ルリ釉、鉄砂釉、木灰、長石
不要となったらしいものを引き取った釉薬。

●ルリ釉
ルリ釉
ルリ釉は名前からウルトラマリンかと思ってしまうが、コバルトらしい。
ルリ釉
釉薬なので、長石や灰などが多く含まれており、灰色っぽく見える。
ルリ釉
釉薬として使用すると↑こんな感じに。

●鉄砂釉
鉄砂釉
酸化鉄赤?
鉄砂釉

●長石
長石
これは密かに続けている自製ガラス作りに使えるかもしれない。

●木灰
木灰
灰汁を作ったり、ガラス作りの実験に使ったりできそうである。
木灰

| 絵画材料 | 11:57 PM | comments (2) | trackback (0) |
ベランダのぼろウッドデッキをニス塗り
ウッドデッキは毎年ニスを塗らないと意外と簡単に腐ってしまうので、一応、毎年恒例というわけなのだが、いずれにしてもあちこちボロボロである。
ウッドデッキニス塗り

ニスは、余り物を適当にブレンド。
ウッドデッキニス塗り
油性ニスは夏に塗った方が良さそうであるが、暑い日に外で塗るのはやっぱり嫌である。

100均にて購入した、315円の10cm幅の刷毛。
ウッドデッキニス塗り

↓塗装後。
ウッドデッキニス塗り
丁寧に塗ってもしょうがないような状態なので、適当にパパッと終わらせた。
現在、わたくしの実験上みたいなところとなっているので、できるだけ長持ちするといいですな。

| 日曜大工 | 10:11 PM | comments (0) | trackback (0) |
安い額縁をたくさん買ったりしている件。
最近、心を入れ替えて比較的熱心に制作しているのだけれども、油絵具の厚塗りによるインパストを多用するようなり、制作の途中でけっこう乾燥期間を必要としたりする。

が、自分の生活スタイル上の何らかのよく分からない理由により、標準的市民よりもホコリを大量発生させている模様であり、乾燥期間中の絵にとにかくすごくホコリ着くのである。その為、安い額縁を買って、それに入れて部屋に置くなどしている。額縁に入れると、空気の通りが悪い分、多少乾燥が遅くなるかもしれなけど、光は遮断しないから多少はマシかってことで。


乾燥期間の長さもあって、かなりの枚数を同時進行で進めているから、気が付いたらけっこうな数の額縁を買っているんだけど、安い額縁って、見てるだけでイラっとする雰囲気が漂ってて困る。しかし、いろいろ買っているうちに↓のものが安い割にはそんなに見栄えが悪くないということに気付き、だいたいこちらに落ち着きつつある。
http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s156671844
内枠の麻マットがないところもポイントが高い(似たようなのはどこでも売ってるけど、たいてい麻マットが付いちゃってるんで)。



| 絵画材料 | 11:57 PM | comments (1) | trackback (0) |
HDD→USB変換ケーブルと3.5インチベイカードリーダ購入。
SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ グリーンハウス GH-USHD-IDESA
http://www.green-house.co.jp/products/storage/adapter/ushd-idesa/index.html
GH-USHD-IDESA
故障などしたPCからのデータ吸出しに、これまではHDDケースを使用していたが、考えてみると一時的な使用にケースまで付いているのは邪魔なので、ケーブルだけのやつでいいかな、と。SATA、IDEの両方に対応しているというだけでなく、ノート用の2.5インチHDDの差し込み口まであるという点が、1本有ればもう他のやついらんわ、という感じである。
GH-USHD-IDESA

内蔵型カードリーダー リンクスインターナショナル SFD-321F/T61UJR-3BEZELも購入。
http://www.links.co.jp/items/links-original/sfd321ft61ujr3bezel.html
SFD-321F/T61UJR-3BEZEL
ImationのFDドライブ搭載カードリーダーを使用していたが、とくかに動作が不安定だったので、買い換え。
デジカメとか数種に携帯のメモリカードとか合わせると、けっこういろんなカードを抜き挿しすることが多いのだが、カードリーダーがうまく動作していると、こんなに快適なのかとちょっと感動。なんと、MicroSDカードもアダプタ無しで対応してたりする。

| 家電・パソコン | 11:03 PM | comments (0) | trackback (0) |
体質顔料を含んだ描画用メディウムを作ったり
描画用メディウムはたいてい自調合しているのだけれど、最近は、色調を柔らかくしたり、インパスト用などにチョーク等の体質顔料を入れたりなどしている。
体質顔料入りメディウム
ほとんど同じような材料でも、顔料が下に沈んでしまうときと、そうでない場合があって、その違いがさっぱりわからん。ちなみに、顔料は少し入れただけでも、メディウムが不透明になるので、いっぱい入ったような気になるが、下に沈んでいる状態で改めて見ると、少ししか入ってなかったんだなと思ったりする。いや、一応計量して入れてますけどね。

インパスト用には、Natural Pigmentsで、↓のようなものも買ってみた。
体質顔料入りメディウム

中はこんな感じ。
体質顔料入りメディウム
絵具っぽい感じなので、うっかり混ぜすぎてしまうが、適量加えるように気を付けて使った方がいいような感じがした。というか、どうもちょっと求めるものと違う気がして、あまり使ってない。

こちらはクサカベの、その名も「油絵具体質」なるチューブ。
体質顔料入りメディウム
ただし、媒材がポピーオイルなので、インパストには使えないが。

| 絵画材料 | 11:16 PM | comments (1) | trackback (0) |

↑上に戻る↑  : 古い記事>>
累計
本日、昨日 集計結果
  
■NEW ENTRIES■
■RECENT COMMENTS■
■RECENT TRACKBACK■
  • 昔のキャンバスの木枠は意外とシンプルだったのか?
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■PROFILE■
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■
■LOGIN■
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASSWORD: