ヴェルディグリと各種溶剤の反応を観察する
人工緑青について理解しようと、いろいろ試しているところです。

ヴェルディグリの性質を確認しようと思って、各溶剤に溶けるか溶けないか試してみました。自分でも緑青をさまざまの方法で生成しておりますが、とりあえずは、ZECCHIのヴェルディグリを使用してみました。

ヴェルディグリと言っても、いろんなものがありますが、これならば堂々とヴェルディグリであると言ってもさしつかえなかろうかと思います。

水、酢、エタノール、テレピン、乾性油(ポピーオイル)にヴェルデグリを少量入れて溶解するかどうかを観察しました。いずれも液体は8ml、顔料は1gほどで試しております。

酢に溶けるのまぁ、当然ですかね。わざわざ試すことでもなかった気がします。水、エタノールにも溶けております。テレピンと乾性油には溶けておりません。水性の技法では水に溶けて透明な染液風の色になり、塗った後乾くと再び顔料色になるという転換があるとしたら、絵の具としてはちょっと使いづらいかもしれません。油彩画ならば、問題なく使えるのかもしれません。

天然の緑青であるマラカイトと人工緑青であるヴェルディグリでは、水に溶けるかどうかという点が大きな違いかもしれません。これが日本画でマラカイトがいかなる時代も全盛な理由であり、油彩技法中心の15~18世紀ヨーロッパでヴェルディグリが見られる理由なのでしょうか。マラカイトは微粉末だと色が弱くなりますし、油彩画では粗い顔料は描画時の展性が悪くてリアルな描写の妨げになるということで、やはりヴェルディグリを採用するに至るのか。等の予想が立ちますが、まだ私の緑青への理解は道半ばなので、今のところさらっと思いついたところでありますが。

なお、自分で生成している粗製のベルディグリ各種も溶剤・媒材との反応を観察しております。

実際のところ、このようにしてみると、ヴェルディグリと言えども、染色で使う銅媒染剤と変わりはないようにも思えます。ただし、アンモニアで腐食させたものはちょっと違う変化を見せている感じもあるので、その辺を解明したら、どのようにして作られた顔料かも多少予測がつく可能性もありますね。もうちょっと試して観察してみたいと思います。

| 絵画材料 | 08:36 PM | comments (0) | trackback (0) |
カラムシから繊維を取る、その2
カラムシの話の続きです。コウゾと手順が似ていて、頭のなかがごっちゃになりそうですが、太めの茎の植物から繊維を得る方法は似てくるのかもしれないし、応用でその他の植物もいける可能性があるともいえるのでしょう。さて、前回はカラムシの皮を剥いで、水に浸したところまでゆきましたが、今回は一晩水に浸けたものを取りだしたところから記することになります。

こちらが一晩水に浸したカラムシの外皮です。

まるで昆布のように見えますが。

この状態で、金属板などを使って、緑の部分をそぎ落とします。

手頃な道具がなかったので、私は包丁でやることにしました。本来もっと相応しい道具があるかと思います。

包丁の刃だけでなくて、あちこちをうまくつかって刮ぎ落としてゆきます。

どこまで剥がせばよいのか今の私にはわからぬところですが、できるだけ白く綺麗な繊維質だけ残るように努めました。しかし、この個体はなんかちょっと赤い染みみたいなのが多くて、ちょっと汚い感じになっておりますが、そういうものかもしれません。

そして、干しておきます。

真ん中の個体は色が綺麗ですね。太い茎の方が皮を剥がしやすいのですが、あまり年取り過ぎた茎の皮は染みや節が多くなるということもあるかもしれません。まぁ、製糸などしてみないとわかりませんが。

| 絵画材料 | 12:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
カラムシから繊維を取る、その1
夏休みももうじき終わろうとしていますが、やり残したことは多々あるのですが、あまり気にせずに淡々と気が向くままにということで、自宅にカラムシも生えておりますので、それからも繊維を取ってみたいと思います。

このカラムシ、本blogの過去記事を参照するに、11年前に植えたようです。時の経つのは早いものでその点もショックなのですが、1回植えてしまうと延々と生えてくるものなのですな。カラムシ植えようとしている人は考えてから決行するとよいと思います。ちなみに拙宅のカラムシは鑑賞用の園芸品種でして、黄金色をしておりましたが、だんだんと黄金っぽさはなくなって、ただの色の薄いカラムシみたいになっております。

刈り取ったカラムシ、不要な枝等を取り除きました。

ちゃんと管理して育ててはいないので、茎の太さは不揃いです。

手順としてはこの時点で水に浸けることが多いようです。ただし、この長い状態の茎を浸けるには、かなり長いコンテナが必要なので、それは断念します。しかし、皮を剥くだけでしたら、べつに水に浸けてなくても、ふつうに素手でするっと剥がせます。


このような感じに長い外皮を得ることができました。

包丁であらかじめ繊維に沿って縦に1本切れ込みを入れておくと綺麗に剥けるように思います。あるていど成長した太めの茎でないと、綺麗に剥がすのは難しいようです。ちょっと細いかな、くらいのものは一応皮を剥がしてみましたが、あまりに細い茎は処分しました。

剥がした外皮ですが、繊維の上に緑色の皮があって、これと繊維を分離させねばならぬのですが、その前に一晩水に浸しておくそうです。


ここまでの工程はコウゾと似ていますが、あちらは紙の原料で、こちらは布用の繊維となります。

| 絵画材料 | 11:58 PM | comments (0) | trackback (0) |
楮樹皮から黒い部分を剥がす(皮引き)
さて、いつぞやお話した楮の皮ですが、前回は楮を蒸して、外皮を剥がしたところで終わっておりましたが、その続きです。

乾燥させておきました。

この皮の、黒い部分を取り除きます。この工程は皮引きと呼ばれるようです。

水に入れて柔らかくします。

ちょっと水に浸けただけでは、黒皮が取りずらかったので、15分ほど浸けてふやかしておきました。
海藻のような臭いがします。量が少なければ、蒸して外皮剥がしたときに同時にできたかもしれません。

柔らかくなった楮皮をまな板上に置いて、包丁で黒皮を刮いで剥がします。

本当は、やわらかいベースの上において、皮の方を引っ張って剥がすといいみたいですが、手頃な道具がなかったもので。キッチンにあるまな板と包丁を使用しております。あまりよく研いでいない切れ味の悪い包丁ですが、今回はかえってちょうどよかったように思います。

黒皮を剥がしますと、楮樹皮の表面の色は薄緑色になりますが、さらにそれを刮いでゆくと、白い皮となります。

どこまで剥がすかは、意図して変えていいようですが、とりあえず今回は試しでやっているので、緑もけっこう剥がしてみたりとか、なんとなくいろいろ試す感じでやってみました。

1時間半ほどかかりましたが、慣れればもっと早く、綺麗にできるのかと思います。


本日は日差しも強かったので、陽光に当てて乾燥させました。

乾燥させずにアルカリ液で煮る工程に行ってもよかったようですが、その後の処理のことを考えると、もうちょっと気温と湿度が落ち着いてからの方がよいかなと思いまして。

皮の緑の部分もけっこう剥がしてしまいましたが、使えるかもしれませんので、それも乾燥させておきました。


| 絵画材料 | 07:17 PM | comments (0) | trackback (0) |
亜麻打ち
刈り取った亜麻、水に浸けておいたという話を先月しましたが、その続きです。茎から繊維を取って、亜麻糸を作るくらいまでやってみたいと思っております。

種を外した茎ですが、ネット上で調べた情報によると、水には1週間から10日ほど浸けておくらしいです。夏なら1週間でしょうが、実は2週間近く浸けておりました。

水は3回くらい交換しました。ボウフラが湧いてきますので。

取りだして乾燥させます。

既にちょっと亜麻繊維がはみ出しているような感じがします。浸けすぎたのでしょうか。

乾燥しました。


乾燥した亜麻の束をゴムハンマー叩いてると、茎殻が壊れてポロポロと外れて剥離していきます。

だんだん柔らかい繊維の束になってきまして、この時点でなんかちょっといい感触がしてきます。

さらに茎を細かく砕くような道具が要るので、ネット上で動画等を見ながら、どうしようかと思って、自宅にある余ってる木材を集めてきて組み立てみました。

完全にオリジナル構造です。

ちょっと使いづらかったですね。

でも、まぁ、今回は少量の亜麻しかありませんので、これで済ませて、次の機会があったときにちゃんとしたものを作るとしましょう。

ちなみに参考にしたのは、以下の動画の冒頭部分で、おっさんが麻を叩いてるところです。


さて、殻がまだ内部にいっぱい入っていますが、とても柔らかい感触の天然繊維になっております。

ここから先は巨大剣山みたいなので梳いていくようですが、その道具を探すか作るかしないといけません。また後日ということで。

| 絵画材料 | 09:23 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: