安い腕時計の電池交換
我がラクティスの車検が済みました。9年目、約96000キロ走行ですが、特に大きなパーツ交換等もなく、いつもと変わらぬ料金で済みました。2年の点検パック込みで14万円くらいです。往復2時間の通勤に使っているにしては、全くなんの不調もなく走っていて、非常にありがたいことではあります。しかし、下回りは錆の浸食が進んでおりますので、いつまで乗れることやらという感じです。錆止めコーティングをしてもらいました。錆びた上からコートしても、半年ぐらいですっかり剥げ落ちてしまうのですが、でもまぁ空気をちょっと遮断してやるだけでも、錆の進行は遅延できるかもしれません。なお、錆止めコート直後って、まるで新車みたいなシャーシに見えますな。これは中古車買うときはちょっと見ただけではわからんです。それにしても、ラクティス、あと、どれくらい乗れるのだろうか。

さて、腕時計の話なのですが、私が以前愛用していました、シチズンのQ&Q、Q978J301Yですが、これは2000円前後と安いわりには、某DWのデザインをうまく再現していて、遠目では高級感があって、気に入ってましたが、電池が切れて止まってました。このくらいの価格帯だと、新品買った方がいいので、今まで電池交換なるものを試みたことはなかったのですが、あいにく、こちらの時計は生産終了してしまったようなので、使い続けるには電池交換する他ありません。普通はショップに依頼してやるものだとは思いますが、こんな安い時計を持って行くのは恥ずかしいので、時計の裏蓋を開ける道具を買ってみました。


電池めちゃくちゃ小さいですな。ルーペがないと型番が読めん。


なお、革ベルトもちょっとボロくなっているので、そのうちこれの交換もやってみたいところです。とりあえずは、ループがなくなっていたので、Amazonで怪しげなものを買ってみました。

予想よりかなり大きくてしっくりきませんが、一応ギリ使えております。

電池も新品になったし、たぶん2年くらいは動いてくれるでありましょう。他にも2000円前後の腕時計いくつか手元にあるので、今後は自力で電池交換できそうです。

| 家電・パソコン | 12:28 AM | comments (0) | trackback (0) |
細密描画時の筆とパレット
こちらの風景画、細部の枝葉を描き始めたところです。


細部の描写ということもあって、ここから大変なのですが、0~2号の筆を買い集めて最適なものはないか試してみることにしました。

油彩筆は笹部洋画材料店が良心的な価格設定なので、注文できるものを全て全種買ってみました。ちなみにラウンドだけです。基本的にラウンド派です。たまにフィルバートも使いますが、概ねラウンドです。
しかし油彩画筆というのは、先端が細くて、中央部は太くなっている構造の筆先が通例でして、細い枝を描いたりするときに向いてないような気がして、そこがちょっと不満です。アクリル画用の筆とかなら、先から根元までシュッと細くなってるのが多いのですが。しかし私はプラモデル用の筆を使ってみることにしました。

こちらは田宮模型のモデリングブラシHF 面相筆 細 Item No 87049、軸は短いものの、画用筆と比べるとリーズナブルです。今のところ気に入って使っております。

細部の描写の際には、少量の絵具しか使わないことが多いので、一番小さなペーパーパレットを用意してみました。

狭いスペースに絵具を配置し、そのすぐそばにメディウムを置いてありまして、調色やバインダー添加の際には、ほぼ片手の指先の動きだけで済むようになっております。中央のメディウムは、しばらく前の記事で紹介した調合画用液です。制作の後半戦においてほとんどテレピンを使わず描いているのですが、それは現代ではあり得ないかもしれませんが、私はこれが正しいと思っています。でも、テレピンを加えたい場面もそれなりにありますので、その為に少々のテレピン、またはペトロールを御猪口に入れてあります。

筆洗器はこのような小さなプラスチック容器入りのものを使っています。

かっこいい筆洗器を使っていたこともありますが、以前、ひっくり返してしまったときに後片付けが大変な思いをしまして、それ以降、こんなのを使っているのですが、この手の筆洗液容器は、底部の構造がけこうよく考えられており、意外と長く使うことができます。またブリキ製のものと違って、透明なので筆洗液の様子がよくわかるという点もなかなか便利であります。

| 絵画制作 | 08:08 PM | comments (0) | trackback (0) |
ヴェルディグリと各種溶剤の反応を観察する
人工緑青について理解しようと、いろいろ試しているところです。

ヴェルディグリの性質を確認しようと思って、各溶剤に溶けるか溶けないか試してみました。自分でも緑青をさまざまの方法で生成しておりますが、とりあえずは、ZECCHIのヴェルディグリを使用してみました。

ヴェルディグリと言っても、いろんなものがありますが、これならば堂々とヴェルディグリであると言ってもさしつかえなかろうかと思います。

水、酢、エタノール、テレピン、乾性油(ポピーオイル)にヴェルデグリを少量入れて溶解するかどうかを観察しました。いずれも液体は8ml、顔料は1gほどで試しております。

酢に溶けるのまぁ、当然ですかね。わざわざ試すことでもなかった気がします。水、エタノールにも溶けております。テレピンと乾性油には溶けておりません。水性の技法では水に溶けて透明な染液風の色になり、塗った後乾くと再び顔料色になるという転換があるとしたら、絵の具としてはちょっと使いづらいかもしれません。油彩画ならば、問題なく使えるのかもしれません。

天然の緑青であるマラカイトと人工緑青であるヴェルディグリでは、水に溶けるかどうかという点が大きな違いかもしれません。これが日本画でマラカイトがいかなる時代も全盛な理由であり、油彩技法中心の15~18世紀ヨーロッパでヴェルディグリが見られる理由なのでしょうか。マラカイトは微粉末だと色が弱くなりますし、油彩画では粗い顔料は描画時の展性が悪くてリアルな描写の妨げになるということで、やはりヴェルディグリを採用するに至るのか。等の予想が立ちますが、まだ私の緑青への理解は道半ばなので、今のところさらっと思いついたところでありますが。

なお、自分で生成している粗製のベルディグリ各種も溶剤・媒材との反応を観察しております。

実際のところ、このようにしてみると、ヴェルディグリと言えども、染色で使う銅媒染剤と変わりはないようにも思えます。ただし、アンモニアで腐食させたものはちょっと違う変化を見せている感じもあるので、その辺を解明したら、どのようにして作られた顔料かも多少予測がつく可能性もありますね。もうちょっと試して観察してみたいと思います。

| 絵画材料 | 08:36 PM | comments (0) | trackback (0) |
カラムシから繊維を取る、その2
カラムシの話の続きです。コウゾと手順が似ていて、頭のなかがごっちゃになりそうですが、太めの茎の植物から繊維を得る方法は似てくるのかもしれないし、応用でその他の植物もいける可能性があるともいえるのでしょう。さて、前回はカラムシの皮を剥いで、水に浸したところまでゆきましたが、今回は一晩水に浸けたものを取りだしたところから記することになります。

こちらが一晩水に浸したカラムシの外皮です。

まるで昆布のように見えますが。

この状態で、金属板などを使って、緑の部分をそぎ落とします。

手頃な道具がなかったので、私は包丁でやることにしました。本来もっと相応しい道具があるかと思います。

包丁の刃だけでなくて、あちこちをうまくつかって刮ぎ落としてゆきます。

どこまで剥がせばよいのか今の私にはわからぬところですが、できるだけ白く綺麗な繊維質だけ残るように努めました。しかし、この個体はなんかちょっと赤い染みみたいなのが多くて、ちょっと汚い感じになっておりますが、そういうものかもしれません。

そして、干しておきます。

真ん中の個体は色が綺麗ですね。太い茎の方が皮を剥がしやすいのですが、あまり年取り過ぎた茎の皮は染みや節が多くなるということもあるかもしれません。まぁ、製糸などしてみないとわかりませんが。

| 絵画材料 | 12:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
カラムシから繊維を取る、その1
夏休みももうじき終わろうとしていますが、やり残したことは多々あるのですが、あまり気にせずに淡々と気が向くままにということで、自宅にカラムシも生えておりますので、それからも繊維を取ってみたいと思います。

このカラムシ、本blogの過去記事を参照するに、11年前に植えたようです。時の経つのは早いものでその点もショックなのですが、1回植えてしまうと延々と生えてくるものなのですな。カラムシ植えようとしている人は考えてから決行するとよいと思います。ちなみに拙宅のカラムシは鑑賞用の園芸品種でして、黄金色をしておりましたが、だんだんと黄金っぽさはなくなって、ただの色の薄いカラムシみたいになっております。

刈り取ったカラムシ、不要な枝等を取り除きました。

ちゃんと管理して育ててはいないので、茎の太さは不揃いです。

手順としてはこの時点で水に浸けることが多いようです。ただし、この長い状態の茎を浸けるには、かなり長いコンテナが必要なので、それは断念します。しかし、皮を剥くだけでしたら、べつに水に浸けてなくても、ふつうに素手でするっと剥がせます。


このような感じに長い外皮を得ることができました。

包丁であらかじめ繊維に沿って縦に1本切れ込みを入れておくと綺麗に剥けるように思います。あるていど成長した太めの茎でないと、綺麗に剥がすのは難しいようです。ちょっと細いかな、くらいのものは一応皮を剥がしてみましたが、あまりに細い茎は処分しました。

剥がした外皮ですが、繊維の上に緑色の皮があって、これと繊維を分離させねばならぬのですが、その前に一晩水に浸しておくそうです。


ここまでの工程はコウゾと似ていますが、あちらは紙の原料で、こちらは布用の繊維となります。

| 絵画材料 | 11:58 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: