桜井俊彰(著)『イングランド王国前史 アングロサクソン七王国物語』
桜井俊彰(著)『イングランド王国前史 アングロサクソン七王国物語』2010/10

アルフレッド大王についての本はそこそこ見かけるものの、その前の七王国時代をメインにした本は少ないと思います。これはたいへん読みやすく書かれており、一般向けの書であることをしっかり意識して構成されているので、とにかくわかりやすかったです。取り扱う時代が非常に古いため、美術とはさほど関係なさそうに思われるかもしれませんが、初期中世美術の重要な品であるケルズの書や、リンディスファーンの福音書などが作られた時代のブリテン諸島の様相を窺い知ることができるという点では、大いに関係あるかと思います。これを読んだうえで、改めてリンディスファーンの福音書について見たり読んだりすると、すげぁなぁと感じます。

ついでと言ったら失礼ですが、思わず以下の2冊も立て続けに読んでしまいました。
・アッサー著『アルフレッド大王伝』(中公文庫)
・高橋博(著)『アルフレッド大王 英国知識人の原像』(朝日選書)
いずれもとても面白かったです。順番としては、最も親切に書かれている『イングランド王国前史 アングロサクソン七王国物語』から先に読むことをお薦めします。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:26 PM | comments (2) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: