オリーブの搾油を試みる。
随分前から自宅にオリーブを植えているのですが、そもそもの理由はオイルを絞りたかったから、という理由でありました。絵画材料の中でもメディウムに関心の高いわたくしは、一時期、さまざまの材料からの搾油を試みたことがありましたが、ふつうは植物油というのは種子を圧搾して得るものなのですが、オリーブの場合は果実から油が採れるのです。それは試してみたい。オリーブは非乾性油なので油彩画の媒材にはならないのですが、それでもまぁ、これは試しておかねばならないような気がして。と言っても、なかなかオリーブの新鮮な実を買えるという機会はなさそうだったので、苗から育ててみたのです。しかも結実するように、品種の違うものを2本。

それから何年経ったか、わからなくなってしまいましたが、そろそろ奮起せねばと思って、農文協の「オリーブの絵本」やら、ネットの情報を参照しつつ、搾油を試みてみました。なお、オリーブの搾油の件に関しては「オリーブの絵本」は実際にやってみると、内容に不明瞭な点があって、搾油に関しては他の資料をあたった方がよろしいでしょう。

というわけで、こんな感じで黒く熟した実がついております。
オリーブの搾油

集めてみたところです。
オリーブの搾油
そんなに多くありません。果たしてこんな量で油が得られるのか。なお、若干、青い実も混ざっていますが、あとからわかりましたが、なお、青い実は堅くて潰すのが難しいと感じましたので、黒く柔らかくなった、あるいは手でそっとひっぱるともげるくらいの実を採取するのがよいと思います。

厚めのビニールのパックに入れて、手で揉んだり潰したりしていきます。
オリーブの搾油

1時間もかけてようやくこのくらいになりました。オリーブの濃厚な香りがします。
オリーブの搾油

二重のガーゼで包んで絞ります。
オリーブの搾油

さあ、出てきた液体ですが、分離して、油は上層にきます。
オリーブの搾油

日の当たる場所で、分離を待っていましたが、以下のようになりました。
オリーブの搾油
おそらく下層は水溶性の成分、上層は油、中間はなにかわかりませんが、何かの粘性物質でありましょうか。これは低温圧搾亜麻仁油を精製するときのと似てて関連性が気になるところです。

写真のようにごく少量しか油は得られなかったのですが、味見してみましたが、意外と苦くなかったです。まろやかな感じでありました。少量過ぎて風味まではコメントできないのですが。いずれにしても、古代ギリシアでオリーブオイルは重要な輸出品であり、そのための壺も人気の工芸品であり、という話ですが、種からよりはずっと絞りやすいとは言えるものの、やはりプリミティブな環境で植物油を得るにはそれなりの労力が必要であるなぁと感じました。

| 絵画材料 | 06:15 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」制作記 2(完成)
最近は、今日働いたらその分の収入で、日々の生活費を差し引いた上で、フジミの建築シリーズの何か1個と塗料くらいは買えるなぁ、と考えながら生きております。まぁ実際には模型以外に欲しいものもたくさんあるので、毎日買える訳ではありませんが、週に3~4個の頻度で買っているので、押し入れに模型の箱が積まれていっております。とにかくこれは凄く勉強になるのです。何か日本美術の講義を受講するよりも、はるかに勉強になり、そして記憶に刻み込まれる感じがするのです。屋根部分が瓦だったりするとだいたいどんな色を塗ったらいいか想定できますが、檜皮葺の屋根だとどんな色がふさわしいのだろうかと考えて、そして檜皮葺の屋根の質感はどんなものかとどこか手近にある実例を見に行きたくなったりして、きっとそういう体験がいいのだろうと思います。そもそもかなり有名な建築物でも、その屋根が瓦なのか、檜皮葺なのか、板葺きなのか、そういうのを意識して見ていたり、ましてや覚えていたりはしないものですが、今は図録で見るときも、そのようなところが気になって見てしまうわけです。

というわけで、法隆寺金堂の続きですが、朱壁と漆喰の配色は、今回はこのような感じであります。
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」
現在のと比べると、法隆寺感は感じられないかもしれません。難しいところです。

建築模型ではピンセットが重要であることに気がつき、高いのとか安いのとか買ってみたのですが、ミネシマF-110B先曲ピンセットというのが、組み物の接着に大変都合がよくて、すっかり気に入りました。安かったです。
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」

着々と組み上げてゆきます。
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」

竜の柱を接着しましたが、これから上層を接着するわけですが、尾垂木にちょうど接するようになる、というはなかなか難易度が高いと言えるでしょう。
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」

完成図
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」
各所に隙間があったり、竜の柱が組み物に接していないなどの問題が見受けられますが、私が悪いわけではないんですけど、うまく加工するのが模型制作の醍醐味とは言えるわけですが、私の目的としてはここに長く留まってはいられないので次の模型に移行せねばなりません。しかし、フジミ模型の建築シリーズにおいて、何か手を加えるとしたら、瓦屋根に瓦が重なっているというモールドがないという点と、軒先の軒丸瓦のようなモールドが一切ない、という二つをどうにかするのが最初の課題ではなかろうかと思われます。軒丸瓦は何か丸いパーツを付けてゆけば改善されそうな気もしますが。それにしても、フジミ模型の法隆寺五重塔を是非ともこの隣に置きたいのであるけれども、現在販売終了となっており、再販されるのか、されないのか、されるとしたらいつのことなのか気になるところです。

| 史跡・古墳・名所等 | 11:02 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型「1/150 法隆寺金堂」制作記 1(塗装)
フジミ模型 1/150 法隆寺金堂を組んでみることにしました。
法隆寺金堂

最近、歴史的建築物のプラモデル作りをしておるところですが、あまり懲りすぎると先に進まないという自分の性格を考慮して、できるだけ効率のよい制作手順を探っているところでありまして、今現在の手順を紹介していきたいと思います。まずは塗装に関してですが、特に大きなパーツ以外は基本的にランナーに付いた状態のまま、スプレーで塗装しています。ただし、ちょっと前処理をしておかねばなりません。まずはゲートカットしたところにも塗料が塗られるように、可能な範囲でゲートをカットしておきます。このとき、組み立て時に接着面になるところゲートは残しておきます(塗料が塗られてない方が接着しやすいので)。同時にバリも事前にカッター等で刮いでおきます。写真では緑の丸で囲った部分を処理しておくわけです。
法隆寺金堂
フジミ模型の建物シリーズは、金型の古くなっているキットが多いのか、バリがけっこう凄かったりしますが、再販してくれるだけでもありがたいということで、バリに苦言を言ってはならんと考えております。まあ、組み立て時に処理していないバリを発見したときは、組み立てに支障がない場合は無視して進めるという心の切替も大事かと思います。

前処理が終わったら塗装ですが、缶スプレーばかり使っております。
缶スプレー
今のところ、仏教建築と神社くらいしか買ってないので、色の範囲は限られております。朱壁の赤をどのような色合いにしたらいいかが、けっこう悩ましいところなので、オレンジから赤、茶などが何種類も買ってあります。

だいたい全部塗ったところです。塗装はベランダでやってます。
法隆寺金堂
色は創建当時風に塗ろうとか、劣化色にしようとか、その中間くらいにしておこうとか、いろいろ考えるわけですが、それについて調べたりするのが、私にとっては重要なことで、美術の勉強を兼ねておるわけなのですが、そういう堅苦しいことはともかくとして、元々の成形色にプラスαくらいの色で塗っておくと、ゲートカット跡などの処理で困ることが少ないとは言えるでしょう。

今回は金堂の一番下層の屋根、これは裳階なのですが、板葺きの簡易な屋根であるようなので、上部の瓦屋根との差を付けて塗装しました。
法隆寺金堂
屋根の材質やら、形やら、確認したいと思って、解説や写真をけっこうたくさん見たので、これだけじっくり鑑賞したことはないというくらい法隆寺の写真みまくったので、そこそこ満足であります。

軒の補強の為に後の時代に追加されたという金色の昇り竜、下り竜は、キットではしっかりと金メッキされておりましたが、鮮やか過ぎてまぶしかったので、シルバーのスプレーで黄金色を少し緩和しつつ、ダークグレーを吹いて経年的な感じを試みました。
法隆寺金堂

あと、写真には撮ってませんでしたが、基壇はタミヤの情景テクスチャーペイント「路面 ライトグレイ」を塗って石の質感を出しているのですが、これは水性塗料なので、乾燥後にかなり薄くなるので、けっこう思い切って塗らないとそれっぽくなりません。モールドが消えてしまうの気にして、手加減して塗るとほとんど効果がないという感じになります。なんと、筆を使ったのはここだけです。塗装が終わったので、次は組み立てです。

| 史跡・古墳・名所等 | 09:53 PM | comments (0) | trackback (0) |
フジミ模型「薬師寺東塔1/100」制作記 2(完成)
フジミ模型 1/100 薬師寺東塔 完成
薬師寺東塔(フジミ模型)
完成しました。そんなには時間はかかってないと思います。が、軽くでも色を塗っておくと、プラスチック感がなくなって、少なくとも嫌味な感じは無くなりました。

創建時は木材部分は鮮やかな朱で塗られてあったと思われますが、そこまでいかずとも成形色よりは赤くした方がいいかな、と思って塗ってみたものの、改めて見ると、風化しても朱壁がこのような色にはならないだろうな、という感じであります。
薬師寺東塔(フジミ模型)
あるいは現状の薬師寺において、この色だとむしろ西塔に見えてしまいそうです(東塔も修復時に朱に塗るかと思っていたのですが)。

同じ1/100スケールの興福寺五重塔と比較するとこのようになります。
薬師寺東塔(フジミ模型)
薬師寺東塔は、形状としてはぱっと見、六重塔に見えますが(あるいは第一印象は五重塔かなと思うかもしれません。)、6つの屋根のうち3つは裳階なので、三重塔となっています。ちなみに組物のパーツは五重塔に比べて半分ぐらいでした。

プラモデルとは言え、作ってみるといろいろな細部に関心が出たりなどして、とても勉強になります。図書室によくある日本美術全集「原色日本の美術」シリーズを読むがたいへん楽しくなりました。そして形状だけでなく歴史的背景にも別格の関心が沸いてくるもので、日本史系の本を読むのも面白くなるほか、仏教経典も然りです。

やらねばならぬこともたくさんあるのですが、しかしもうちょっと作りたいと思っておりまして、手持ちのツールを強化しております。
ミネシマ F-110B 先曲ピンセットというのを買ったのですが、手頃な価格にして良いものでした。ピンセット本体の長さ、先の曲がり具合、左右の湾曲具合など、仏塔の組み物を取り付けるのに最適なピンセットと言えるでしょう。
それとツノダのミニカット No.8 MC-125という千円未満の安いニッパーを使ってゲートカットしているのですが、これは安いにもかかわらず、バネがしかっり効いて使いやすく、以外と切れ味も良いのですが、ゲートカットした跡がかなり白くなってしまって、何らかの処理をしないと目立ってしまうという問題がありまして、その処理をする手間を減らしたいと考え、定番品とも言えるタミヤの薄刃ニッパーを購入してみました。切れ味に関してはツノダと変わらないように感じましたが、ゲートカット跡は白さがだいぶ軽減されております。ときにははっきりと白く残ることもありますが、相対的にはだいぶ少なくなりました。そして切れ味の方なのですが、期待したほどでもなかったなと思ってはいたのですが、しばらく使ってから他のニッパーに替えてみたら、すっごい切れにくい気がしたので、やはり切れ味は良かったのでありましょう。
塗料に関しては、缶スプレーばかり買い集めているのですが、クレオスで統一しようか、タミヤで統一しようか、迷うところで、今は両方試しているところです。直感では皮膜はクレオスの方が丈夫そうですが、吹いたときの塗料のコントロールのしやすさはタミヤの方が良さそうな。接着剤は、なんだかんだで普通のタミヤセメントを使っていますが、一応流し込みタイプのタミヤセメントも買っておきました。

しかし新しいことをしてみると、精神衛生上とても良いということを実感しました。とりあえず今日働けば、その分で仏塔と塗料が買えるなぁとか考えて過ごしております。

| 史跡・古墳・名所等 | 08:37 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑ <<新しい記事 : 
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: