総持寺、建長寺、円覚寺
先週、鳥越一穂氏の個展を観るために東京へ行ってきたのですが、次の日は神奈川に行こうと思っていたので、宿泊先は蒲田の東横インを予約しておきました。年季の入ったような古びたビルに見えたのですが、後で調べたら、実は1号店だったらしいです。東京と横浜の中間にあるので、東横インという名前になったとか。1階は狭いカウンターがあるだけれで、ロビーもなく、朝食のサービスはパンを選んで持っていくという感じであります。じめっとしたパンでしたが、なかなかビジネスホテル感があってよかったです。

蒲田はちょっと治安悪そうな殺伐とした町でしたので、こんなところが第1号店だったのかと思ってしまいました。

チェックアウトして、電車で鶴見駅で下車し、総持寺を訪れてみました。我が家は曹洞宗の檀家らしいので、一度は大本山を参拝してみるのもよろしいかと思いまして。曹洞宗の大本山は2つあり、ひとつは有名な永平寺なのです。しかし、真言要素を取り入れたり神奈川に移転するなどして曹洞宗人口を大幅に増やしたのは、総持寺の方であるのかと思われます。ちなみに全国的には浄土系の宗教人口が多いようですが、東北だけは何故か曹洞宗がシェア首位となっています。

明治に移って来ただけ合って、コンクリート製の建物も多く、観光客らしき人影はほとんどみかけませんでした。

それから鎌倉駅まで行きまして、そこから歩いて建長寺までゆきました。北鎌倉で降りた方が近いのですが、鎌倉市の地理を体感したいと思いまして。

こちらは禅宗でも臨済宗の寺院になります。隣の円覚寺も観てきました。

という感じで過ごして、東北に帰ってきましたが、仏教建築や美術を観るために、仏教関連の書物を読みまくっているところですので、さらにいろいろ出かけていきたいと考えております。

| 史跡・古墳・名所等 | 11:57 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1724

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: