秦剛平(著)『七十人訳ギリシア語聖書入門』読了
私の部屋は数年前からエアコンが壊れておりまして、でも、買い換えてなかったのは、エアコン専用コンセントがないからでして、昔と違って専用コンセント無しでは設置工事してもらえないのですが、古い木造家屋の二階なもので、それがちょっと考えるの面倒であり、たぶんそれだけで数万円飛ぶだろうという憂鬱な予感の為に先延ばしになっておりました。それに、暑いなぁと嘆いたりして過ごすのは意外と好きだったりして、この暑さを感じられるのも生きているからであって、いずれは感じなくなるのだろうと思うと、めいっぱい暑さを嘆いて過ごしたりしてみたくなるわけです。そして冷蔵庫に入れておいたワインが非常に美味いので、もうこれでいいや、というふうに思っていたりしたのです。それと、些細な気温の変化でも嘆き散らして世の中や地球や行政やありとあらゆるものに悪態をついて止まらぬ者もいれば、それはそれで楽しんだり面白がったりして過ごしている人もいまして、どちからと言えば後者のような人と一緒に過ごした方が断然楽しい。というより前者のような人とは極力係わりたくないですが、昨年はそういう人が周りに数名おりまして、というよりちょっと類例を見ないくらいな極端な方もいたりして、嫌な気分で過ごしてしまいました。それはともかくとして、気温が高すぎるケースに関してはやはり冷静な対策はするべきでありすから、エアコンは買い換えておかねばならぬと奮起し、仕事帰りにケーズデンキに立ち寄って、あまり迷わないようにささっと購入してきました。私の部屋は13畳あるのですが、10畳用エアコンを買いました。エアコン専用電源の工事は後日見積もりとなります。工事日程ですが、土日希望ですよねと店員に言われて、いや半プー太郎みたいなものでして、わりと平日も空いていたりするのですと言えばいいものの、なんとなくいいそびれてだいぶ先の日程になってしまいました。しかし、それまでの間は暑さを堪能したいと思います。なお、今回はそれなりの価格で導入することにしましたが、次に買い換えるようなことがあったら、その時はアイリスオーヤマの6畳用エアコン4万円工事費込、みたいなものを買おうかと思います。電気シェーバーも今年は2万円強でパナソニックの5枚刃を買いましたが、次に買うときはコイズミの5枚刃6千円ぐらいでいこうかと。車も現在は1500ccですが、次は1000ccのパッソでいいや的に考えております。

なんの話をしているのかわからなくなってきたけれども、本日は最高気温たぶん34℃くらいで、室温もそんなものでした。これはなかなか暑いわけですが、窓に簾をして風通しよくした状態であれば、そんなに悪くもない。いかにも夏休み的な雰囲気であります。動いたり仕事したりするとしんどくなりますが、じっと動かずに読書しているとなかなか夏を味わってる感があります。そのようなわけで、本日は秦剛平(著)『七十人訳ギリシア語聖書入門』を読了。最近、新約聖書や教父時代についての本を読んでおりまして、というのは度々書いておりましたが、新約著者達や教父時代の文書は基本的にギリシア語で執筆していたわけですが、参照していた旧約聖書は、ヘブライ語版ではなくて、ギリシア語に訳されたものであり、現在巷に流布している聖書の旧約部分とは内容がけっこう異なっているという話でして、当時メジャーであった七十人訳聖書というものについてある程度知っておかねばなるまいな、というふうに思って本書に目を通したのですが、非常に面白かったです。私が勝手にイメージしてた七十人訳はアレクサンドリアの優れた学者達が計画的に行ったものであろうというところですが、実際は全くそのようなものでないようで、翻訳の厳密さもさることながら、流布していたものも正確に筆写されるような時代でもなく、そもそも旧約聖書という文書自体が確定してないような時代でもあるという。でも考えてみれば何もかも当然のことであるとも言えます。私自身は聖書研究をやりたいわけではないのですが、キリスト教美術鑑賞においては見逃せない情報が詰まっておりますので、西洋美術関係者ならば是非とも知っておかねばならぬであろうと言いたいところです。そして私は次はヒエロニムスとラテン語訳の経緯についても何か読んでおかねばならぬであろうと物色しておるところです。

| 絵画材料 | 09:04 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1630

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: