アカシア・セネガル(アラビアゴムの木)の種を購入
アカシア・セネガル(アラビアゴムの木)の種を購入しました。10粒だけです。
アカシア・セネガル(アラビアゴムの木)の種
早速育苗ポットに植えてみましたが、販売サイトの説明では桜の咲く頃に植えるとありましたので、既に5月なので、ひと月遅れとなってしまったところです。でも、東北はまだ冷え込む日もあるので、このくらいで丁度いいとも言えるでしょう。届いた種をそのまま育苗ポットに植えたり、事前に水に浸けたり、冷蔵庫で冷やしてみたりなど、それぞれ条件を変えながら植えてみましたが、ひとつでも発芽してくれたらラッキーくらいに考えております。もっとも、生息地の環境を考えると、水に浸けたり冷やしたりなどはあまり関係ないような気もしますが。

それと黒檀の苗を見つけたので買ってみました。これは木彫などの美術教材を注文するときに、素材の堅さなど、数種類の木材の中から選べることが多いわけですが、最も堅くて最も値段も高いのが黒檀材である場合が多いです。多人数のクラスでは一番柔らかい朴材等でないと授業がうまくゆかないのですが、それはともかくとして、黒檀の苗を見つけた瞬間注文してしまいましたが、考えてみると植えてどうなるのか。でも、まぁ気になるところではあります。

さて、これまでは主に色材となるものを中心に植物を植えて観察しておりましたが、昨年からは美術史に関するもの、特に古代ギリシア関連の植物を植えて、鑑賞の為の勉強としておりました。最近は聖書と仏典を勉強中ですので、今シーズンはそれらに関する植物も植えておこうとは考えています。実は数年前から、H.N.モルデンケ&A.L.モルデンケ(著)『聖書の植物』を読んでそれらの植物を植えてみたいと思ったりしていた部分はあります。というより絵画材料と係わりそうな植物が多数あるといいますか、香料や樹脂系はこれもまた聖書読まずして語れないところもありまして、西洋美術鑑賞というに留まらず、絵画材料においても聖書をスルーしてはいかぬというのが私の見解であります。しかしながら、前掲の本は文学的にはなかなか読み応えがありますが、実際植物を買おうとしてもちょっと難しいところがありまして、難しいのがまた面白いところなのでもありますが、しかし先日、図書館に行ったら『聖書植物図鑑』(西南学院大学)という日本人著者による本も発見し、それがカラー写真が豊富で、国内での入手方法と栽培についてコメントが記載されているなど、大変親切な内容となっていて、さっそくあちこち検索して、種や苗を注文してしまいました。いずれ続々届いてくるとは思いますが、それらについては後日コメントしたいと思います。仏教系では、満久崇麿(著)『仏典の植物』という本を買って、本日届いたばかりなのですが、読み応えがありそうです。仏典の植物となれば、メインはインドあたりを中心としており、実は絵画材料としてよく使うフタバガキ科の樹木など、我々にもたいそう重要なものがいっぱい出てくるので、絵画材料研究的にも見逃せないところであります。むろん、仏教美術を鑑賞する上でもますます重要であり、そうでなくても仏教国においては、なんだかんだで気にならないはずはなかろうかと思います。

| 家庭園芸 | 12:41 AM | comments (0) | trackback (0) |
ピスタシア・レンティスカス再購入、カラマツ他購入
季節が過ぎるのは早いですね。植物を植える季節であるけれども、もう4月も終わって5月ではありませんか。気合いを入れて、買い込まなければならぬところです。

まず、昨年購入して冬を乗り切れずに枯れてしまったピスタシア・レンティスカスを再購入しました。昨年買ったときと同じ値段(約五千円)でしたが、かなり大きくなった苗が届いたので、売れずにそのままになっているのかと余計な心配をしてしまいました。これを逃したらもう二度と機会はないような気もするのでもう1本くらい買いたいところですが、やはりちょっと高いとは言えるでしょう。越冬は、軒下に置けば充分かと思っていたのですが、今年の冬の寒さは私がこの土地で経験した中でも特に酷かった、というかもしかしたら最も厳しかったかもしれないくらいだったので、あまり参考にもならないのですが。。。

そしてミモザ・アカシアも買いました。これは帰宅途中のホームセンターで売っていたので、送料もかからず、298円で手に入りました。数年前に買ってみて、やはり冬を越せずに枯れてしまったものです。本当はアカシアセネガルが欲しいのですが、それは種子を見つけて注文はしましたが、でも苗木はさすがに見つからなかったので、このミモザ・アカシアが水性媒材の代替えとなるかどうかと期待しての栽培となります。

←ピスタシア・レンティスカス →ミモザ・アカシア
ピスタシアレンティスカス
そしてカラマツの苗も買いました。
カラマツ
こちらは盆栽ショップから購入したので、見た目が非常に美しい。もう何でもかんでも盆栽屋から買いたくなってしまうほど見た目の美しさが際立っております。しかし、大きめの鉢に植えてそれなりの大きさにしたいと思います。テレピンの採取源となる松類の樹木の区別が付くように、自分の目を鍛える為に購入しております。ちなみにヴェネツィアテレピンはヨーロッパのカラマツだったかと思いますが、ヨーロッパカラマツは今のところ苗木も種も入手できておりません。今はこのカラマツを観察するとしましょう。

連休中にやりたいことは多々ありますが、植物を探し回って注文するというのは、時期的に逃しては困るので、この週のうちに意欲的にこなしてゆきたいと思うところです。

| 家庭園芸 | 10:38 PM | comments (0) | trackback (0) |
各種樹木剪定
オークの樹ですが、だいぶ高く枝が伸びていて、年々手入れが大変になってきているので、けっこう思い切ってカットしてみました。

昨年もこの時期に同じように切ってはいるのですが、葉が生い茂った時期に切ると、ゴミが非常に増えるので、この時期にやっておかねばなりません。その他、ポプラ、キハダ、エルダーなども剪定しました。なかなかの労働でした。コウゾは根元からばっさり切り倒しましたが、おそらく切り株からまたすぐ生えて大きくなると思います。それと、春ということもあり、今年植える植物の苗などを注文せねばなりません。種も蒔かねばなりません。

ベランダのウッドデッキにニスを塗りました。

老朽化が甚だしいウッドデッキですが、模型のスプレー吹いたり、気兼ねなく雑に作業できる場所でもあります。

模型制作に使う道具や塗料が増えてきたので、アイリスオーヤマのツールボックス、マイキット40を購入しました。

3種類のサイズの中で最も大きいものを選びましたが、模型ツールに関してはこのボックスに入る範囲で留めつつ、今後もいろいろ作ってゆきたいと考えております。あまり深入りしてツール類を集め過ぎると、制作に時間がかかるようになって、結果的にあまり仕上がらないということになりかねませんので、その辺を自制するための前向きな制限としたと思っています。ちなみに、マイキット40だと最下段にクレオスのシンナー(小)50mlやタミヤの情景テクスチャーペイントを縦置きで収納できます。お薦めです。

という具合で、収納等も考えつつ、せっせと自室を掃除しているのですが、なかなか片付きません。古いスーツを2、3処分しつつ、Yシャツもけっこう棄てました。もう使わないような古い塗料も捨てましたが、Yシャツに染みこませて廃棄しました。この春はYシャツを多めに買いそろえたいというか、新しいものに更新したいと思います。春休み中にやっておかなければならないことが意外と多いですな。先日、運転免許の更新をやってきましたが、大した手間ではないものの、なんか緊張してしまって疲労を感じるようなイベントではあります。そして、そろそろ夏タイヤに交換せねばならぬし。

| 家庭園芸 | 12:08 AM | comments (0) | trackback (0) |
植物越冬状況
オリーブを二種鉢植えにしており、それは結実させる為に二種植えていたわけですが、冬は軒下に移動させておりました。そこそこ大きくなってきたので、うち1本を外に出したまま越冬させてみようと試みたのですが、予想外の厳しい冬となってしまいました。久々に様子を見たら、すっかり葉が枯れてしまいました。もう1本は軒下に移動してましたが、青々としています。軒下と言ってもガンガン雪が吹き込んでいましたが。外に出たままオリーブはもう枯れているかもしれないし、まだ生きているかもしれませんが、もしこれで大丈夫なら地植えにしてみたいと思います。
植物

ピスタシア・レンティスカスも軒下に移動してましたが、やはり軒下と言っても寒さはかなり厳しかったし、雪もどんどん降りかかって積もっていましたが、見た感じはどうやら生きている様子に見えます。
植物
葉っぱが赤みを帯びているのが気になりますが、このようなものなのか引き続き観察してみます。

アカンサス・スピノサスも冬の間すごい厚さの雪に覆われていました。ようやく雪が溶けて久々に見たわけですが、アカンサスモリスもだいたい似たような感じになってます。すっかりしおれて小さくなっていますが、これなら生きているのではないでしょうか。どういうふうに伸びるのか興味深いところです。
植物

インドアイはさすがに室内に移動しておきましたが、葉が落ちて茎だけになってます。こういうものなんでしょうか。
植物

| 家庭園芸 | 09:48 PM | comments (0) | trackback (0) |
植物近況(琉球藍他)
なんと、琉球藍の苗を頂きました。
琉球藍
うまく根付いてくれれば、タデアイ、ウォード、インドアイに加えて、さらに藍植物が追加されることに。藍の染料を得られる植物は数が多いのですが、代表的なものは揃いつつあります。できれば、立派な姿になったところで、写真を撮って染料資料のストックにしたいです。

ヨーロッパモミの種を植えました。
ヨーロッパモミ
春に失敗したので、秋植えを試みたわけですが、気がつくともはや冬ですな。
ちなみに、じっくり水に浸けてみたり、ナイフでちょっと切り込みを入れてみたりと、いろいろなバリエーションを試して蒔いているので、いずれかが発芽してくれればと願っております。

オークの木から落ちたと思われるドングリから生えてきた木です。
オークナラ
比較の為に、コナラとミズナラも植えているのですが、どうも交配している模様で、何がどうなったのかはわかりませんが、真っ赤に紅葉しております。オークは黄色になります。葉の形特徴である手のひらの形も、やや控えめなのですが。いずれにしても通常でも各個体はなかり個性がでるとの話でもあります。まぁ、でもこの木はなかなか美しいような気がします。

アカンサスですが、モリスはこのような感じで冬でも迫力があります。
アカンサスモリス
来年はぐんぐん伸びて花がついてくれるのではないかと期待しております。

アカンサススピノサスは、葉が細くギザギザなのが特徴ですが、日照環境が悪いのか、やや萎び気味であります。
アカンサススピノサス
一瞬、ダイコンかと思いました。

| 家庭園芸 | 11:40 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: