っても楽しめるCDかもしれず、もしかしたらブルックナー入門としてもいけるやもしれません。

とはいえ、各曲で編曲者も異なるので、たまには少々、そこは如何なものであろうかと、思ったりすることもないかといえば、ちょっとくらいはそれは感じることもあるわけですが、総じて言えば、HMVの寸評でも初期の交響曲が特によいみたいに書かれていましたが、確かに初期作品の演奏が傑出しています。あるいは中後期は原曲が壮大過ぎる故かもしれません。ちなみに私が特に気に入ったのは第2番です。ブルックナーの交響曲は第1番ですら、既に基本的な形式はできあがっており、ファンにとっては初期も聴き所満載なわけですが、2番だけはどうもまとまりに欠けるといいますか、私ごときにはまだ理解が及ばないところがあったのですが、このピアノ編曲版を聴いてついにこの曲について理解できたような気分になったのでした。本編曲はピアノ曲としても非常によくできており、まるで4楽章構成の大作ピアノソナタのようであります。あと、意外にも第0番もピアノ名曲的な風格があったので、とばさずに聴いて欲しいところです。

| 音楽 | 11:34 PM | comments (0) | trackback (0) |
ショスタコーヴィチ:交響曲全集(CD10枚組 マリス・ヤンソンス指揮)聴了
ショスタコーヴィチの交響曲全集を聴くのは初めてであります。全集として非常に評判のヤンソンスのCD 10枚組を購入しました。で、車で移動中などに聴いていたのですが、だいぶ前から聴いてたのですが、途中別のものを聴いていたりして、数ヶ月かかってようやく10枚聴いた次第です。

快活でシャキシャキした感じの演奏であり、とても聴きやすいものでした。スマートでありながらも、精神性を感じないとかそういうこともなくて、さすが評判になるだけあるということで、これを選んだのは正解だったと言えるでしょう。実はもっとアクの強そうな全集を買おうか迷ったりもしてたのですが、それはこの次に買ってもよろしい感じかと思います。ちなみに、本全集の中で最も気に入ったのは第11番 THE YEAR 1905です。この曲は初めて聴いたのですが、かなり強烈でありました。その他、第1番、第7番などもなかなか良かったです。ショスタコーヴィチの曲の中では個人的にわりと気に入っている第9番は非常にあっさりしており気がついたら空気のように通り過ぎて終わっていました。チェリビダッケの大曲化した第9番との差はこれ如何に。いずれにしてもショスタコーヴィチの交響曲は全15曲中の半分か、多くても2/3くらいしか聴いてなかったので、とりぜずは全曲聴けてなによりです。次に聴くべきBOXをまだ購入していないので、何か考えなければなりません。

| 音楽 | 09:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
The Big Short (Music from the Motion Picture)購入
The Big Short (Music from the Motion Picture)を購入。CD版は無いようなのでAmazonでmp3データを購入。Amazon Musicでずっと聴いていたのですが、急に公開がなくなったら困ると思って、買っておきました。日本では『マネー・ショート華麗なる大逆転 』という邦題で公開された映画のサウンドトラックなのですが、BGMがとても気に入っていて、特に世界経済が破綻しそうな週末的なところで使われるBGMが、不幸な気分のときに聴くと益々不幸な気持ちになれます。コロナ渦の最初の緊急事態宣言時など、大変不安に充ち満ちた状況で聴いたら、世界の終わりっぽくてなかなかよろしかったと言ったら不謹慎過ぎますが。

私はアルバムを1500円で購入しましたが、お金がなければThe Big Short piano suiteという曲を150円で購入すれば、だいたいそれに詰め込まれているかと思ってよろしいかと。Glass Eye、Redemption at the Roulette Table、Smells Like Sheepというのもあれば、もはや個人的にはそれで不幸な気分には充分であります。アルバムでも38分くらいのサントラで、細切れな音楽が多々収録されているのですが、うまく繋げて曲っぽくて、自家用車用のBGMにすれば、日常的に大変不幸な気分になれそうです。


| 音楽 | 12:49 AM | comments (0) | trackback (0) |
マタイ受難曲が気になってきたのです
美術鑑賞に役立つようにという意味で最近、福音書を読んでいたのですが、福音書をしっかり読んでみたら、マタイ受難曲を聴くのがとても面白くなる、という副次的な効果がありました。マタイ受難曲は印象的な大曲なので、クラシック音楽愛好家なら聴き慣れた存在であるかと思うのですが、内容について文学的に感動している人は実は少ないかもしれません。イエスの受難の流れがわかっているので、現在どのような場面でというのはよくわかるということと、その場面にどのような重要性があるのかわかることにより、特に福音史家やバスによる登場人物の台詞、言い換えれば聖書からの引用部分が急に面白くなるのです。受難曲に「面白い」という表現は変ですから、「感動する」ということに置き換えた方がいいのかもしれませんが、感動とか単純な言葉では表現できないような興味深さと言いますか、キリスト教的に表現すれば目からウロコが落ちるという感じでしょうか。マタイ受難曲はずいぶん聴いてたはずなのですが、自分は何も見えていなかったのだ、というのは痛感しました。比較的地味な存在かと思っていた福音史家の台詞(テノールによる伴奏付のオペラ風の台詞)が実は大事であったのかもしれません。そこからバスの台詞や、嘆きの歌詞が歌われるという流れでないと、どの場面もただひたすら嘆き悲しんでいるだけの歌詞になってしまいますから、なかなかすぐに共感でるというものではないであろうかと。私はリヒター指揮、ペーター・シュライアーが福音史家というDVDで見返しましたが、日本語字幕付なので台詞の和訳がでてくるのですが、そのようなDVD媒体で視聴するのがいいのかと思われます。

でもかつては、レコードかCDで聴くものであったわけです。CDで聴く場合、長大な曲なので、抜粋版のCDで聴くというのが最も一般的な視聴方法であった時代も多かったのではないでしょうか。私は急に気になって、さっそく仕事帰りに図書館へ寄って、マタイ受難曲の抜粋版のCDを5種借りてきました。しかしその中では福音史家とバスの部分を重視して文学的に選択しているCDはグラモフォンのリヒターのCDだけのようでありました。これは1958版、かつて定番中の定番と言える録音だったと思うのですが、福音史家はシュライアーではありませんが、でもちゃんと複音史家およびバスでの登場人物の台詞など、聖書的要素を含めて抜粋していあるので、その点では配慮の行き届いたCDであるのかもしれません。その後の年代の抜粋版CDは福音史家部分が全くないものまでありまして、音楽的には美しいかもしれませんが、文学的には伝わらないような気がするわけです。と言っても、マタイ受難曲については、私はまだまだ知らぬことが多いので、こうして語るのは早すぎるのですが、マタイ受難曲について論じた本は多いので、1冊注文しておきました。それからバッハにはヨハネ受難曲もあり、これも以前から何度も聴いてきた曲ですが、ヨハネの福音書をよく読んでからまた聴いてみたいというのと、受難曲はバッハ意外の作曲家のものもありますし、そちらも開拓してゆきたいということで、世界はまだまだ広大でありますな。

ところで、私は学術的な翻訳の福音書を読んでいたわけですが、新共同訳聖書も一冊欲しくなってきました。とても柔らかい口語訳的な本文であり、やはりなんだかんだで読みやすいと言えます。が、出版されている本の種類が非常に多くてどれを買ったらよいものか迷って注文ボタンがなかなか押せず。5冊くらいに分冊された分割版というのが、手に持ってページをめくりやすくて良いかなと思ったのですが、でも、聖書を読むときは引照付きでないと、聖書内の他の文書との関連がわからないので、はやり引照版を買った方がいいのだろうか。しかし引照版は紙面がごちゃごちゃして見づらいし、実際に参照したりなどもまずしないなど、考えれば考えるほど悩ましいところです。

| 音楽 | 10:47 PM | comments (0) | trackback (0) |
チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD)聴了
この冬は積雪が半端なく、特に12月は大変でした。仙台市内で積雪があると渋滞が酷く、出勤と帰宅にそれぞれ2時間半、合計5時間も運転した日もありまして。天候がそれほど荒れてなくても、念のため1時間早く家を出るとか、そんな日が続くとそれなりに疲れるものです。雪道の運転は、なかなか緊張感があるので、緊張感による疲労みたいなものもあるのでしょう。特に酷い積雪があった日には、上り坂でスタックしかけて焦りました。我がラクティスはタイヤ径が大きいので、比較的そういうことがなかったのですが、油断はできないものです。一応、坂道で停止しないように、前方の車列の状況をよく見ながら進行していたのですが、前の車が一番嫌なところで何故かモタモタしていて、一番急なところで停車するはめになりまして。空回りしいる状態でアクセル吹かしても意味はないかと思ったのですが、勢いよく踏んだら登ってくれて助かりました。ちょっと横にハンドル切って、撫でられてない路面を探したのがよかったのかもしれません。仙台大衡線が延々と渋滞して全く進まないので、どうしたのかと思ったら、北山トンネルの手前の坂道でスタックしている軽ワゴンがおりまして、片側一車線になっていたということが、最後の方で解って、仙台市内で雪が降るとこうなるのかと思い知りました。仙台というのは実は坂道がけっこう多くて、積雪は滅多にないけど、いざ雪が降ると、なかなか大変な土地なのだなと思いました。坂がないようなルートを行こうかな、とか考えましたが、坂のないルートなど仙台にはまず無いのですな。

さて、車載オーディオにて大量に買ったCDなど聴いていたりするわけですが、昨年夏に購入したセルジウ・チェリビダッケ/ザ・ミュンヘン・イヤーズ(49CD)をようやく聴き終えました。49枚とは言え、片道1時間の通勤だとわりとすぐに聴き終えてしまうのものなのですが、今回は半年くらいかかったようです。やはりブルックナーは素晴らしく何度も繰り返し聴いてしまうので、完遂までに時間がかかりました。もっとも、実はチェリビダッケのブルックナーは既にCDを持っていたりするのも多いのですが、しかし改めてじっくり聴いてみるとやはりいいものです。交響曲第4番は他を寄せ付けない圧巻の演奏だと思いますが、改めて凄いなと関心しました。何しろ第4番なのに79分もかかっており、第8番並の大作となってしまっております。第8番などは第1楽章ですら非常に壮大な演奏であり、第1楽章についておいてこれを超えるものはないでありましょう。チャイコフスキー交響曲第4番もよかったです。この曲、騒々しいような気がしてあまり好んで聴いてなかったのですが、チェリビダッケの演奏ではとても味わい深い厚みのある曲となっております。なお、第5番に関してはチェリビダッケのCDは元々いつも聴いている気に入った録音です。それからショスタコーヴィチの交響曲第9番がなかなかでした。こんな魅力的な曲だったのかと関心しました。ショスタコーヴィチをもっと聴きたい、と思わせるものがありまして、今いろいろ調べているところです。他にはボーナスCDとして他の楽団との演奏で、プロコフィエフの交響曲第1番「古典的」っていうのがあったのですが、プロコフィエフの交響曲って何を聴いてもあまりピンとこなかったのですが、これはなかなかよろしい感触があったので、これを切欠に改めていろいろ聞き直したいところです。というわけでこのBOXも聴き終えたので、次のものとしては、ショスタコーヴィチの交響曲全集を買ってみました。今まで全曲というのは聴いたことがなかったので。全集としては有名なヤンソンスのものを選んでみました。

それにしても、我がラクティスはこの前買ったような気がしてましたが、走行距離8万キロに達しておりました。寿命の折り返し点を過ぎてしまったのだなぁとしみじみ思っております。内装を弄ってみたり、遠くに出かけてみたりということもあまりないので、車を楽しんでいないとは思うのですが、日々の通勤時間が長いので、休日とかはそのようなことを考えたりとかする気分になれないのですが、その辺はまるで人間の一生のような気がして切ないところです。でもまぁ、極めて役立っているというのは確かです。

| 音楽 | 12:14 AM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: