ピスタシア・レンティスカス、アカンサス・モリス、アイビーの苗、その他購入
いつの間にか4月も後半となりましたので、今シーズンに植える植物などを購入しております。

まずはPistacia lentiscus(ピスタシア・レンティスカス)の苗。エーゲ海はキオス島において、マスチック樹脂を生む樹木として知られる、あのピスタシオ・レンティスカスですが、なんとなくネットで検索していたら苗が販売されておりまして、ちょっと高かったのですが注文しました。マスチック樹脂については下記の動画で詳しく説明しております。
https://youtu.be/fnrN67oDZK4
6本構成の長編動画であり、ひたすらマスチックについて語っておりますが、それでもまだ語り足りません。それにしてもまず手に入らないかな、と思っていた樹種なので、思わず買えてびっくりです。エーゲ海との気候の差に注意したいところですが、基本的には鉢植えにして、梅雨の間は軒下に移すようにしたいと考えております。上手く育ったら新鮮なマスチック樹脂が採れるかもしれませんが、キオス島でなければ質は落ちるのでありましょう。落ちてくれなかったら私としてはむしろ悲しいところです。

それからヨーロッパモミの種。苗は見つからず、種を注文。こちらはストラスブルクテレピンを生む樹種としてしられるヨーロッパモミの種。発芽させられるか、ちょっと自身はないのですが、まぁこのようにして話の種にしつつ、植物について覚えていければ私としてはそれでいいのです。なお、ヴェネツァテレピンを生むヨーロッパカラマツの種は売り切れでした。発芽させらるかがまず難しいところですから、時期を買えつつ2回に分けて慎重に進めたいと思います。なお、樹脂が採れるほど大きくなられても植えるところもないので、飽くまで観賞用に考えております。

次にインド藍の種を売っているお店を見つけたので注文。無数にある藍植物の中で、タデアイとウォードは植えてみたことがあるのですが、というか、今でも自宅に生えてきていますが、もうちょっと視野を広げていきたいところですので、ちょっとずつ植えてみようかなと。いっぺんに買い集めてもいいのですが、個々の印象が薄れてしまうので、数年おきくらいで範囲を広げてチャレンジしてゆきたいかなと。

アカンサス・モリスの苗も購入。これは珍しいものではなくて、どこでも買えますし、園芸の定番ですが、個人的に気になりだしたのは最近であります。コリント式柱頭のデザインでも知られるアカンサスですが、このところずっと頭の中が古代ギリシアなのですが、なんとしても植えてみたかった植物であり、春になるのをずっと待っておりました。リーグルの『美術様式論』を読みつつ、こちらの成長を見守りたいところであります。古代だけではなくて、その後の美術においても影響力のある植物だったといえましょう。装飾美術の植物文様についてそれほど深く考えたことはなかったのですが、今は熱烈に気になっており、その他の植物文様のベースとなった植物も植えてみたいところなのですが、ロータスは池がないし無理ですかな。自宅には植えられないからして、今度ハスの花を目撃したときは、めいっぱい観察して、写真もいっぱい撮っておこう。それにしてもリーグルは19世紀末の本なので、後で比較的新しい本で復習し直さねばならないとは思うけれども、やはり西洋中心というか、ギリシアに向かって話が進んでいくような感じはあるのだけれども、それはそれでいいのかもしれない。エジプトから進み、ロータスから徐々にイオニア式、やがてコリントスに向かっているような感じであり、ちょっとづつ近づいてゆくのが感動的である。装飾というものがこれほど面白かったとは。もっとも、周りには誰も共感してくれそうな人はいないのですが。

アイビーの苗も注文してあります。こちらも植物文様装飾の発生源となっているかと思うのですが、まだちょっと勉強が足りずいまいち説明できませんが、観葉植物としてしばらく鑑賞してみたいと思います。自分の部屋、北側の窓以外はカーテン締め切っているのだけれども、北窓の光でもいけるだろうか。やっぱ外に出して充分増やしてからにするべきか。

| 家庭園芸 | 01:05 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1543

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: