骨灰(bone ash)を作ってみる。結果は微妙。
先日、羊皮紙を購入したので、さっそくこれに銀尖筆(シルバーポイント)で何か書けるように下準備したいと思い、骨の灰を作ってみることにした。銀尖筆で書くには、銀が削れて筆跡を残せるように微細な凹凸が必要なのだけど、その件に関して、チェンニーニの書には骨の灰を使う記述がある。銀尖筆用のジェッソのような製品も売ってることだし、骨灰もやはり売っているのだけれど、骨を焼くだけで作られるなら、試しにやってみたいところである。

まずは骨付き鶏肉を購入。チェンニーニ(岩波書店)には「・・・雌鶏か,あるいは去勢した雄鶏の腿や手羽の骨を用意する.鶏は,年をとったものであればあるほどよい.食卓の下にそれを見つけたら,見付け次第,火にくべ給え・・・」とあるけど、若鶏の手羽元買ってしまいました。そもそも老鶏ってのが売ってるかどうかは知らんけど。ところで、「食卓の下に」っていうのは、当時の職人、あるいは一般的な食卓では、鶏肉を食べたら骨を床にポイ捨てしていたということだろうか。まぁ、そんなものか。

骨炭作った際は、水炊きにしたけれども、鶏の臭いに参ったので、今回はカレーにしてみる。
骨灰

食後に残った骨を乾燥させたのち、コンロの上で炙ってみた。
骨灰
ずいぶんよく燃える。脂が燃えているような感じである。
Wikipediaの「骨灰」項には、「・・・動物の骨からにかわ・脂質を除いたあと、高温で焼くことによって作られる、白い粉末状の灰・・・」とあるように、本来、膠やら脂質を除いた方がいいのかもしれない。お湯で茹でたりすれば、除ける? 「(骨を)見付けたらすぐさま火にくべ給え」のチェンニーニにその工程はないけど、年をとったものであるほとよいというのは、脂の量が違うとかそういう意味だったりするのだろうか。

短時間で真っ黒い炭になった。ここで止めて砕けば、ボーンブラックか。
骨灰

さらに焼き続けると、白っぽくなってきたが、ここから先はかなりの時間焼いてもなかなか白くなってくれない。
骨灰

骨が崩れてきたので、フライパンに移し、加熱を続ける。
骨灰

しかし、フライパン上ではさっぱり焼成が進まず、めぼしい変化がないので、ガスバーナーで炙ってみる。
骨灰

乳棒で細かくしてみたが、まだ黒い。
骨灰

バーナーでじっくり炙ると、徐々に白く。。。
骨灰

でも、白ではない。
骨灰
チェンニーニ曰く「・・・灰よりもずっと白くなったら・・・」というけど、簡単に考えていたが、けっこう大変なものである。

ひとまず色は諦め、乳鉢でさらに細かく粉砕。
骨灰

スクリーン版画用のメッシュ(200)を通して粗いものを取り除く。
骨灰

↓こんな感じで一応、完成?でしょうか。
骨灰

”bone ash”をネットで検索して出てくる画像は真っ白なんだけど、今回作ったのはちょっと灰色である。それでも、機能上とくに問題がないのであれば、真っ白よりはむしろこちらの方が好みではある。。

↓こちらの画像とは全然違う。
http://www.marui-grp.co.jp/kagakukan/009/melma.html
しかし、よく読むと、豚や鳥より牛の骨がより白くなるとも書かれているので、その辺も関係あるのかしら。

Natural PigmentsのBone Ashには、膠を取り除いた骨を1100℃で焼成、325メッシュで濾過等々書かれている。
もっと思い切って焼かないといけないとしたら、陶芸用の窯で、本焼き(1200℃)の際に、素材(骨)を入れておくというのもいいかもしれない。

| 絵画材料 | 12:48 AM | comments (1) | trackback (0) |

植物由来のリン酸カルシウムで試されてはいかがですか?
もしくは、高濃度の天然リン酸で。
サンプルは無償で送ります。
| 正田 修 | EMAIL | URL | 2017/07/29 06:53 AM | jqEV5Bqg |











http://www.cad-red.com/blog/jpn/tb.php/881

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: