FLORA 220FX NP3

HITACHIのB5サイズ・ノートパソコンFLORA 220FX NP3(型番PC7NP3-GAC47K120)を購入。例によってヤフオク。送料含めて約1万7千円也。現在の我がフラッグシップ・ノートパソコンHITACHIのFLORA 270GXがあまりにも重すぎるので(2.9kg)、その交代機として導入。B5サイズで重量約1.85kgとだいぶコンパクトになった。

前回東京へ出かけるときにショルダーバッグにEOS Kiss Degital Nを忍ばせて出歩いたわけであるが、これが非常に軽くて、一日中持ち歩いていても全く苦痛を感じなかった。そんなこともあって、最近、大きくて重いものを、小さくて軽いものに替えていきたいという思いが非常に強くなり、身の回りの様々な機器を軽量化・小型化する計画を発動したいと思うに至ったわけで、もうこうなったら、ありとあらゆるものを軽量化していきたいというか、とりあえず手始めはパソコンである。先の年末にメインPCがミドルタワー級からマイクロタワークラスに変更し、マザーボードもMicroATX仕様になって微妙に小型したのだが、他のサブマシン達も小型化を推進していきたい。今回はノートパソコンであるが、ぱっと見た感じで以下のように小型軽量化されたわけである。


左が270GX(13.3型TFT/C550/128MB/6GB/FDD/CDD)、右が今回入手した220FX NP3。12.1型TFT/P3-500/128MB/6GB/CDD内蔵、基本性能がほぼ変わらず、というかちょっとアップして2.9kgから1.8kg。最近の1kg前後の超軽量PCと比べるとやや重たいが、CDD内蔵なんでこんなもんだろう。型番のPC7NP3-GAC47K120っていうのは公式サイトのカタログにも載ってないんだが、法人向けカスタマイズ品だろうか。さっそく使ってみたが、ハードディスクが砂が入り込んだんじゃないかと思うようなジャリジャリした音がして騒々しい以外は、けっこういい感じである。ちなみに、1.85kgというのはLサイズバッテリーを装着しているときの重さで、今回買ったものはバッテリーが消耗しきっているため、基本的に装着せずに使う予定だから、実質1.6kgぐらいである。素晴らしい。ちなみに、私のノートパソコンの主な使用目的は出先で写真撮影したときにちゃんと撮れているかという確認と、念のため写真をHDDにバックアップしておくという任務なわけだが、仕事として写真撮る非常にものすごく重要な役割を果たすわけである。バッテリーないから現場のロケじゃ使えなさそうな気もするが、田舎は車社会なので車から電源がとれるというわけである。

ビデオチップの問題

HDDの音とかは個体差の問題なのだと思うが、220FXシリーズ共通の問題としては、表示能力やや難有りである。ビデオチップが貧弱であるためか、XGA(1024x768)表示の際に、High Color(16ビット 65536色)までしか選択できない。SVGA(800x600)では32ビットのTrue Colorが可能なのに。12インチの液晶ごときではHigh ColorもTrue Colorも変わらんだろうと思いつつも、試しにいくつか写真を表示させてみると、16ビットカラーでは繊細なグラデーションの画像は段差が出来てしまう。パネルはさほど悪くないのにチップをケチってその性能が引き出せていないということだろうか。ビデオチップはTrident 9525DVDなのだが10.4インチ(SVGA)液晶モデルに合わせて設計したのか、カタログにも見事にXGAで65536色、SVGAで25万色とあるが、これは腑に落ちん。800×600で表示した方が綺麗というのが納得がいかない。なお、同じ220FXでも後継の220FX NP2(2001年発表)あたりはATI社のビデオチップ(VRAM8MB)が積まれて、外部ディスプレイに繋いでSXGA表示で余裕の色数を誇る。220FXを中古で買うならNP2がお薦めであるが、やっぱ落札価格は1万円以上高めである。事務目的ならNP3 or 7あたりでいいだろうけど。googleで検索してみるとやはりこの点に不満が噴出していたが、日立に限らずTrident 9525DVDを載せたPCではよくあることらしい。google先生に聞いたところでは、実はVRAMが2.5MBなので、本来はXGAで24bitのTure Colorを表示できるはずであり、ちょっとした小技を使うことで24bitカラーに出来てしまうということだった。その小技というのは、メーカーサイトから入手した表示用ドライバーのTRID56.INFというファイルをメモ帳で開き、HKR,, ModeFlag_1024x768x24, %REG_SZ%, 0というところの0の値を1に変えてビデオアダプタのインストールをするというものだったが、自分の環境ではこれをやってもうまくいかなかった。ちなみにWindows2000です。それで直接レジストリの方も変更することにして、ModeFlag_1024x768x24という値を検索し、データを0から1に変えてみた。ちなみにModeFlag_1024x768x24は1個だけでなく、4~5個くらいあったから、検索して出てきたものを片っ端から変更していった。すまんけど、場所はいちいち覚えてないけど、とりあえず検索して出てきたのを全部変更してしまった。いいか悪いかは知らんけど、そしたらついに画面のプロパティに24bitという選択肢が出るようになったわけである。いかなものだろうと先ほど段差になってしまった画像を表示してみると、非常になめらかで美しい。こんな解決法があったとは。しかし難点もある。画面表示に関する動作が微妙に遅い。いや、かなり遅い。Webページをスクロールさせると画面が波打って気持ち悪い。静止画像を見ている分には妥協できるが、動画だと明らかに遅い。コマ落ちどころか、全体的に怪しげなモヤモヤ映像になる。この点がエロ動画を見る人には非常に重大な問題と言われている。12インチでエロ動画はそもそもどうかと思うが、この点がメーカーが24bitを隠している理由なのだろうか。印象としては表示に関する部分だけ遅くて、パソコンそのものの動作はあんまり変わってない気もするけど。いずれにせよ、撮影した写真のクォリティチェックという面では、その時だけ24bitモードにすれば良いわけで、なんとか妥協できそうな感じではある。


しかし、総合的に見て、A4サイズのノートPCより断然使いやすい。使いやすいというか、使っていて楽しい。実に丁度よい大きさなのだ。携帯時だけでなく、自宅で使ってもこの大きさが個人的にベストっぽい。CDD付きなのでゲームも気軽にできる。枕元PCに最適だ。実は古本など注文しまくっているPCは寝床の枕元に置いてあるPCなのだが、そういう作業にぴったりでござる。やはりビデオ関連が強化されたものをもう一台買いたくなってしまいそうである。





| 家電・パソコン | 02:59 PM | comments (0) | trackback (0) |
山岸涼子『ツタンカーメン』潮漫画文庫全3巻を読む。
ハワード・カーターを主役に、ツタンカーメン王墓の発掘を描いた漫画作品。漫画向けのファンタジックな脚色も付加されているが、実在した人物達が活躍し、ツタンカーメン以外の発掘にまつわるエピソードなども折々に挿入されていて、エジプト発掘の入門書としても良さそうな気が。ツタンカーメン自身の生涯を描いた里中満智子(著)『アトンの娘』全3巻と合わせてお薦めしたいところである。ちなみに、漫画と史実との差が気になるところだが、初心者向けの本では吉村作治(著)『ツタンカーメンの謎』あたりがわかりやすいかと。いや、もっといい本があるかもしれないが、今までエジプトものはそれほど興味を持っておらず、むしろメソポタミア系の方に関心の比重が偏っていたが、これからはエジプト本もいっぱい読まねばと思った。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ::マンガ・アニメ | 09:06 PM | comments (0) | trackback (0) |
神保町に行ってみたが、
東京に出てきたついでに神保町に行ってみたが、何も買わずに立ち去った。昔はワゴンセールの本を山ほど買って、ダンボールにつめて実家に送ったものだったが、今はそのような気力はすっかり失われてしまったことに気が付いた。なんというか、もう100円の本は仙台泉中央店と仙台泉古内店と仙台駅西口店と古川バイパス店をまわるだけでいいやと最近思う。むろんBOOK OFFと神保町のワゴンセールでは微妙に方向性が異なるから、必ずしも同じようにはいかないし、BOOKOFFはいつ行っても何処に行っても同じような品ばっかりであまり面白くはないが、ともかく今は重い荷物を運びたくない、という気持ちの方が強い。田舎に住んでいるせいで体力が弱まったのかもしれない。本を買いにゆくのに車を使うのだから当然である。東京なら電車を使うにしてもかなり駅の構内などかなり長い距離を歩かねばならぬし、神保町は体力勝負である。田舎はBOOKOFFからBOOKOFFへと車で移動するだけだから極めて不健康である。というわけで、私は普段から銀行や郵便局に用事があるときは歩いて行くようにするのだが、田舎は車社会なので、歩いているというだけで不審者扱いされる危険がある。距離にして1kmもない銀行まで歩いていくだけで驚かれるのだ。少なくとも犬を連れて歩いていないと不審者である。なお、運転免許や自家用車を持っていない外国人労働者は普段から徒歩か自転車を利用しているから、今ではパっと見て外国人の方が多い。しかし、今は古書のことに話を戻そう。実は地元の古書店のことをほとんど知らないのだ。古書店だけでなく、宮城県についてはしらないことだらけなのだが。大学は京都で、社会人の初めは東京で過ごしたが、宮城に帰って一人で仕事をしていると、同僚がいるでもなし、クラスメイトがいるでもなしで、人づてに情報を得るということがほとんどないわけで、あまり自分の役に立つ話に触れることはない。BOOKOFFの場合は店舗情報がホームページに記載されていたのですぐに周辺の全店を巡回したが、やはり店舗を探すとなると、宮城県ではまだWebよりタウンページの方が強い。田舎では他人などあてにせずに、タウンページを最大の友として生きていこう。


| その他 | 10:35 PM | comments (0) | trackback (0) |
EOS Kiss Degital Nを購入。
CANONの一眼レフデジカメ入門機EOS Kiss Degital N(以下KDNと略す)を購入。中級機の30Dとどっちにしようか最後まで迷い、CANONマウントのレンズだけ買って、それからもしばらく考え続けたが、きりがないのでとりあえずKDNを買ってみることにした。両者を比較すると、KDNは実売価格で7万強、30Dは13万強ぐらいで、値段は約倍の開きがあった。撮れる写真の画質はほぼ同等だが、ファインダーや液晶画面、操作ダイヤルなど機械部分は30Dの方が良い。KDNは操作性が犠牲になっているが代わりに本体が非常に小さく軽くて、登場したときは世界最軽量デジタル一眼レフという話だった。小さいとカメラを構え難いという意見もあるが、カメラを持ち歩いて一日歩き回る姿を想像したら、やっぱり軽いに越したことはない。他にビデオカメラなかも同時に持ち歩くかもしれないと考えると尚更である。というか、自分の持ち物を全てにおいて軽量化していきたいと考えているところである。この前買った携帯電話N901iSも重かった。欲張らずに70xシリーズにしておけば良かった。思い返せば重い荷物を運ぶ人生だったのだ。展覧会では絵は100号以上では話にならないので、昔は無駄に大きな絵を運び続けたものである。さらにそれより昔、剣道部に在籍していた頃は防具が重かった。むろん本物の鎧甲冑は練習用の防具なんかよりずっと重いわけだし真剣も竹刀より重いし、食料や補給物資のことも考えると戦争は重い荷物を運ぶことに他ならないとも言える。そうか、運べない戦車は役に立たないから、優秀な90式戦車があるにもかかわらず、10t軽量化した新型戦車が必要になったりするわけか! 10t軽量化して40tクラスになれば74式と同等、しかし、74式が通っただけでもアスファルトの道路にキャタピラの跡が残ってガタガタ道になる。やはり勝負に出るには道路を傷めるぐらいの荷物は運ばねばならぬのだ。これは戦争だけでなく、人生についても同じことが言えるのではなかろうか。人生の勝負もまた重い荷物を運ぶことなのだ。それなのに私は戦いを放棄して、軽い方に飛びついてしまった。もはや人生の負け犬ではあるまいか。
と、そんなことは置いておいて、先日買っておいたタムロンのレンズAF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II を装着し、いつものコンパクトデジカメで記念撮影。なかなかカッコいいではないか。本体が小さいので、凄いレンズが付いているように見える。先日、ヨドバシカメラに寄ったら、これと同じ構成のセット品が展示されてて、やはり私の選択に間違いはなかったと自信を深めた次第であるが、レンズキットを買うよりは、こちらの組み合わせの方がお薦めと言える。AF18-200mmとなっているが、35mmフィルムに換算すると28-300mmとなる。 とりあず、標準から普通の望遠はこのレンズでカバーできるので、あとは広角レンズとマクロレンズを揃えたいところである。というわけで結局荷物は重くなるのだ。
とりあえず、ズームで試し撮りをしてみた。



| 家電・パソコン | 10:20 PM | comments (0) | trackback (x) |
DVD『Su-27 ロシアの最強戦闘機』を観る。
西側陣営の主力戦闘機F-15イーグルのライバルとも言えるSu-27シリーズ。F-15とSu-27が実戦でどちらが強いか、それは議論の分かれるところだが、ビデオの出来映えは、この前観た『F-15 世界最強のファイター』よりこっちの方が断然良い。一見の価値はあると思う。スホーイの歴史から始まって、Su-27開発の経緯や性能などを豊富な映像を交えて紹介している。航空ショーでの曲芸飛行では、有名な「コブラ」という技が何度も出てくるが、確かにこれを観ると1対1でのドッグファイトで強そうな感じもする。特に360度くるりと回ってしまうやつ(クルビット)はスゴイ。もはや重力など関係なく自由自在に機体を操っているような錯覚すらおきる。実戦でアレやったらスキだらけな気がするが、しかしそれだけ機動性が高いというアピールなのだろう。Su-27は1989年のパリ航空ショーで西側に姿を現し、曲芸コブラを披露して飛行能力をアピール、イーグルに匹敵する戦闘機かと話題になったが、1989年発売のキャンペーン版大戦略IIには早くも登場している(無印大戦略IIにはまだ居なかった)。攻略本にもドックファイトでの強さが強調されているのか、対空攻撃値はイーグルより高い。


| 書籍・雑誌・漫画・アニメ | 12:19 PM | comments (0) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: