出口治明著『哲学と宗教全史』読了
ミルチア・エリアーデの『世界宗教史』を読みはじめたのですが、現行の文庫版ではなくてハードカバーの方の第2巻を中古で買いました。文庫の3、4巻にあたると思いますが、初期仏教とキリスト教が含まれいるので1冊としてはなかなかのボリュームでありましょうか。非常に評判の良い本でAmazonのレビューでさえ高評価なのであるけれども、私はちょっと記述があまり親切ではないなというふうに思いまして。人名や単語がどんどん列記されていって、その説明はそれほどされていないか、あるいは中途半端に内容を匂わす程度であり、この辺を読者はどう処理しているのでありましょうかと心配になるところもあります。私自身は仏陀に関する本、キリストの生涯に関する本などここ数年でずいぶん読んでいたので理解できるものの、数年前の自分だったら何を言っているのかほぼわからないよな、と思いまして。しかも知っていたらこれのまとめ文章を読む必要もないのではないか、という気もします。もしかしたら仏陀のところが良くないのかもしれません。キリストのところはけっこうフムフムなるほどという感じで読みましたし、もうちょっと読んでみると意見も変わるかもしれません。しかしとりあえずそちらは保留にし、出口治明著『哲学と宗教全史』を読みました。こちらは、読者に説明しようという気概に満ちており、その辺は現代的であります。もっともある程度知っていないとこれも読めないとは思いますが、敷居はかなり低いのではないかと思います。ページ数の多い分厚い本ではありますが、あっという間に読めてしまったので非常に読みやすい文章なのだと思います。しかしAmazonのレビューは酷評ばなりなので、たぶんこの手の本を読む方々の好むタイプのものではないでありましょう。確かに重厚さみたいなのはないのですが、あえてそういうのをすっぱり排除しているところがよいのだと思うのですが。扱う範囲が広いので、各テーマの詳細までは書かれてはいませんが、各章の最後はさらに勉強したい人の為の書籍が紹介されています。お薦めされている書籍はだいたい書物誕生シリーズなのですが、これは私もどれも気に入っていてお薦めの本であります。他には県図書館の子供用図書室からモーリーン・サワ他『本と図書館の歴史 ラクダの移動図書館から電子書籍まで』というのを借りてきましたが、これは絵本なのですが、けっこう充実した内容でした。子供がこんなの読むわけなかろうという気もするのですが。農文協の絵本など、実は大人対象なのではないかと思われる本も、絵本だと子供用図書室に置いてしまうのはどうかと思いますが、売る方もその売り上げを見込んでの絵本形態なのかもしれません。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:48 PM | comments (0) | trackback (0) |
松田壽男(著)『古代の朱』他読了
松田壽男(著)『古代の朱』を読みました。『丹生の研究 歴史地理学から見た日本の水銀』の方が有名ですが、こちらは中古価格が高騰しており入手はあきらめて、一般読者向けに書き下したという『古代の朱』の方を読みましたが、これでも充分なボリュームでした。バーミリオン、硫化水銀、あるいは水銀というものにへの関心が非常に高まる一冊であったといえましょう。私は赤い色が好きでして、バーミリオンやカドミウムレッドはよく使います。絵画用途ではバーミリオンは変色しやすいので、現代ではカドミウムレッドに置き換えるよう言われておりますが、しかし、これを読んだらバーミリオンを使わずにはおれないところです。と言ってもふつうは硫黄と水銀を掛け合わせた合成バーミリオンしかふつうは油絵具にはありませんが、それも西洋では中世以来の伝統があるといえるでしょう。しかしやはり天然辰砂も使いたくなるというものです。日本画の岩絵具ではありますけれども、油絵具にしたらどうなのでしょうか。
さて、『古代の朱』は一般向けに書かれたとは言っても、だいぶ年季が入っておりますので、少々読みにくいところはあるかと思います。私は他にも日本の朱やその他の金属関連の本も買ってはみたのですが、
蒲池明弘(著)『邪馬台国は「朱の王国」』が面白かったです。松田壽男に非常に影響された内容であり、そこから邪馬台国の話になるという、学術的な本というよりは一般向けの読み物であるのでしょうけれども、この人は文章がとてもうまいです。ちょっと前掲の本で意味不明だった部分もすんなり理解できたりします。ちなみにこれらを読んで、それからいろいろ調べていたのですが、youtubeに無断アップロードされていると思われる「所さんの目がテン」という番組の水銀の回が非常によくできていたので、消されてしまう前に一度見ておくといいんじゃないかと思います。

それから、文化財保存修復学会第43回大会 研究発表集が届きました。USBメモリ版をリクエストしましたので、このままどこかにしまったりしたら、そのまま無くてしてしまう恐れもありますので、気になるものをその日のうちに読むことにしました。やはり顔料と関わりのあるものをピックアップして読んでしまうわけですが、「嘉永年間の役者絵に用いられた石黄の分析」、「鉛金属の腐食と空気環境との関係についての調査事例」、「東海市指定文化財「釈迦十六善神図」「阿弥陀如来象」の修復及び調査報告」、「西洋中世の処方に基づいた青色人工顔料の歴史的考察」がいずれも顔料に係わるテーマで勉強になりました。特に「西洋中世の処方に基づいた青色人工顔料の歴史的考察」は今後が楽しみです。

レーキ顔料づくりの方はコチニールに移行したいところですが、National Gallery Technical Bulletin Volume26にThe Technology of Red Lake Pigment Manufacture: Study of the Dyestuff Substrateという記事があったのだけれども、これはなかなな優秀そうな情報源であります。でも、今読むと理解が半端になりそうなので、まずは現在の知識でコチニールをレーキ化しつつ一通り材料を集め、その後に目を通した方がよさそうであります。しかし、この号は2005年に購入して放置しておりましたが、改めて開いてみたら、面白そうな記事ばかりであります。買ってほっとしてしまうというのが一番よくない気がしますが、やっぱり何かの切っ掛けがないと素通りしてしまうということもありますので、こういうことも何かの縁なのでありましょう。なお、現在はwebで公開されております。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:44 PM | comments (0) | trackback (0) |
農文協『まるごと発見!校庭の木・野山の木 5 ドングリ(コナラ)の絵本』及び『同 6 ブナの絵本』読了
たまに宮城県図書館に行ってるのですが、農文協の絵本シリーズの『まるごと発見!校庭の木・野山の木 5 ドングリ(コナラ)の絵本』に目を通してみましたが、非常に高度な内容を絵や写真を使って簡潔に図案化しており、たいへん勉強になります。そもそも樹木の種や属の分類もなかなか難しいもので、専門書を読んでもなかなかすんなり覚えられないものですが、この本はそれらを簡略化もせずに、さらっと説明してしまっております。コナラ、ミズナラなどのどんぐりがなる木を扱っているわけですが、主にコナラメインですが、いわゆるナラとかカシとかいう樹木についてなのですが、西洋風にオークと言ったときとかの名称のちょっと難しい問題もわかりやすく説明してあるわけです。世界のオーク分布図なども参考になります。オークは西洋絵画の支持体でもあったので、このあたりを押さえておくことは大事でありましょう。さらに、私は同じく『6 ブナの絵本』も読んでおきました。コナラ等もブナ科ではありますので、広い視点でその辺も説明されております。こちらも合わせて読むべきでありましょう。それにしても子供図書室にあるわけですが、とても子供向けとは思えません。あと、子供図書コーナーに入ってゆくのがなかなか大人には気が引けるのですが、不審者みたいに思われないように、しっかり髭も剃ってでかけております。それはともかくとして、松脂、バルサム、精油などの知識を求めている私としては、同シリーズの『3 マツの絵本』もしっかりチェックしてきました。こちらは樹脂採集についての知識は残念ながら得られませんでしたが、しかしマツに関して意外な事実をたくさん知ることができたといえるでしょう。他の巻も順次目を通してゆきたいかと思います。何度も語ったかもしれませんが、絵画材料の専門書だけを読んで、樹木について議論するのは危なっかしいところがありますので、まずは樹木の基礎の基礎あたりを押さえておかねばというところかと思うのですが、なんだかんだで基礎というのがなかなか奥が深くて簡単にはゆかないものです。

それからここ数日レーキ顔料づくりに取り組んでいるのですが、ミョウバンとアルカリ剤(炭酸カリウム、炭酸ナトリウム等)との反応についてもっと知らねばと思いまして、そして、県図書館には学校用教科書を閲覧できるところがあるのですが、こちらで化学の教科書など参照しまして、私のレベルに合った教科書はないものかと物色しております。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 11:18 PM | comments (0) | trackback (0) |
世界美術大全集西洋編第2巻エジプト
自室のエアコンの工事、エアコン専用線も引かねばならず、古い家なので配線が困難そうな気もまして、いずれにしても部屋を片付けておかないと検討もできないだろうと思って、せっせと片付けていたのですが、捨てても捨てても要らないようなガラクタがわき出してきて、ここ数日ずっとゴミ出し作業を続けておりました。いつの間にか魔窟のようになっておりましたが、これを機会にだいぶ減らせましたが、それでもまだ多いのです。ここまできたらせっかくなのでがっつり片付けたい。という感じの夏休みなのでありますが、博物館の特別展みたいなものは、この夏は仙台市博物館で開催中の「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」を訪れたいと思っているので、県外に出るのは一応自粛しておこうかと思っているので、こちらをじっくり見て勉強したいかと考えております。まだ行っておりませんが、行く前に勉強をしているところです。まずは図録をネットで購入しまして、それを通読しました。

それから、世界美術大全集西洋編第2巻エジプトを読みました。これは読破に数日かかりました。各時代の解説文、そして作品別の解説、資料などに目を通したわけですが、内容はやはり充実しております。世界美術大全集西洋編は全巻を入手しているのですが、定価70万くらいするところをヤフオクで送料込み6万円で買ったわけですが、これは中古市場ではやや高めな方なので、状態はとてもよかったです。図書館に置いてあるものよりもずっといいかもしれません。安く手に入れたということもあって、線引きその他の書き込みも容赦なくやりつつ情報の吸収に努めております。読書は好きだけども愛書家ではないの、扱いは非常に雑だったります。私としては西洋編は全巻通読しなければならぬという意気込みだったのですが、ついつい放置して2年が経ってしまっておりましたが、ようやくじっくり読み始めることができたのはよかったと言えるでしょう。それにしても、これまでエジプト美術についての本はけっこう読んだつもりであり、各王朝と中間期などの出来事については、それなりの知識があったつもりでいつつも、実は美術品の様式がどれも同じように見えて、結局のところ違いも大して把握できてなかったところもあるのですが、本書を読んだ今、各時代の大まかな違いというものがようやく理解できてきたように思います。いやまだまだなのではありますが、でも、これを読む前と後では全く違うと言えるくらいに違うという手応えがあります。というか、とても面白いですね。ちなみに、かつてギリシア史関連の本ばかり楽しみで読んでいた頃の知識で、海の民騒動や、エジプトでのギリシア系傭兵とかの話とかさんざ読みましたが、それとエジプト美術がようやくリンクしてきた感があります。そして最近読み進めております旧約聖書の預言者時代の話とも繋がってきて、今とても面白いのであります。しかし、この巨大な本でいろいろ勉強になりましたが、非常に膨大なエジプト美術をこれ1冊で全く足りないと言えるでしょう。ここの時代についてさらに何かよい情報はないか探したいところです。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:54 PM | comments (0) | trackback (0) |
山我哲雄(著)『一神教の起源:旧約聖書の「神」はどこから来たのか』読了
世間よりもちょっと早めではありますが、既に夏休み突入しました。今年の夏休みはけっこうしっかりと1ヶ月間はありますので、この期間を活用して様々の物事に取り組まねばなりません。顔料等の色材の作り方について、まだ試みていなかったものをやっておこうと思います。媒質について樹液の採集について試みておきたいものがあります。余裕があればラバンジン油の蒸留もやっておきたいところです。積年の課題を可能な範囲で実行に移してゆきたいのですが、あまり細かい計画を立てると、かえって企画倒れになるので、目標を羅列するのは止めておこうと思います。また、絵画制作もさぼらずにやっていきたいところです。なお、読書は比較的忙しいときでも可能ではあるので、あまり読書に耽溺しないように気を付けて過ごそうとは思いますが、今日はなかなか暑くて、図書館に行って涼んで来ようと出かけましたが、図書館内もそこそこ暑かったです。まぁでもこのくらいの暑さなら、夏みたいな感じであるなぁと思って過ごせるのではありますが。
ちなみに最近はイザヤ書を読み始めているのですが、まだ読みはじまったばかりではありますが、なかなかの面白さです。旧約はユダヤ人の歴史書的なものでもありますが、聖書外の文献的な証言で内容を確認できるのは、既にイスラエルが北イスラエル王国とユダ王国に分かれて、しかもいずれも滅ぼさようとしている時期あたりになってからであり、しかし古代史が好きだとこの辺は、アッシリア、エジプトという二大国がせめぎ合っているただ中での進行となるので、手に汗握る展開とも言えます。ついでにアッシリアの美術も扱っている世界美術大全集東洋編16西アジアも入手しておこうかと思います。合わせて鑑賞すればより面白くなるでありましょう。しかし、聖書本文の他にもうちょっと解説が欲しいところであり、なんとなくですが、たまたま目についたので、山我哲雄(著)『一神教の起源:旧約聖書の「神」はどこから来たのか』を読んでみたのですが、こちらはユダヤ教的な唯一神という神観がどのように形成されたのかという問題に迫っているものでありますが、そこで重要になるのが、北イスラエル国、ユダ国の盛衰と滅亡の時期でして、そして預言書及び申命記あり、イザヤ書前後の預言者、預言書について語られているわけですが、なるほど、とても勉強になりました。これはなんというか、今までみた概説書みたいなものとは視点がだいぶ異なっていて、各預言書、預言者についてインパクトのある印象を残すような内容であり、旧約通読へ向けての重要な知識となった気がします。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 10:01 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: