書物誕生『バガヴァッド・ギーター』神に人の苦悩は理解できるのか?読了
赤松明彦著『書物誕生 あたらしい古典入門『バガヴァッド・ギーター』神に人の苦悩は理解できるのか?』読了
ヒンドゥー教系統(バラモン教等)に関する知識が不足している、というよりもそもそもこれまでほとんど何も読んでこなかったのでありますが、仏教に関する書を読みすすめてゆくうちに、やはりバラモン等現在のヒンドゥー教に関する聖典への知識がないと真相がわからなぬことも多いような気がして以前から気になっていたのではありますが、まずはようやく本書に目を通してみたところです。書物誕生シリーズは西洋系統のものは事前の知識がそこそこあって、比較的読み進めやすいのだけれども、東洋思想やインドなどは若干難しいと感じるのは、自分の知識の偏りの為であるのでしょう。本書は読み進めるのにちょっとだけ苦労致しました。実はまずは何はともあれ中央公論世界の名著シリーズの第1巻である「バラモン教典・原始仏典」を読むのが一番良さそうだとは思っているのですが、それは職場の図書室で空き時間にチラ見したりしておりましたが、しかし買って読みたいわけですが、このシリーズちょくちょく買っておりまして、もはや全冊ヤクオクで落札した方が時間的にも金額的にもコスパがよいのではないかと思ってそれで入手をためらっているところです。さらに実は至文堂日本の美術(全500冊前後?)も欲しいと思っておりまして、実際に目を通したいのはその半分以下なのですが、でも1冊1冊買っているというのも相当手間であったりします。だがやはり置く場所も難しく、そしてまとめ買いすると、何故かそれで満足して読まなかったりという現象も起こりえますので、案外1冊ずつちまちま買って読んでを続けるのもよいのかもしれませぬ。

小杉泰著『書物誕生 あたらしい古典入門『クルアーン』語りかけるイスラーム』読了
イスラム教系の文化にも実はけっこう疎いので、こちらも早々にいろいろと読んでおきたいと思っております。ただし、ヒンドゥー系よりはずっと読みやすい、前掲のものよりも、こちらの方がすらすらと流れるように読み終えることができました。やはり元はユダヤ教及びキリスト教と共通するベースから派生しておりますから、それらが理解の助けになっているのかもしれません。というより、問題はインド系の宗教は、様々のモチーフが何かと膨大な数になりがちであり、仏典の数の多さ、時間的空間的膨張など、インフレーション現象が全体像の把握への壁として立ちふさがっているような、原始仏教が見えてきたと思ったら、そこから同時代およびそのずっと以前からの聖典の数の多さが目の前に現れてくるという系統のものと比較すると、もしかしたらイスラームはけっこうすっきりしているかもしれない、という予感はしていますが、いずれにしてもこれから読んでいくところであります。

| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 07:34 PM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/1651

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: