自製鉛白を練る。
自製した鉛白を練って絵具にしているところです。私は一応、生成した鉛白を水で洗っておりまして、それは水溶性の不純物や酢酸臭を取り除く為と思ってやっておりますが、これは実は必要のない工程かもしれません。でも一応そのようにしているので、鉛白は日本画の水簸絵具的な塊となっております。

まずはそれを崩しまして。


ある程度細かくなってから、昨日紹介した展色剤で練ってゆきます。鉛白は重い顔料なので、比較的飛び散らないのですが、ここまでは防塵マスクしておこなうのがよろしかろうと思います。


鉛白136gを練るというのはけっこう大変です。このまま練り続けて年越しになりそうです。

今回は136gの鉛白に20gの展色材を混ぜましたが、鉛白の給油量から言って、多めだったかもしれません。
初期段階で足りない気がしても、練っているとトロトロになってゆくのです。でもまぁ、私としてはこのまま使えるようにチューブ化したいので、顔料と展色材の分離がなければ問題ありません。なお、今回は各種樹脂類と、3割のスタンドリンシードが含まれているために、展色材が若干色がありまして、その影響の為、ポピーオイル単体で練ったときより白色度が落ちておりますが、実際に絵を描くときにそこまでの白は求めないので、それもまた問題ないかと思います。

| 絵画材料 | 09:47 PM | comments (0) | trackback (0) |
鉛白手練り用メディウムを調合する
以前、鉛板から生成した鉛白、試しにポピーオイルだけで練ってチューブに詰めておいたのですが、それから数ヶ月経っておりますので、油と顔料もよく馴染んだ頃かと思いまして、使ってみることにしました。

すこし油が多かったようにも思いますが、極端に油が分離してるということもなく、よく馴染んでいて滑らかな使い心地です。粒とかダマとかゲルとかもないようです。
市販のチューブ絵具と違って、描画用メディウムを加えなくても丁度いい柔らかさなので、やはり樹脂やら助剤を加えておけばよかったかなと思いました。そしたらもうそのまま使える高効率の絵具になりましたので。

私は現在冬休み中なので、以前生成した鉛白をせっせとチューブ絵具化しているところです。


まずは鉛白手練り用メディウムを調合しました。

ホワイト用なので、ポピーオイルがベースとなっておりますが、耐久性の保険のため、スタンドリンシード油が3割という構成になっております。他に少量のバルサムと軟質樹脂、微量の蜜蝋が添加されています。あまりいろいろ混ぜたり、乾燥性を高めるとチューブ内での保存期間が短くなりそうなので、その辺はかなり遠慮して調合したので、理想のメディウムというふうなものではありませんが、実用的で、一定の耐久性と保存性があるようにという感じです。

| 絵画材料 | 09:16 PM | comments (0) | trackback (0) |
『仏教の思想 5 絶対の真理<天台>』他読了
梶山雄一,上山春平『仏教の思想 3 空の論理<中観>』読了。
前巻ののアビダルマよりは読み易いであろうと思って読み始めたのですが、なんというか私程度の教養では1/5も理解できなかったので、途中だいぶ斜めに読み進めてしまいましたが、一応通読しました。思想的な箇所は理解できないながらも、歴史的な経緯の部分はけっこう面白かったです。理解できない部分があってもあまり気にすることはないかと思います。類書をどんどん読んでいくうちにわかってきたりするので、下手に留まらずに進んでいくところがいいのでありましょう。

服部正明,上山春平『仏教の思想 4 認識と超越<唯識>』読了。
そもそも唯識について読みたくて、アビダルマ巻と、中観の巻を読んだ上で挑んだわけですが、理解できたかという微妙な感じですが、感触としては中観よりは読みやすかったような気がしないでもないです。順序が逆になった気がしますが、世に溢れている唯識入門書を読んでみたいと思います。

田村芳朗,梅原猛『仏教の思想 5 絶対の真理<天台>』読了。
この巻からは中国の仏教についてとなるけれども、そういえば中国仏教の歴史をあまり知らない、とういか、日本の僧侶が入唐したりして修行する話を読むときに出てくるだけで、これまでさほど気にしてなかったのですが、仏教史関連の本を読んでいるうちに気になってきたので、こちらも読んでみました。なんというか、中国仏教について読むつもりが、日本の仏教、あるいは日本の文化についての勉強になった感じがあります。これは日本の仏教や、日本文化について知りたいと思うのなら、是非とも読んで置くべき巻であるといえるでしょう。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:19 PM | comments (0) | trackback (0) |
総持寺、建長寺、円覚寺
先週、鳥越一穂氏の個展を観るために東京へ行ってきたのですが、次の日は神奈川に行こうと思っていたので、宿泊先は蒲田の東横インを予約しておきました。年季の入ったような古びたビルに見えたのですが、後で調べたら、実は1号店だったらしいです。東京と横浜の中間にあるので、東横インという名前になったとか。1階は狭いカウンターがあるだけれで、ロビーもなく、朝食のサービスはパンを選んで持っていくという感じであります。じめっとしたパンでしたが、なかなかビジネスホテル感があってよかったです。

蒲田はちょっと治安悪そうな殺伐とした町でしたので、こんなところが第1号店だったのかと思ってしまいました。

チェックアウトして、電車で鶴見駅で下車し、総持寺を訪れてみました。我が家は曹洞宗の檀家らしいので、一度は大本山を参拝してみるのもよろしいかと思いまして。曹洞宗の大本山は2つあり、ひとつは有名な永平寺なのです。しかし、真言要素を取り入れたり神奈川に移転するなどして曹洞宗人口を大幅に増やしたのは、総持寺の方であるのかと思われます。ちなみに全国的には浄土系の宗教人口が多いようですが、東北だけは何故か曹洞宗がシェア首位となっています。

明治に移って来ただけ合って、コンクリート製の建物も多く、観光客らしき人影はほとんどみかけませんでした。

それから鎌倉駅まで行きまして、そこから歩いて建長寺までゆきました。北鎌倉で降りた方が近いのですが、鎌倉市の地理を体感したいと思いまして。

こちらは禅宗でも臨済宗の寺院になります。隣の円覚寺も観てきました。

という感じで過ごして、東北に帰ってきましたが、仏教建築や美術を観るために、仏教関連の書物を読みまくっているところですので、さらにいろいろ出かけていきたいと考えております。

| 史跡・古墳・名所等 | 11:57 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: