「石の絵具」なる商品を購入。
楽天にて「石の絵具」なる商品を発見。
石の絵具
研磨材、研磨台、定着液、鉱物などのセット。鉱物を研磨材で削ることにより、顔料を作り、それを塗って絵などを描いてみるという商品。
詳細は下記を参照。
http://item.rakuten.co.jp/undigital/18-1652/

手持ちの材料でもできそう気がしないでもないけど、商品企画に敬意を表して(普及版を)買ってみた。
中身はこんな感じっす。
石の絵具
研磨台はごく普通のタイル。定着液は合成アラビアゴム。原石はアズライト、マラカイト、碧玉、サハラ砂漠の砂の4種を同梱。
ちなみに、別売のヘマタイトも注文したのだが、なぜかラピスラズリが入ってましたぞ。面倒なので返品とかしなかったけど。

まずは手始めにマラカイトを。
石の絵具
意外なほど簡単に色が出てくる。以前、乳鉢で顔料にしたことがあったけど、研磨材という手もあったか。まぁ、研磨材が混入するし、大きめの顔料にはならないなど制限はあるけど。
石の絵具
定着液と混ぜたら、さっそく付属の私製ハガキに試し塗り。細かいマラカイトはやはり色が薄い。

砂のサンプルは、下記のようにやるらしい。
石の絵具

次は「碧玉」
石の絵具
碧玉って、あまり知らないのだけれど、酸化鉄赤か。すごい簡単に色が出てきて、しかも濃い。
石の絵具

続いてアズライト。
石の絵具
近縁のマラカイトと違って、とても色が濃い。ちょっと研磨すると、ぶわっと青い色彩が広がる。
石の絵具
実際に塗ってみても、やっぱりマラカイトとは雲泥の差。というか、天然のウルトラマリンよりずっと濃いっすね。

せっかくなので、ラピスラズリも試す。
石の絵具
ラピスラズリは単に粉にしだけではしっかりした青にはならず、複雑な工程により青を取り出す技術が発達したが、これは研磨材で削っただけなので、予想はしていたけど、色はかなり弱い。
石の絵具
写真はまだ濡れているうちに撮影したので、ちょっとショボく見えるが、乾いたものを肉眼で見ると、とても上品な青、ちょっと薄いが重ね塗りすれば、豪華彩色写本の青みたいな感じになりそう。


| 絵画材料 | 02:29 AM | comments (0) | trackback (0) |










http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/551

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: